Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > win32oleライブラリ > WIN32OLE::VARIANTモジュール

module WIN32OLE::VARIANT

クラスの継承リスト: WIN32OLE::VARIANT

要約

OLEオートメーション型を指定するための定数を定義したモジュールです。

WIN32OLE::VARIANTは、WIN32OLE_VARIANTオブジェクトの作成時や、 WIN32OLE#_invokeなどのメソッド呼び出し時に、ユーザがRubyのオブジェクトの変換方法を指定するための定数を提供します。

これらの値は、COMの仕様で定義されたOLEオートメーション型と呼ばれる一連の型を決定する定数です。ただし、一部、OLEオートメーション非互換の型も定義されているため、利用時にはOLEオートメーション互換型のみを利用するようにしてください。

定数

定義 説明
VT_ARRAY -> Integer

配列(SafeArray)を示します(0x2000)。

VT_BOOL -> Integer

真偽値を示します(11)。

VT_BSTR -> Integer

文字列(BSTR)を示します(8)。

VT_BYREF -> Integer

参照を示します(0x4000)。

VT_CY -> Integer

通貨型(CURRENCY)を示します(6)。

VT_DATE -> Integer

日付型(DATE)を示します(7)。

VT_DISPATCH -> Integer

OLEオートメーションオブジェクトを示します(9)。

VT_EMPTY -> Integer

空(初期化状態)のオブジェクトを示します(0)。

VT_ERROR -> Integer

HRESULTを示します(10)。

VT_I1 -> Integer

符号付き8ビット整数(char)を示します(16)。

VT_I2 -> Integer

符号付き16ビット整数(short)を示します(2)。

VT_I4 -> Integer

符号付き32ビット整数(int)を示します(3)。

VT_INT -> Integer

符号付き整数(int)を示します(22)。

VT_NULL -> Integer

NULL型の値を示します(1)。

VT_PTR -> Integer

ポインタ型を示します(26)。

VT_R4 -> Integer

単精度浮動小数点数を示します(4)。

VT_R8 -> Integer

倍精度浮動小数点数を示します(5)。

VT_UI1 -> Integer

符号なし8ビット整数(unsigned char)を示します(17)。

VT_UI2 -> Integer

符号なし16ビット整数(unsigned short)を示します(18)。

VT_UI4 -> Integer

符号なし32ビット整数(unsigned int)を示します(19)。

VT_UINT -> Integer

符号なし整数(unsigned int)を示します(23)。

VT_UNKNOWN -> Integer

COMインターフェイスを示します(13)。

VT_USERDEFINED -> Integer

ユーザ定義型を示します(29)。

VT_VARIANT -> Integer

VARIANT型を示します(12)。