るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
120件ヒット [1-100件を表示] (0.063秒)
トップページ > クラス:Thread[x] > クエリ:Thread.new[x] > クエリ:pass[x] > 種類:インスタンスメソッド[x]

別のキーワード

  1. argf.class lines
  2. argf.class each
  3. argf.class each_line
  4. argf.class gets
  5. argf.class to_a

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Thread#thread_variable_get(key) -> object | nil (27199.0)

引数 key で指定した名前のスレッドローカル変数を返します。

...注意]: Thread#[] でセットしたローカル変数(Fiber ローカル変数)と
異なり、Fiber を切り替えても同じ変数を返す事に注意してください。

例:

Thread.new
{
Thread
.current.thread_variable_set("foo", "bar") # スレッドローカル
Thread
.current...
...

Fiber.new {
Fiber.yield [
Thread
.current.thread_variable_get("foo"), # スレッドローカル
Thread
.current["foo"], # Fiber ローカル
]
}.resume
}.join.value # => ['bar', nil]

この例の "bar" は Thread#thread_variable_get に...
...より得られ
た値で、nil はThread#[] により得られた値です。

@see Thread#thread_variable_set, Thread#[]

@see https://magazine.rubyist.net/articles/0041/0041-200Special-note.html...

Thread#report_on_exception=(newstate) (21168.0)

真の場合、そのスレッドが例外によって終了した時に、その内容を $stderr に報告します。

...ルトはスレッド作成時の Thread.report_on_exception です。

@param newstate スレッド実行中に例外発生した場合、その内容を報告するかどうかを true か false で指定します。

//emlist[例][ruby]{
a = Thread.new{ Thread.stop; raise }
a.report_on_exception...
...true
a.run
# => #<Thread:0x00007fc3f48c7908@(irb):1 run> terminated with exception (report_on_exception is true):
# Traceback (most recent call last):
# (irb):1:in `block in irb_binding': unhandled exception
# #<Thread:0x00007fc3f48c7908@(irb):1 dead>
b = Thread.new{ Thread.stop; raise }
b....
...report_on_exception = false
b.run # => #<Thread:0x00007fc3f48aefc0@(irb):4 dead>
//}

@see Thread.report_on_exception...

Thread#abort_on_exception=(newstate) (21124.0)

真の場合、そのスレッドが例外によって終了した時に、インタプリタ 全体を中断させます。false の場合、あるスレッドで起こった例 外は、Thread#join などで検出されない限りそのスレッ ドだけをなにも警告を出さずに終了させます。

...スレッドで起こった例
外は、Thread#join などで検出されない限りそのスレッ
ドだけをなにも警告を出さずに終了させます。

デフォルトは偽です。c:Thread#exceptionを参照してください。

@param newstate 自身を実行中に例外発生し...

Thread#[](name) -> object | nil (21080.0)

name に対応したスレッドに固有のデータを取り出します。 name に対応するスレッド固有データがなければ nil を返し ます。

...emlist[例][ruby]{
[
Thread.new
{ Thread.current["name"] = "A" },
Thread.new
{ Thread.current[:name] = "B" },
Thread.new
{ Thread.current["name"] = "C" }
].each do |th|
th.join
puts "#{th.inspect}: #{th[:name]}"
end

# => #<Thread:0x00000002a54220 dead>: A
# => #<Thread:0x00000002a541a8 d...
...ead>: B
# => #<Thread:0x00000002a54130 dead>: C
//}

@see Thread#fetch...

Thread#report_on_exception -> bool (21068.0)

真の場合、そのスレッドが例外によって終了した時に、その内容を $stderr に報告します。

...ルトはスレッド作成時の Thread.report_on_exception です。

@param newstate スレッド実行中に例外発生した場合、その内容を報告するかどうかを true か false で指定します。

//emlist[例][ruby]{
a = Thread.new{ Thread.stop; raise }
a.report_on_exception...
...true
a.run
# => #<Thread:0x00007fc3f48c7908@(irb):1 run> terminated with exception (report_on_exception is true):
# Traceback (most recent call last):
# (irb):1:in `block in irb_binding': unhandled exception
# #<Thread:0x00007fc3f48c7908@(irb):1 dead>
b = Thread.new{ Thread.stop; raise }
b....
...report_on_exception = false
b.run # => #<Thread:0x00007fc3f48aefc0@(irb):4 dead>
//}

@see Thread.report_on_exception...

絞り込み条件を変える

Thread#value -> object (21060.0)

スレッド self が終了するまで待ち(Thread#join と同じ)、 そのスレッドのブロックが返した値を返します。スレッド実行中に例外が 発生した場合には、その例外を再発生させます。

...ッド self が終了するまで待ち(Thread#join と同じ)、
そのスレッドのブロックが返した値を返します。スレッド実行中に例外が
発生した場合には、その例外を再発生させます。

スレッドが Thread#kill によって終了した場合は、...
...の終了を待ち結果を出力する例です。

thread
s = []
thread
s.push(Thread.new { n = rand(5); sleep n; n })
thread
s.push(Thread.new { n = rand(5); sleep n; n })
thread
s.push(Thread.new { n = rand(5); sleep n; n })

thread
s.each {|t| p t.value}

最後の行で、待ち合...
...わせを行っていることがわかりにくいと思うなら以下
のように書くこともできます。

thread
s.each {|t| p t.join.value}...

Thread#run -> self (21048.0)

停止状態(stop)のスレッドを再開させます。 Thread#wakeup と異なりすぐにスレッドの切り替え を行います。

...レッドを再開させます。
Thread
#wakeup と異なりすぐにスレッドの切り替え
を行います。

@raise ThreadError 死んでいるスレッドに対して実行すると発生します。

//emlist[例][ruby]{
a = Thread.new { puts "a"; Thread.stop; puts "c" }
sleep 0.1 while a....
...status!='sleep'
puts "Got here"
a.run
a.join
# => a
# => Got here
# => c
//}

@see Thread#wakeup, Thread.stop...

Thread#alive? -> bool (21044.0)

スレッドが「生きている」時、true を返します。

...」時、true を返します。

例:
thr = Thread.new { }
thr.join # => #<Thread:0x401b3fb0 dead>
Thread
.current.alive? # => true
thr.alive? # => false

Thread
#status が真を返すなら、このメソッドも真です。

@see Thread#status, Thread#stop?...

Thread#join -> self (21038.0)

スレッド self の実行が終了するまで、カレントスレッドを停止し ます。self が例外により終了していれば、その例外がカレントス レッドに対して発生します。

...raise ThreadError join を実行することによってデッドロックが起きる場合に発生します。またカレントスレッドを join したときにも発生します。

以下は、生成したすべてのスレッドの終了を待つ例です。

thread
s = []
thread
s.pus...
...h(Thread.new { n = rand(5); sleep n; n })
thread
s.push(Thread.new { n = rand(5); sleep n; n })
thread
s.push(Thread.new { n = rand(5); sleep n; n })

thread
s.each {|t| t.join}...

Thread#join(limit) -> self | nil (21038.0)

スレッド self の実行が終了するまで、カレントスレッドを停止し ます。self が例外により終了していれば、その例外がカレントス レッドに対して発生します。

...raise ThreadError join を実行することによってデッドロックが起きる場合に発生します。またカレントスレッドを join したときにも発生します。

以下は、生成したすべてのスレッドの終了を待つ例です。

thread
s = []
thread
s.pus...
...h(Thread.new { n = rand(5); sleep n; n })
thread
s.push(Thread.new { n = rand(5); sleep n; n })
thread
s.push(Thread.new { n = rand(5); sleep n; n })

thread
s.each {|t| t.join}...

絞り込み条件を変える

Thread#stop? -> bool (21038.0)

スレッドが終了(dead)あるいは停止(stop)している時、true を返します。

...あるいは停止(stop)している時、true を返します。

//emlist[例][ruby]{
a = Thread.new { Thread.stop }
b = Thread.current
a.stop? # => true
b.stop? # => false
//}

@see Thread#alive?, Thread#status...

Thread#inspect -> String (21032.0)

自身を人間が読める形式に変換した文字列を返します。

...を人間が読める形式に変換した文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
a = Thread.current
a.inspect # => "#<Thread:0x00007fdbaf07ddb0 run>"
b = Thread.new{}
b.inspect # => "#<Thread:0x00007fdbaf8f7d10@(irb):3 dead>"
//}...

Thread#priority -> Integer (21032.0)

スレッドの優先度を返します。この値の大きいほど優先度が高くなります。 メインスレッドのデフォルト値は 0 です。新しく生成されたスレッドは親スレッドの priority を引き継ぎます。

...します。プラットフォームに依存します。

//emlist[例][ruby]{
Thread
.current.priority # => 0

count1 = count2 = 0
a = Thread.new do
loop { count1 += 1 }
end
a.priority = -1

b = Thread.new do
loop { count2 += 1 }
end
b.priority = -2
count1 = count2 = 0 # reset...

Thread#priority=(val) (21032.0)

スレッドの優先度を返します。この値の大きいほど優先度が高くなります。 メインスレッドのデフォルト値は 0 です。新しく生成されたスレッドは親スレッドの priority を引き継ぎます。

...します。プラットフォームに依存します。

//emlist[例][ruby]{
Thread
.current.priority # => 0

count1 = count2 = 0
a = Thread.new do
loop { count1 += 1 }
end
a.priority = -1

b = Thread.new do
loop { count2 += 1 }
end
b.priority = -2
count1 = count2 = 0 # reset...

Thread#to_s -> String (21032.0)

自身を人間が読める形式に変換した文字列を返します。

...を人間が読める形式に変換した文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
a = Thread.current
a.inspect # => "#<Thread:0x00007fdbaf07ddb0 run>"
b = Thread.new{}
b.inspect # => "#<Thread:0x00007fdbaf8f7d10@(irb):3 dead>"
//}...

絞り込み条件を変える

Thread#wakeup -> self (21032.0)

停止状態(stop)のスレッドを実行可能状態(run)にします。

...を実行可能状態(run)にします。

@raise ThreadError 死んでいるスレッドに対して実行すると発生します。

//emlist[例][ruby]{
c = Thread.new { Thread.stop; puts "hey!" }
sleep 0.1 while c.status!='sleep'
c.wakeup
c.join
# => "hey!"
//}

@see Thread#run, Thread.stop...

Thread#name=(name) -> String (21026.0)

self の名前を name に設定します。

...ムによっては pthread やカーネルにも設定を行う場合があります。

@raise ArgumentError 引数に ASCII 互換ではないエンコーディングのものを
指定した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
a = Thread.new{}
a.name = 'named'
a....
...name # => "named"
a.inspect # => "#<Thread:0x00007f85ac8721f0@named@(irb):1 dead>"
//}

@see Thread#name...

Thread#exit -> self (21020.0)

スレッドの実行を終了させます。終了時に ensure 節が実行されます。

...レッドの Thread#value の返り値は不定です。
自身がメインスレッドであるか最後のスレッドである場合は、プロセスを Kernel.#exit(0)
により終了します。

Kernel.#exit と違い例外 SystemExit を発生しません。

th1 = Thread.new do
begi...

Thread#kill -> self (21020.0)

スレッドの実行を終了させます。終了時に ensure 節が実行されます。

...レッドの Thread#value の返り値は不定です。
自身がメインスレッドであるか最後のスレッドである場合は、プロセスを Kernel.#exit(0)
により終了します。

Kernel.#exit と違い例外 SystemExit を発生しません。

th1 = Thread.new do
begi...
<< 1 2 > >>