Ruby 3.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > optparseライブラリ > OptionParserクラス > default_argv=

instance method OptionParser#default_argv=

default_argv=(argv)[permalink][rdoc]

自身がデフォルトでパースする引数を文字列の配列で指定します。

OptionParser#parse の引数が指定されなかったときに使われます。

[PARAM] argv:
デフォルトでパースしたい文字列の配列を指定します。


require "optparse"

config = {}
opts = OptionParser.new
opts.on("-r", "--require LIBRARY"){|lib| config[:lib] = lib }

# パラメーター指定なしで実行
opts.default_argv # => []
opts.parse!
p config          # => {}

opts.default_argv = ["--require", "lib1"] # => ["--require", "lib"]
opts.default_argv # => ["--require", "param1"]
opts.parse!
p config          # => {:lib=>"lib1"}