Ruby 3.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > optparseライブラリ > OptionParserクラス > environment

instance method OptionParser#environment

environment(env) -> [String][permalink][rdoc]

環境変数 env に対して Shellwords.#shellwords を呼んで配列にしてから parse を行ないます。

[PARAM] env:
環境変数名を文字列で与えます。
[EXCEPTION] OptionParser::ParseError:
パースに失敗した場合、発生します。実際は OptionParser::ParseError のサブクラスになります。


require "optparse"

config = {}
opts = OptionParser.new
opts.on("-r", "--require LIBRARY"){|lib| config[:lib] = lib }

# HOGE_OPT は hoge というプログラム名に対応した名前です
ENV['HOGE_OPT'] = %q{--require lib1 'remain data'}
p opts.environment('HOGE_OPT') # => ["remain data"]
p config                           # => {:lib=>"lib1"}