Ruby 2.5.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > rubygems/versionライブラリ > Gem::Versionクラス

class Gem::Version

クラスの継承リスト: Gem::Version < Comparable < Object < Kernel < BasicObject

要約

文字列で表現されたバージョンを比較可能 (Comparable) にするためのクラスです。

特異メソッド

定義 説明
correct?(version) -> bool

version が正しいバージョンであれば真を返します。そうでなければ偽を返します。

create(input) -> Gem::Version | nil

Gem::Version のインスタンスを作成するためのファクトリメソッドです。

インスタンスメソッド

定義 説明
self <=> other -> Integer | nil

self と other を比較して、self が大きい時に 1 等しい時に 0、小さい時に -1 の整数を返します。

bump -> Gem::Version

最後の一桁を切り上げた新しい Gem::Version のインスタンスを返します。

eql?(other) -> bool

self と other の Gem::Version#version が等しいとき真を返します。そうでなければ偽を返します。

marshal_dump -> Array

完全なオブジェクトではなく、バージョン文字列のみダンプします。

marshal_load(array) -> String

ダンプされた情報をロードします。

prerelease? -> bool

self がプレリリースと思われる文字を含むバージョンかどうかを返します。

release -> Gem::Version

self をリリースバージョンにした Gem::Version オブジェクトを返します。

to_s -> String

バージョン情報を文字列として返します。

version -> String

バージョン情報を文字列として返します。

version=(version)

self のバージョン情報を書き換えます。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec method_missing singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined < <= == > >= between? clamp !~ === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself method methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_str trust untaint untrust untrusted? yield_self .new .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE