Ruby 3.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Objectクラス > hash

instance method Object#hash

hash -> Integer[permalink][rdoc]

オブジェクトのハッシュ値を返します。このハッシュ値は、Object#eql? と合わせて Hash クラスで、2つのオブジェクトを同一のキーとするか判定するために用いられます。

2つのオブジェクトのハッシュ値が異なるとき、直ちに異なるキーとして判定されます。逆に、2つのハッシュ値が同じとき、さらに Object#eql? での比較により判定されます。そのため、同じキーとして判定される状況は Object#eql? の比較で真となる場合のみであり、このとき前段階としてハッシュ値どうしが等しい必要があります。つまり、

A.eql?(B) ならば A.hash == B.hash

の関係が満たされている必要があります。

ただし、ハッシュのキーとして Integer, Symbol, String などの特定の組み込みクラスが使われるときは、組込みのハッシュ関数が使用され、hash メソッドは呼ばれません。

hash メソッドを再定義する場合は、一様に分布する任意の整数を返すようにします。

[RETURN]
ハッシュ値を返します。Ruby 内部の固定長整数 fixnum に収まらない場合は切り捨てられます。

p self.hash #=> 2013505522753096494
p 0.hash    #=> 2647535320520409998
p 0.0.hash  #=> -2975129765814025835
p nil.hash  #=> 2401531420355998067

p "ruby".hash #=> 4460896024486900438
p "ruby".hash #=> 4460896024486900438
p :ruby.hash  #=> 3979895509189707770
p :ruby.hash  #=> 3979895509189707770

[SEE_ALSO] Object#eql?, Hash#[]