Ruby 3.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > optparseライブラリ > OptionParser::ParseErrorクラス > set_option

instance method OptionParser::ParseError#set_option

set_option(opt, eq) -> self[permalink][rdoc]

エラーのあったオプションを指定します。

eq が真の場合、self が管理するエラーのあったオプションの一覧の先頭を opt で置き換えます。そうでない場合は先頭に opt を追加します。

[PARAM] opt:
エラーのあったオプションを指定します。
[PARAM] eq:
self が管理するエラーのあったオプションの一覧の先頭を置き換えるかどうかを指定します。
[RETURN]
self を返します。