Ruby 3.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > dateライブラリ > Dateクラス > <=>

instance method Date#<=>

self <=> other -> -1 | 0 | 1 | nil[permalink][rdoc]

二つの日付を比較します。同じ日付なら 0 を、self が other よりあとの日付なら 1 を、その逆なら -1 を返します。

other は日付オブジェクトか、天文学的なユリウス日をあらわす数値を指定します。そうでない場合、比較ができないので nil を返します。


require "date"

p Date.new(2001, 2, 3) <=> Date.new(2001, 2, 4) # => -1
p Date.new(2001, 2, 3) <=> Date.new(2001, 2, 3) # => 0
p Date.new(2001, 2, 3) <=> Date.new(2001, 2, 2) # => 1
p Date.new(2001, 2, 3) <=> Object.new           # => nil
p Date.new(2001, 2, 3) <=> Rational(4903887, 2) # => 0
[PARAM] other:
日付オブジェクトまたは数値