るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
70件ヒット [1-70件を表示] (0.006秒)
トップページ > クラス:Struct::Group[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

Struct::Group#gid -> Integer (1.0)

グループ ID を返します。

グループ ID を返します。

Struct::Group#gid=(gid) (1.0)

グループ ID を設定します。

グループ ID を設定します。

Struct::Group#mem -> [String] (1.0)

このグループに所属するメンバーのログイン名を配列で返します。

このグループに所属するメンバーのログイン名を配列で返します。

Struct::Group#mem=(mem) (1.0)

このグループに所属するメンバーのログイン名を設定します。

このグループに所属するメンバーのログイン名を設定します。

Struct::Group#name -> String (1.0)

グループ名を設定します。

グループ名を設定します。

絞り込み条件を変える

Struct::Group#name=(name) (1.0)

グループ名を返します。

グループ名を返します。

Struct::Group#passwd -> String (1.0)

暗号化されたパスワードを返します。

暗号化されたパスワードを返します。

このグループのパスワードへのアクセスが無効である場合は 'x' を返します。
このグループの一員になるのにパスワードが不要である場合は、空文字列を返します。

Struct::Group#passwd=(passwd) (1.0)

このグループのパスワードを設定します。

このグループのパスワードを設定します。

Struct::Group.each -> Enumerator (1.0)

/etc/group に含まれるエントリを一つずつブロックに渡して評価します。 ブロックを省略した場合は Enumerator のインスタンスを返します。

/etc/group に含まれるエントリを一つずつブロックに渡して評価します。
ブロックを省略した場合は Enumerator のインスタンスを返します。

@see Etc.#getpwent

Struct::Group.each {|entry| ... } -> Struct::Group (1.0)

/etc/group に含まれるエントリを一つずつブロックに渡して評価します。 ブロックを省略した場合は Enumerator のインスタンスを返します。

/etc/group に含まれるエントリを一つずつブロックに渡して評価します。
ブロックを省略した場合は Enumerator のインスタンスを返します。

@see Etc.#getpwent

絞り込み条件を変える