Ruby 2.7.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > drb/timeridconvライブラリ > DRb::TimerIdConvクラス

class DRb::TimerIdConv

クラスの継承リスト: DRb::TimerIdConv < DRb::DRbIdConv < Object < Kernel < BasicObject

要約

オブジェクトと識別子を相互に変換するクラスです。これによって識別子に変換されたオブジェクトは一定時間 GC から保護されます。

DRb::DRbIdConv では to_id で識別子に変換し、リモートに送られたオブジェクトは GC から保護されません。ローカルプロセスからの参照がなくなったオブジェクトは、リモートからの参照が生きていたとしても GC によって廃棄される可能性があります。このクラスを DRb::DRbIdConv の代わりに用いることで、 to_id でオブジェクトを識別子に変換してから一定時間(DRb::TimerIdConv.new の timeout で指定した秒数) の間はそのオブジェクトは GC されないことが保証されます。

このクラスを使う場合はどのタイミングでオブジェクトが識別子に変換されるかを注意する必要があります。基本的にはオブジェクトをリモートに送る直前に変換されます。

特異メソッド

定義 説明
new(timeout=600) -> DRb::TimerIdConv

TimerIdConv のインスタンスを生成して返します。

インスタンスメソッド

定義 説明
to_id(obj) -> Integer

オブジェクトを識別子に変換します。

to_obj(ref) -> Object

識別子をオブジェクトに変換します。

継承したメソッド

! != __id__ __send__ instance_eval instance_exec method_missing singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? send singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap then to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE