るりまサーチ (Ruby 2.5.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
7件ヒット [1-7件を表示] (0.052秒)

別のキーワード

  1. e2mmap def_e2message
  2. getoptlong error_message
  3. exception2messagemapper def_e2message
  4. mkmf message
  5. etc sc_message_passing

ライブラリ

キーワード

検索結果

Exception#exception(error_message) -> Exception (82117.0)

引数を指定しない場合は self を返します。引数を指定した場合 自身のコピー を生成し Exception#message 属性を error_message にして返します。

...lf を返します。引数を指定した場合 自身のコピー
を生成し Exception#message 属性を error_message にして返します。

Kernel.#raise は、実質的に、例外オブジェクトの exception
メソッドの呼び出しです。

@param error_message エラーメッセ...
...ージを表す文字列を指定します。

begin
... # 何か処理
rescue => e
raise e.exception("an error occurs during hogehoge process") # 詳しいエラーメッセージ
end...

Exception#exception -> self (81517.0)

引数を指定しない場合は self を返します。引数を指定した場合 自身のコピー を生成し Exception#message 属性を error_message にして返します。

...lf を返します。引数を指定した場合 自身のコピー
を生成し Exception#message 属性を error_message にして返します。

Kernel.#raise は、実質的に、例外オブジェクトの exception
メソッドの呼び出しです。

@param error_message エラーメッセ...
...ージを表す文字列を指定します。

begin
... # 何か処理
rescue => e
raise e.exception("an error occurs during hogehoge process") # 詳しいエラーメッセージ
end...

Exception#message -> String (81328.0)

エラーメッセージをあらわす文字列を返します。

エラーメッセージをあらわす文字列を返します。

begin
1 + nil
rescue => e
p e.message #=> "nil can't be coerced into Fixnum"
end

Exception#full_message(highlight: true, order: :bottom) -> String (45418.0)

例外の整形された文字列を返します。

...値は Exception.to_tty? の返り値と同じです。

@param order :top か :bottom で指定する必要があります。
バックトレースの一番奥がエラーメッセージの上(top)か下(bottom)かを指定します。
デフォルト値は Exception.to_tt...
...e[1m)\n\e[m"
$stderr = $stdout
p e.full_message # => "test.rb:2:in `<main>': test (RuntimeError)\n"
$stderr = STDERR
p e.full_message # => "\e[1mTraceback \e[m(most recent call last):\ntest.rb:2:in `<main>': \e[1mtest (\e[4;1mRuntimeError\e[m\e[1m)\n\e[m"
end
//}

@see Exception.to_tty?...

Exception#to_s -> String (36028.0)

エラーメッセージをあらわす文字列を返します。

エラーメッセージをあらわす文字列を返します。

begin
1 + nil
rescue => e
p e.message #=> "nil can't be coerced into Fixnum"
end

絞り込み条件を変える

Exception#==(other) -> bool (27181.0)

自身と指定された other のクラスが同じであり、 message と backtrace が == メソッドで比較して 等しい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...トを指定した場合は
Exception
#exception を実行して変換を試みます。

例:
require "date"
def check_long_month(month)
return if Date.new(2000, month, -1).day == 31
raise "#{month} is not long month"
end

def get_exception
return begin
yield...
...rescue => e
e
end
end

results = [2, 2, 4].map { |e | get_exception { check_long_month(e) } }
p results.map { |e| e.class }
# => [RuntimeError, RuntimeError, RuntimeError]
p results.map { |e| e.message }
# => ["2 is not long month", "2 is not long month", "4 is not long mont...

Exception#inspect -> String (27091.0)

self のクラス名と message を文字列にして返します。

...self のクラス名と message を文字列にして返します。

例:
begin
raise "exception"
rescue
p $!.inspect # => "#<RuntimeError: exception>"
end...