Ruby 3.1.0 リファレンスマニュアル > ruby 1.8.5 feature

ruby 1.8.5 feature

ruby 1.8.4 から ruby 1.8.5 までの変更点です。

掲載方針

*バグ修正の影響も含めて動作が変わるものを収録する。 *単にバグを直しただけのものは収録しない。 *ライブラリへの単なる定数の追加は収録しない。

以下は各変更点に付けるべきタグです。

記号について(特に重要なものは大文字(主観))

* カテゴリ

* レベル

1.8.4 (2005-12-24) -> ((<stable-snapshot|URL:ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/stable-snapshot.tar.gz>))

2006-06-18

BasicSocket#recv_nonblock [new]
UDPSocket#recvfrom_nonblock [new]

追加

2006-06-17

Pathname(path) [new]

pathname で追加

Kernel#pretty_inspect [new]

pp で追加

RSS::TaxonomyTopicModel [new]
RSS::TaxonomyTopicsModel [new]
RSS::Maker::TaxonomyTopicModel [new]
RSS::Maker::TaxonomyTopicsModel [new]

RSS Parser/RSS MakerがTaxonomyモジュールをサポートしました。

RSS::Maker xxx.new_yyy(&block) [compat]

maker.items.new_itemなどがブロックをとれるようになりました。((<ruby-talk:197284>))

今まで

item = maker.items.new_item item.xxx = yyy ...

と書いていたものが

maker.items.new_item |item| item.xxx = yyy ... end

と書けるようになりました。

RSS::RootElementMixin#to_xml [new]

こんな風にすると、RSS 1.0からRSS 2.0に変換できます。

rss10 = RSS::Parser.parse(File.read("1.0.rdf")) File.open("2.0.rss", "w") {|f| f.print(rss10.to_xml("2.0"))}

((<ruby-talk:197284>))

RSS::VERSION

"0.1.5"から"0.1.6"になりました。

2006-06-14

Process.getrlimit(resource) [new]
Process.setrlimit(resource, limit) [new]
Process.setrlimit(resource, cur_limit, max_limit) [new]
Process::RLIM_INFINITY
Process::RLIM_SAVED_MAX
Process::RLIM_SAVED_CUR
Process::RLIMIT_CORE
Process::RLIMIT_CPU
Process::RLIMIT_DATA
Process::RLIMIT_FSIZE
Process::RLIMIT_NOFILE
Process::RLIMIT_STACK
Process::RLIMIT_AS
Process::RLIMIT_MEMLOCK
Process::RLIMIT_NPROC
Process::RLIMIT_RSS
Process::RLIMIT_SBSIZE

追加 ((<ruby-dev:28729>))

2006-06-11

OptionParser#getopts [new]
tempfile の生成するテンポラリファイルの名前が <basename><pid>.<count> から <basename>.<pid>.<count> になりました ((<ruby-talk:196272>))

2006-06-07

configure --with-winsock2 [new]

mswin32版およびmingw32版で、従来のwinsock1に代わってwinsock2を利用する configureオプションが追加されました。

2006-06-02

#: IPSocket#recvfrom_nonblock [new] #: UNIXSocket#recvfrom_nonblock [new] : TCPServer#accept_nonblock [new] : UNIXServer#accept_nonblock [new]

((<ruby-core:7925>))

2006-05-22

IO#read_nonblock [new]
IO#write_nonblock [new]
Socket#connect_nonblock [new]
Socket#accept_nonblock [new]
Socket#recvfrom_nonblock [new]

((<ruby-core:7917>))

2006-02-21

File#link [bug]

mswin32版・mingw32版でFile#linkが動かなくなっていた不具合が修正されました。

2006-02-20

RbConfig [new]

((<rbconfig>)) が Config に加えて RbConfig を定義するようになりました。

2006-02-06

File#flock [bug]

cygwin版でRubyのスレッドが複数ある状態で、ロックせずにflock(File::LOCK_UN)すると止まってしまっていたのが修正されました。

2006-02-04

File#flock [bug]

mswin32版でRubyのスレッドが複数ある状態で、ロックせずにflock(File::LOCK_UN)すると止まってしまっていたのが修正されました。

2005-12-29

Thread [compat]

他から操作されない限り動き出さないにもかかわらず他から参照されていない thread は abort されるようになりました ((<ruby-dev:28154>))

参考

* ((<Changes in Ruby 1.8.5|URL:http://eigenclass.org/hiki.rb?ruby+1.8.5+changelog>))