るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1772件ヒット [1-100件を表示] (0.082秒)
トップページ > ライブラリ:ビルトイン[x] > クラス:Encoding[x]

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Encoding#ascii_compatible? -> bool (3.0)

自身が ASCII 互換のエンコーディングである場合真返します。 そうでない場合は偽を返します。

...コーディングである場合真返します。
そうでない場合は偽を返します。


//emlist[例][ruby]{
Encoding
::UTF_8.ascii_compatible? #=> true
Encoding
::UTF_16BE.ascii_compatible? #=> false
//}...

Encoding#dummy? -> bool (3.0)

自身がダミーエンコーディングである場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

...グに指定できます。また
Ruby はサポートしていないが拡張ライブラリがサポートしているエンコーディングを扱う場合にも
用います。

//emlist[例][ruby]{
Encoding
::ISO_2022_JP.dummy? #=> true
Encoding
::UTF_8.dummy? #=> false
//}...

Encoding#inspect -> String (3.0)

プログラマにわかりやすい表現の文字列を返します。

...プログラマにわかりやすい表現の文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
Encoding
::UTF_8.inspect #=> "#<Encoding:UTF-8>"
Encoding
::ISO_2022_JP.inspect #=> "#<Encoding:ISO-2022-JP (dummy)>"
//}...

Encoding#name -> String (3.0)

エンコーディングの名前を返します。

...エンコーディングの名前を返します。

//emlist[例][ruby]{
Encoding
::UTF_8.name #=> "UTF-8"
//}...

Encoding#names -> String (3.0)

エンコーディングの名前とエイリアス名の配列を返します。

...エンコーディングの名前とエイリアス名の配列を返します。

//emlist[例][ruby]{
Encoding
::UTF_8.names #=> ["UTF-8", "CP65001"]
//}...

絞り込み条件を変える

Encoding#replicate(name) -> Encoding (3.0)

レシーバのエンコーディングを複製(replicate)します。 複製されたエンコーディングは元のエンコーディングと同じバイト構造を持たなければなりません。 name という名前のエンコーディングが既に存在する場合は ArgumentError を発生します。

...]{
encoding
= Encoding::UTF_8.replicate("REPLICATED_UTF-8") #=> #<Encoding:REPLICATED_UTF-8>
encoding
.name #=> "REPLICATED_UTF-8"
"\u3042".force_encoding(Encoding::UTF_8).valid_encoding? #=> true
"\u3042".force_encoding(encoding).valid_encoding?...
...#=> true
"\u3042".force_encoding(Encoding::SHIFT_JIS).valid_encoding? #=> false
//}...

Encoding#to_s -> String (3.0)

エンコーディングの名前を返します。

...エンコーディングの名前を返します。

//emlist[例][ruby]{
Encoding
::UTF_8.name #=> "UTF-8"
//}...

Encoding.aliases -> Hash (3.0)

エンコーディングの別名に対して元の名前を対応づけるハッシュを返します。

...エンコーディングの別名に対して元の名前を対応づけるハッシュを返します。

//emlist[例][ruby]{
p Encoding.aliases
#=> {"BINARY"=>"ASCII-8BIT", "ASCII"=>"US-ASCII", "ANSI_X3.4-1986"=>"US-ASCII",
# "SJIS"=>"Shift_JIS", "eucJP"=>"EUC-JP", "CP932"=>"Windows-31J"}
//}...

Encoding.compatible?(obj1, obj2) -> Encoding | nil (3.0)

2つのオブジェクトのエンコーディングに関する互換性をチェックします。 互換性がある場合はそのエンコーディングを、 ない場合は nil を返します。

...列が取るであろう Encoding オブジェクトを返します。

//emlist[例][ruby]{
Encoding
.compatible?("\xa1".force_encoding("iso-8859-1"), "b")
#=> #<Encoding:ISO-8859-1>

Encoding
.compatible?(
"\xa1".force_encoding("iso-8859-1"),
"\xa1\xa1".force_encoding("euc-jp"))
#=> nil
//}

...
...両方のオブジェクトが encoding を持つ場合には
互換性を判定することができます。
//emlist[例][ruby]{
Encoding
.compatible?(Encoding::UTF_8, Encoding::CP932)
# => nil
Encoding
.compatible?(Encoding::UTF_8, Encoding::US_ASCII)
# => #<Encoding:UTF-8>
//}
@param obj1 チェ...

Encoding.default_external -> Encoding (3.0)

既定の外部エンコーディングを返します。

...nal は必ず設定されます。Encoding.locale_charmap が nil を返す場合には US-ASCII が、
ロケールにRubyが扱えないエンコーディングが指定されている場合には ASCII-8BIT が、default_external に設定されます。

@see locale(1), Encoding.locale_charmap...

絞り込み条件を変える

Encoding.default_external=(encoding) (3.0)

既定の外部エンコーディングを設定します。

既定の外部エンコーディングを設定します。

Encoding.default_internal -> Encoding | nil (3.0)

既定の内部エンコーディングを返します。

既定の内部エンコーディングを返します。

Encoding.default_internal=(encoding) (3.0)

既定の内部エンコーディングを設定します。

既定の内部エンコーディングを設定します。
<< 1 2 3 ... > >>