Ruby 2.6.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Stringクラス > tr

instance method String#tr

tr(pattern, replace) -> String[permalink][rdoc]

pattern 文字列に含まれる文字を検索し、それを replace 文字列の対応する文字に置き換えます。

pattern の形式は tr(1) と同じです。つまり、 `a-c' は a から c を意味し、"^0-9" のように文字列の先頭が `^' の場合は指定文字以外が置換の対象になります。

replace に対しても `-' による範囲指定が可能です。例えば String#upcase は tr を使って "foo".tr('a-z', 'A-Z') と書けます。

`-' は文字列の両端にない場合にだけ範囲指定の意味になります。 `^' も文字列の先頭にあるときにだけ否定の効果を発揮します。また、`-', `^', `\' はバックスラッシュ (`\') によりエスケープできます。

replace の範囲が pattern の範囲よりも小さい場合は、 replace の最後の文字が無限に続くものとして扱われます。

[PARAM] pattern:
置き換える文字のパターン
[PARAM] replace:
pattern で指定した文字を置き換える文字


    p "foo".tr("f", "X")      # => "Xoo"
    p "foo".tr('a-z', 'A-Z')  # => "FOO"
    p "FOO".tr('A-Z', 'a-z')  # => "foo"

[SEE_ALSO] String#tr_s