Ruby 3.0.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Methodクラス > inspect

instance method Method#inspect

inspect -> String[permalink][rdoc]
to_s -> String

self を読みやすい文字列として返します。

以下の形式の文字列を返します。

#<Method: klass1(klass2)#method(arg) foo.rb:2>    (形式1)

klass1 は、Method#inspect では、レシーバのクラス名、 UnboundMethod#inspect では、UnboundMethod オブジェクトの生成元となったクラス/モジュール名です。

klass2 は、実際にそのメソッドを定義しているクラス/モジュール名、 method は、メソッド名を表します。

arg は引数を表します。「foo.rb:2」は Method#source_location を表します。 source_location が nil の場合には付きません。



module Foo
  def foo
    "foo"
  end
end
class Bar
  include Foo
  def bar(a, b)
  end
end

p Bar.new.method(:foo)        # => #<Method: Bar(Foo)#foo() test.rb:2>
p Bar.new.method(:bar)        # => #<Method: Bar#bar(a, b) test.rb:8>

klass1 と klass2 が同じ場合は以下の形式になります。

#<Method: klass1#method() foo.rb:2>             (形式2)

特異メソッドに対しては、

#<Method: obj.method() foo.rb:2>                (形式3)
#<Method: klass1(klass2).method() foo.rb:2>     (形式4)

という形式の文字列を返します。二番目の形式では klass1 はレシーバ、 klass2 は実際にそのメソッドを定義しているオブジェクトになります。



# オブジェクトの特異メソッド
obj = ""
class <<obj
  def foo
  end
end
p obj.method(:foo)      # => #<Method: "".foo() foo.rb:4>

# クラスメソッド(クラスの特異メソッド)
class Foo
  def Foo.foo
  end
end
p .method(:foo)Foo      # => #<Method: Foo.foo() foo.rb:11>

# スーパークラスのクラスメソッド
class Bar < Foo
end
p Bar.method(:foo)      # => #<Method: Bar(Foo).foo() foo.rb:11>

# 以下は(形式1)の出力になる
module Baz
  def baz
  end
end

class <<obj
  include Baz
end
p obj.method(:baz)      # => #<Method: String(Baz)#baz() foo.rb:23>

[SEE_ALSO] Object#inspect