るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
21件ヒット [1-21件を表示] (0.029秒)

別のキーワード

  1. kernel $$
  2. _builtin $$
  3. $$ kernel
  4. $$ _builtin
  5. pid kernel$$

種類

モジュール

検索結果

Kernel$$$ -> Integer (18103.0)

現在実行中の Ruby プロセスのプロセス ID です。 Process.#pid と同じです。

現在実行中の Ruby プロセスのプロセス ID です。
Process.#pid と同じです。

この変数はグローバルスコープです。

Signal.#trap(signal) { ... } -> String | Proc | nil (8.0)

指定された割り込み signal に対するハンドラとして command を登録します。 指定したシグナルが捕捉された時には例外が発生せず、代わりに command が実行されます。 ブロックを指定した場合にはブロックをハンドラとして登録します。

...生させます。このようなシグナルは例外処理によっ
て捕捉することもできます。

例:

begin
Process.kill :QUIT, $$ # 自身にSIGQUITを送信
rescue SignalException
puts "rescue #$!"
end
# => rescue SIGQUIT

例:

Signal.trap(:INT, "p true")...
...INT, "EXIT") # => "DEFAULT"
Signal.trap(:INT, nil) # => "EXIT"

//emlist[例][ruby]{
Signal.trap(0, proc { puts "Terminating: #{$$}" })
Signal.trap("CLD") { puts "Child died" }
fork && Process.wait

# => Terminating: 13939
# => Child died
# => Terminating: 13907
//}

@see spec/...

Signal.#trap(signal, command) -> String | Proc | nil (8.0)

指定された割り込み signal に対するハンドラとして command を登録します。 指定したシグナルが捕捉された時には例外が発生せず、代わりに command が実行されます。 ブロックを指定した場合にはブロックをハンドラとして登録します。

...生させます。このようなシグナルは例外処理によっ
て捕捉することもできます。

例:

begin
Process.kill :QUIT, $$ # 自身にSIGQUITを送信
rescue SignalException
puts "rescue #$!"
end
# => rescue SIGQUIT

例:

Signal.trap(:INT, "p true")...
...INT, "EXIT") # => "DEFAULT"
Signal.trap(:INT, nil) # => "EXIT"

//emlist[例][ruby]{
Signal.trap(0, proc { puts "Terminating: #{$$}" })
Signal.trap("CLD") { puts "Child died" }
fork && Process.wait

# => Terminating: 13939
# => Child died
# => Terminating: 13907
//}

@see spec/...