Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > opensslライブラリ > OpenSSL::X509::Extensionクラス

class OpenSSL::X509::Extension

クラスの継承リスト: OpenSSL::X509::Extension < Object < Kernel < BasicObject

要約

X.509 v3 証明書の拡張領域のためのクラスです。

OpenSSL::X509::Certificate オブジェクトはその拡張領域を Extension オブジェクトの配列として保持し、 OpenSSL::X509::Certificate#extensions でその配列が得られます。

このクラスのインスタンス生成は OpenSSL::ASN1::ASN1Data を取り扱う必要があり面倒です。 OpenSSL::X509::ExtensionFactory を用いることでインスタンスの生成を簡便に行うことができます。

参照

特異メソッド

定義 説明
new(der) -> OpenSSL::X509::Extension
new(oid, value, critical=false) -> OpenSSL::X509::Extension

OpenSSL::X509::Extension オブジェクトを生成します。

インスタンスメソッド

定義 説明
critical=(bool)

その拡張領域の重要度(critical)を真偽値で設定します。

critical? -> bool

その拡張領域の重要度(critical)を返します。

oid -> String

拡張領域の識別子(extnID)をOIDの文字列で返します。

oid=(oid)

拡張領域の識別子(extnID)をOIDの文字列で設定します。

to_a -> [String, String, bool]

拡張領域の内容を、[識別子(extnID), 値(extnValue), 重要度(critical)] という形で返します。

to_der -> String

DER 形式のバイト列に変換して返します。

to_h -> Hash

拡張領域の内容を、

{ "oid" => 識別子(extnID), "value" => 値(extnValue), "critical" => 重要度(critical) }

というハッシュで返します。

to_s -> String

拡張領域の内容を、文字列表現で返します。

value -> String

拡張領域の値(extnValue)を返します。

value=(value)

拡張領域の値(extnValue)を設定します。

継承したメソッド

! != __id__ __send__ instance_eval instance_exec method_missing singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? send singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_str trust untaint untrust untrusted? yield_self .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE