るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
30件ヒット [1-30件を表示] (0.028秒)
トップページ > クラス:String[x] > クエリ:string[x] > クエリ:tr[x] > クエリ:to_i[x]

別のキーワード

  1. matrix tr
  2. string tr_s
  3. string tr!
  4. string tr_s!
  5. string tr

ライブラリ

キーワード

検索結果

String#to_i(base = 10) -> Integer (30234.0)

文字列を 10 進数表現された整数であると解釈して、整数に変換します。

...整数であると解釈して、整数に変換します。

//emlist[例][ruby]{
p " 10".to_i # => 10
p "+10".to_i # => 10
p "-10".to_i # => -10

p "010".to_i # => 10
p "-010".to_i # => -10
//}

整数とみなせない文字があればそこまでを変換対象としま...
...10".to_i(0) # => 8
p "010".to_i(0) # => 8
p "0d10".to_i(0) # => 10
p "0x10".to_i(0) # => 16
//}

@param base 進数を指定する整数。0 か、2〜36 の整数。
@return 整数

このメソッドの逆に数値を文字列に変換するには、
Kernel.#sprintf, String#%,...
...Integer#to_s
を使用します。

String
#hex, String#oct, String#to_f,
Kernel.#Integer, Kernel.#Float
も参照してください。...

String#hex -> Integer (12031.0)

文字列に 16 進数で数値が表現されていると解釈して整数に変換します。 接頭辞 "0x", "0X" とアンダースコアは無視されます。 文字列が [_0-9a-fA-F] 以外の文字を含むときはその文字以降を無視します。

...# => 0
p "10z".hex # => 16
p "1_0".hex # => 16

p "".hex # => 0
//}

@see String#oct, String#to_i, String#to_f,
Kernel.#Integer, Kernel.#Float

このメソッドの逆に数値を文字列に変換するには
Kernel.#sprintf, String#%,
Integer#to_s
などを使ってください。...

String#oct -> Integer (12031.0)

文字列を 8 進文字列であると解釈して、整数に変換します。

...by]{
p "-010".oct # => -8
p "-0x10".oct # => 0
p "-0b10".oct # => 0

p "1_0_1x".oct # => 65
//}

@see String#hex, String#to_i, String#to_f,
Kernel.#Integer, Kernel.#Float

逆に、数値を文字列に変換するにはKernel.#sprintf,
String
#%, Integer#to_s を使用します。...

String#to_f -> Float (12031.0)

文字列を 10 進数表現と解釈して、浮動小数点数 Float に変換します。

...# => 10.0 # 先頭の空白は無視される
p "0xa.a".to_f # => 0.0
//}

なお、このメソッドの逆に、数値を文字列に変換するには
Kernel.#sprintf,String#%,Integer#to_s
を使用します。

@see String#hex, String#oct, String#to_i,
Kernel.#Integer, Kernel.#Float...

String#unpack(template) -> Array (12031.0)

Array#pack で生成された文字列を テンプレート文字列 template にしたがってアンパックし、 それらの要素を含む配列を返します。

...@param template pack テンプレート文字列
@return オブジェクトの配列


以下にあげるものは、Array#pack、String#unpack
のテンプレート文字の一覧です。テンプレート文字は後に「長さ」を表す数字
を続けることができます...
...!<: little endian signed long
//}

=== 各テンプレート文字の説明

説明中、Array#pack と String#unpack で違いのあるものは `/' で区切って
「Array#pack の説明 / String#unpack の説明」としています。

: a

ASCII文字列(null文字を詰める/後続するnu...
..."

"a\000b".unpack("CxC") # => [97, 98]
"a\377b".unpack("CxC") # => [97, 98]
"a\377b".unpack("Cx3C") # => ArgumentError: x outside of string
//}

: X

1バイト後退
//emlist[][ruby]{
[?a, ?b, ?c].pack("CCXC") # => "ac"

"abcdef".unpack("x*XC") # => [102]
//}

: @

絶対...
...short
i!: signed int
I!: unsigned int
l!: signed long
L!: unsigned long
q!: signed long long
Q!: unsigned long long
j,j!: intptr_t
J,J!: uintptr_t
//}

: エンディアン依存、整数サイズ非依存 (C99 の stdint.h にある厳密な幅を持つ整数型に適切)
//emlist{...

絞り込み条件を変える