るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
24件ヒット [1-24件を表示] (0.022秒)
トップページ > クラス:Object[x] > クエリ:object[x] > クエリ:untaint[x]

別のキーワード

  1. objectspace each_object
  2. _builtin each_object
  3. object send
  4. object __send__
  5. json object

ライブラリ

キーワード

検索結果

Object#untaint -> self (27114.0)

オブジェクトの「汚染マーク」を取り除きます。

...グラマが責任を負う必要が
あります。

オブジェクトの汚染に関してはspec/safelevelを参照してください。

@raise SecurityError セキュリティレベルが3以上の時にこのメソッドを使用すると発生します。
@see Object#taint,Object#tainted?...
...ェクトの「汚染マーク」を取り除きます。

汚染マークを取り除くことによる危険性はプログラマが責任を負う必要が
あります。

オブジェクトの汚染に関してはspec/safelevelを参照してください。

@see Object#taint,Object#tainted?...

Object#trust -> self (9045.0)

このメソッドは deprecated です。 Object#untaint と同じ動作をします。

...このメソッドは deprecated です。
Object
#untaint と同じ動作をします。


@see Object#untrusted?,Object#untrust...

Object#taint -> self (9031.0)

オブジェクトの「汚染マーク」をセットします。

...inted? #=> false
eval(some) #=> @&%&(#!

some.taint
p some.tainted? #=> true
eval(some) # Insecure operation - eval (SecurityError)

some.untaint
p some.tainted? #=> false
eval(some) #=> @&%&(#!

p ENV['OS'].tainted? #=> true

@see Object#tainted?,Object#untaint,Object#freeze...

Object#tainted? -> bool (9019.0)

オブジェクトの「汚染マーク」がセットされている時真を返します。

...染に関してはspec/safelevelを参照してください。

p String.new.tainted? #=> false
p ENV['OS'].tainted? #=> true

@see Object#taint,Object#untaint...