Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > win32oleライブラリ > WIN32OLE_TYPEクラス

class WIN32OLE_TYPE

クラスの継承リスト: WIN32OLE_TYPE < Object < Kernel < BasicObject

要約

WIN32OLE_TYPEオブジェクトは、型情報ライブラリ(TypeLib)内に定義された 1つの型情報を保持します。

サンプルコード

require 'win32ole'

excel_app_type = WIN32OLE_TYPE.new('Microsoft Excel 14.0 Object Library', 'Application')
puts excel_app_type.progid # => "Excel.Application.14"

Ruby-1.9.1以降、WIN32OLE_TYPELIBオブジェクトの WIN32OLE_TYPELIB#ole_typesメソッドを利用して、型情報ライブラリ内に定義されているすべての型情報をWIN32OLE_TYPEオブジェクトの配列として取得できます。

@see WIN32OLE_TYPELIB

特異メソッド

定義 説明
new(libname, ole_class) -> WIN32OLE_TYPE

WIN32OLE_TYPEオブジェクトを生成します。

ole_classes(libname) -> [WIN32OLE_TYPE]

TypeLibで定義されているすべての型情報を取得します。

progids -> [String]

システムに登録されているすべてのコンポーネントクラスのPROGIDを取得します。

typelibs -> [String]

システムに登録されているすべてのTypeLibのドキュメント文字列を取得します。

インスタンスメソッド

定義 説明
default_event_sources -> [WIN32OLE_TYPE]

型が持つソースインターフェイスを取得します。

default_ole_types -> [WIN32OLE_TYPE]

型が持つデフォルトのインターフェイスを取得します。

guid -> String | nil

この型のGUID(グローバル一意識別子)を取得します。

helpcontext -> Integer | nil

この型に関連するヘルプファイルのトピックID(ヘルプコンテキスト)を取得します。

helpfile -> String | nil

オブジェクトに関連付けられたヘルプファイルのフルパス名。

helpstring -> String | nil

型のドキュメント文字列を取得します。

implemented_ole_types -> [WIN32OLE_TYPE]

この型が実装するインターフェイスを取得します。

inspect -> String

selfを説明的な文字列で表現します。

major_version -> Integer

型のメジャーバージョン番号を取得します。

minor_version -> Integer

型のマイナーバージョン番号を取得します。

name -> String
to_s -> String

selfの型名を取得します。

ole_methods -> [WIN32OLE_METHOD]

型が持つメソッドのメタデータを取得します。

ole_type -> String | nil

selfの型の種類(TYPEKIND)を取得します。

ole_typelib -> WIN32OLE_TYPELIB | nil

この型を登録してある型情報ライブラリ(TypeLib)を取得します。

progid -> String | nil

selfのPROGIDを取得します。

source_ole_types -> [WIN32OLE_TYPE]

型が持つソースインターフェイスを取得します。

src_type -> String | nil

selfが他の型の別名ならば、元の型名を取得します。

typekind -> Integer

selfの種類を示す値を取得します。

variables -> [WIN32OLE_VARIABLE]

型が持つ変数を取得します。

visible? -> bool

この型が公開されているかどうかを照会します。

継承したメソッド

! != __id__ __send__ instance_eval instance_exec method_missing singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? send singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_str trust untaint untrust untrusted? yield_self .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE