Ruby 2.7.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > socketライブラリ > BasicSocketクラス > setsockopt

instance method BasicSocket#setsockopt

setsockopt(level, optname, optval) -> 0[permalink][rdoc]
setsockopt(socketoption) -> 0

ソケットのオプションを設定します。setsockopt(2) を参照してください。

level, optname には Socket::SOL_SOCKET や Socket::SO_REUSEADDR といった整数値の他、文字列("SOL_SOCKET", prefixなしの "SOCKET")やシンボル(:SO_REUSEADDR, :REUSEADDR)を用いることができます。

optval には文字列、整数、真偽値(true or false)を渡すことができます。文字列の場合には setsockopt(2) にはその文字列と長さが渡されます。整数の場合はintへのポインタが渡されます。 true/falseの場合は0/1という整数と解釈され、そのメモリ領域の intポインタを渡します。

引数が1つの場合は Socket::Option で設定値を表現します。

require 'socket'

# 真偽値の場合
#setsockopt could be called like this:
sock.setsockopt(:SOCKET, :REUSEADDR, true)
sock.setsockopt(Socket::SOL_SOCKET,Socket::SO_REUSEADDR, true)
sock.setsockopt(Socket::Option.bool(:INET, :SOCKET, :REUSEADDR, true))

# 整数値の場合
#setsockopt could be called like this:
sock.setsockopt(:IP, :TTL, 255)
sock.setsockopt(Socket::IPPROTO_IP, Socket::IP_TTL, 255)
sock.setsockopt(Socket::Option.int(:INET, :IP, :TTL, 255))

# より複雑な場合
optval = IPAddr.new("224.0.0.251").hton +
         IPAddr.new(Socket::INADDR_ANY, Socket::AF_INET).hton
sock.setsockopt(Socket::IPPROTO_IP, Socket::IP_ADD_MEMBERSHIP, optval)
[PARAM] level:
setsockopt(2) の level を参照してください。
[PARAM] optname:
setsockopt(2) の option_name を参照してください。
[PARAM] optval:
設定値
[PARAM] socketoption:
設定値を表す Socket::Option オブジェクト
[EXCEPTION] Errno::EXXX:
オプションの設定に失敗した場合発生します。

[SEE_ALSO] BasicSocket#getsockopt