Ruby 3.0.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > net/smtpライブラリ > Net::SMTPクラス > capable_auth_types

instance method Net::SMTP#capable_auth_types

capable_auth_types -> [String][permalink][rdoc]

接続したサーバで利用可能な認証を配列で返します。

返り値の配列の要素は、 'PLAIN', 'LOGIN', 'CRAM-MD5' です。

このメソッドは Net::SMTP#start などでセッションを開始した以降にしか正しい値を返しません。