Ruby 3.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > optparseライブラリ > OptionParserクラス > getopts

instance method OptionParser#getopts

getopts(argv, *opts) -> Hash[permalink][rdoc]
getopts(*opts) -> Hash

引数をパースした結果を、Hash として返します。

配列 argv を与えた場合、argv をパースします。そうでない場合は、 default_argv をパースします。


opt = OptionParser.new
params = opt.getopts(ARGV, "ab:", "foo", "bar:")
# params["a"] = true   # -a
# params["b"] = "1"    # -b1
# params["foo"] = true  # --foo
# params["bar"] = "x"  # --bar x
[PARAM] argv:
パースしたい配列を指定します。
[PARAM] opts:
引数を文字列で指定します。
[EXCEPTION] OptionParser::ParseError:
パースに失敗した場合、発生します。実際は OptionParser::ParseError のサブクラスになります。