るりまサーチ (Ruby 2.1.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
3件ヒット [1-3件を表示] (0.044秒)
トップページ > クラス:Object[x] > クエリ:ENV[x] > ライブラリ:ビルトイン[x] > バージョン:2.1.0[x]

別のキーワード

  1. env fetch
  2. _builtin env
  3. env each
  4. env delete
  5. env reject

キーワード

検索結果

Object::ENV -> Object (54361.0)

環境変数を表す (疑似) 連想配列 (詳細は ENV を参照)。

環境変数を表す (疑似) 連想配列 (詳細は ENV を参照)。

この連想配列の値を変更すると子プロセスの環境として引き継がれます。

Object#taint -> self (46.0)

このメソッドは Ruby 2.7 から deprecated で、Ruby 3.2 で削除予定です。

...inted? #=> false
eval(some) #=> @&%&(#!

some.taint
p some.tainted? #=> true
eval(some) # Insecure operation - eval (SecurityError)

some.untaint
p some.tainted? #=> false
eval(some) #=> @&%&(#!

p ENV['OS'].tainted? #=> true

@see Object#tainted?,Object#untaint,Object#freeze...

Object#tainted? -> bool (28.0)

...を返します。

オブジェクトの汚染に関してはspec/safelevelを参照してください。

p String.new.tainted? #=> false
p ENV['OS'].tainted? #=> true

このメソッドは Ruby 2.7から deprecated で、Ruby 3.2 で削除予定です。

@see Object#taint,Object#untaint...