Ruby 2.6.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > psychライブラリ > Psychモジュール

module Psych

クラスの継承リスト: Psych

要約

yaml のバックエンドのためのモジュールです。

特異メソッド

定義 説明
dump(o, options = {}) -> String
dump(o, io, options = {}) -> ()

Ruby のオブジェクト o を YAML ドキュメントに変換します。

dump_stream(*objects) -> String

オブジェクト列を YAML ドキュメント列に変換します。

libyaml_version -> [Integer, Integer, Integer]

libyaml のバージョンを返します。

load(yaml, filename = nil, fallback: false, symbolize_names: false) -> object

YAML ドキュメントを Ruby のデータ構造(オブジェクト)に変換します。

load_file(filename) -> object

filename で指定したファイルを YAML ドキュメントとして Ruby のオブジェクトに変換します。

load_stream(yaml, filename=nil) -> [object]
load_stream(yaml, filename=nil) {|obj| ... } -> ()

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。

parse(yaml, filename = nil) -> Psych::Nodes::Document

YAML ドキュメントをパースし、YAML の AST を返します。

parse_file(filename) -> Psych::Nodes::Document

filename で指定したファイルをパースして YAML の AST を返します。

parse_stream(yaml) -> Psych::Nodes::Stream
parse_stream(yaml) {|node| ... } -> ()

YAML ドキュメントをパースします。 yaml が 複数の YAML ドキュメントを含む場合を取り扱うことができます。

parser -> Psych::Parser

デフォルトで使われるのパーサを返します。

safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil, symbolize_names: false) -> object

安全に YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

to_json(o) -> String

Ruby のオブジェクト o を JSON の文字列に変換します。

定数

定義 説明
LIBYAML_VERSION -> String

libyaml のバージョン。

VERSION -> String

Psych のバージョン。