Ruby 3.2.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Timeクラス > inspect

instance method Time#inspect

inspect -> String[permalink][rdoc]

時刻を文字列に変換した結果を返します。

Time#to_s とは異なりナノ秒まで含めて返します。


t = Time.now
t.inspect                             #=> "2012-11-10 18:16:12.261257655 +0100"
t.strftime "%Y-%m-%d %H:%M:%S.%N %z"  #=> "2012-11-10 18:16:12.261257655 +0100"

t.utc.inspect                          #=> "2012-11-10 17:16:12.261257655 UTC"
t.strftime "%Y-%m-%d %H:%M:%S.%N UTC"  #=> "2012-11-10 17:16:12.261257655 UTC"

戻り値の文字エンコーディングは Encoding::US_ASCII です。