Ruby 3.0.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > opensslライブラリ > OpenSSL::OCSP::BasicResponseクラス > add_status

instance method OpenSSL::OCSP::BasicResponse#add_status

add_status(cid, status, reason, revtime, thisupd, nextupd, exts) -> self[permalink][rdoc]

証明書の状態の問い合わせの結果をオブジェクトに追加します。

詳しくは OpenSSL::OCSP::BasicResponse#status を見てください。

[PARAM] cid:
問い合わせの(OpenSSL::OCSP::CertificateId オブジェクト)
[PARAM] status:
ステータスコード(整数)
[PARAM] reason:
失効理由コード(整数)
[PARAM] revtime:
失効時刻(Time オブジェクトもしくは nil)
[PARAM] thisupd:
最終更新時刻(Time オブジェクト)
[PARAM] nextupd:
次回更新時刻(Time オブジェクト)
[PARAM] exts:
拡張領域(OpenSSL::X509::Extension オブジェクトの配列)