るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
149件ヒット [1-100件を表示] (0.017秒)
トップページ > クラス:Method[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Method#<<(callable) -> Proc (1.0)

self と引数を合成した Proc を返します。

...ます。

Method
#>> とは呼び出しの順序が逆になります。

@param callable Proc、Method、もしくは任意の call メソッドを持ったオブジェクト。

//emlist[例][ruby]{
def f(x)
x * x
end

def g(x)
x + x
end

# (3 + 3) * (3 + 3)
p (method(:f) << method(:g)).call(3...
...uby]{
class WordScanner
def self.call(str)
str.scan(/\w+/)
end
end

File.write('testfile', <<~TEXT)
Hello, World!
Hello, Ruby!
TEXT

pipeline = method(:pp) << WordScanner << File.method(:read)
pipeline.call('testfile') # => ["Hello", "World", "Hello", "Ruby"]
//}

@see Proc#<<, Proc#>>...

Method#==(other) -> bool (1.0)

自身と other が同じインスタンスの同じメソッドを表す場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...スの同じメソッドを表す場合に
true を返します。そうでない場合に false を返します。

@param other 自身と比較したいオブジェクトを指定します。

s = "bar"
a = s.method(:size)
b = s.method(:size)
p a == b #=> true...

Method#===(*args) -> object (1.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

例:
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1] # => "foo called with arg 1"
m.call(2) # => "foo called with arg 2"...

Method#>>(callable) -> Proc (1.0)

self と引数を合成した Proc を返します。

...ます。

Method
#<< とは呼び出しの順序が逆になります。

@param callable Proc、Method、もしくは任意の call メソッドを持ったオブジェクト。

//emlist[例][ruby]{
def f(x)
x * x
end

def g(x)
x + x
end

# (3 * 3) + (3 * 3)
p (method(:f) >> method(:g)).call(3...
...uby]{
class WordScanner
def self.call(str)
str.scan(/\w+/)
end
end

File.write('testfile', <<~TEXT)
Hello, World!
Hello, Ruby!
TEXT

pipeline = File.method(:read) >> WordScanner >> method(:pp)
pipeline.call('testfile') # => ["Hello", "World", "Hello", "Ruby"]
//}

@see Proc#<<, Proc#>>...

Method#[](*args) -> object (1.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

例:
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1] # => "foo called with arg 1"
m.call(2) # => "foo called with arg 2"...

絞り込み条件を変える

Method#arity -> Integer (1.0)

メソッドが受け付ける引数の数を返します。

...p c.method(:u).arity #=> 0
p c.method(:v).arity #=> 1
p c.method(:w).arity #=> -1
p c.method(:x).arity #=> 2
p c.method(:y).arity #=> -3
p c.method(:z).arity #=> -3

s = "xyz"
s.method(:size).arity #=> 0
s.method(:replace).arity #=> 1
s.method(:sque...
...eze).arity #=> -1
s.method(:count).arity #=> -1...

Method#call(*args) -> object (1.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

例:
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1] # => "foo called with arg 1"
m.call(2) # => "foo called with arg 2"...

Method#call(*args) { ... } -> object (1.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

例:
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1] # => "foo called with arg 1"
m.call(2) # => "foo called with arg 2"...

Method#clone -> Method (1.0)

自身を複製した Method オブジェクトを作成して返します。

...自身を複製した Method オブジェクトを作成して返します。

例:
class Foo
def foo
"foo"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m.call # => "foo"

m.clone # => #<Method: Foo#foo>
m.clone.call # => "foo"...

Method#curry -> Proc (1.0)

self を元にカリー化した Proc を返します。

...ます。

def foo(a,b,c)
[a, b, c]
end

proc = self.method(:foo).curry
proc2 = proc.call(1, 2) #=> #<Proc>
proc2.call(3) #=> [1,2,3]

def vararg(*args)
args
end

proc = self.method(:vararg).curry(4)
proc2 = proc.call(:x) #=> #<Proc>
proc...

絞り込み条件を変える

Method#curry(arity) -> Proc (1.0)

self を元にカリー化した Proc を返します。

...ます。

def foo(a,b,c)
[a, b, c]
end

proc = self.method(:foo).curry
proc2 = proc.call(1, 2) #=> #<Proc>
proc2.call(3) #=> [1,2,3]

def vararg(*args)
args
end

proc = self.method(:vararg).curry(4)
proc2 = proc.call(:x) #=> #<Proc>
proc...

Method#eql?(other) -> bool (1.0)

自身と other が同じインスタンスの同じメソッドを表す場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...スの同じメソッドを表す場合に
true を返します。そうでない場合に false を返します。

@param other 自身と比較したいオブジェクトを指定します。

s = "bar"
a = s.method(:size)
b = s.method(:size)
p a == b #=> true...

Method#hash -> Integer (1.0)

自身のハッシュ値を返します。

...自身のハッシュ値を返します。


a = method(:==)
b = method(:eql?)
p a.eql? b # => true
p a.hash == b.hash # => true
p [a, b].uniq.size # => 1...

Method#inspect -> String (1.0)

self を読みやすい文字列として返します。

...します。

以下の形式の文字列を返します。

#<Method: klass1(klass2)#method> (形式1)

klass1 は、Method#inspect では、レシーバのクラス名、
UnboundMethod#inspect では、UnboundMethod オブジェクトの生成
元となったクラス/モジュ...
...ジュール名、
method
は、メソッド名を表します。

module Foo
def foo
"foo"
end
end
class Bar
include Foo
def bar
end
end

p Bar.new.method(:foo) # => #<Method: Bar(Foo)#foo>
p Bar.new.method(:bar) # => #<Method: Bar(Bar)#bar>

klas...
...が同じ場合は以下の形式になります。
#<Method: klass1#method> (形式2)

特異メソッドに対しては、
#<Method: obj.method> (形式3)
#<Method: klass1(klass2).method> (形式4)
という形式の文字列...

Method#name -> Symbol (1.0)

このメソッドの名前を返します。

...ソッドの名前を返します。

例:
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m.name # => :foo...

絞り込み条件を変える

Method#original_name -> Symbol (1.0)

オリジナルのメソッド名を返します。

...オリジナルのメソッド名を返します。

例:
class C
def foo; end
alias bar foo
end
C.new.method(:bar).original_name # => :foo

@see UnboundMethod#original_name...

Method#owner -> Class | Module (1.0)

このメソッドが定義されている class か module を返します。

...定義されている class か module を返します。

例:
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m.owner # => Foo

m = Foo.new.method(:puts) # => #<Method: Foo(Kernel)#puts>
m.owner # => Kernel...
<< 1 2 > >>