Ruby 3.0.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > net/httpライブラリ > Net::HTTPクラス > Proxy

singleton method Net::HTTP.Proxy

Proxy(address, port = 80) -> Class[permalink][rdoc]

Proxy 経由で http サーバに接続するためのクラスを作成し返します。

このクラスは Net::HTTP を継承しているので Net::HTTP と全く同じように使えます。指定されたプロクシを常に経由して http サーバに接続します。

address が nil のときは Net::HTTP クラスをそのまま返します。

例1: Net::HTTP.new を使う

require 'net/http'
proxy_class = Net::HTTP::Proxy('proxy.example.com', 8080)
http = proxy_class.new('www.example.org')
http.start {|h|
  h.get('/ja/') # proxy.example.com 経由で接続します。
}

例2: Net::HTTP.start を使う

require 'net/http'
proxy_class = Net::HTTP::Proxy('proxy.example.com', 8080)
proxy_class.start('www.example.org') {|h|
  h.get('/ja/') # proxy.example.com 経由で接続します。
}
[PARAM] address:
プロクシのホスト名を文字列で与えます。
[PARAM] port:
プロクシのポート番号を与えます。