Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > opensslライブラリ > OpenSSL::PKey::EC::Groupクラス

class OpenSSL::PKey::EC::Group

クラスの継承リスト: OpenSSL::PKey::EC::Group < Object < Kernel < BasicObject

要約

楕円曲線から定義される群を表すクラスです。

楕円曲線暗号のパラメータとしての役割をはたします。

特異メソッド

定義 説明
new(obj) -> OpenSSL::PKey::EC::Group
new(sym, p, a, b) -> OpenSSL::PKey::EC::Group

楕円曲線から定義される群を表すオブジェクトを生成します。

インスタンスメソッド

定義 説明
self == other -> bool
eql?(other) -> bool

自身が other と等しいときは true を返します。

asn1_flag -> Integer

自身に設定された ASN1 フラグを返します。

asn1_flag=(flags)

自身に ASN1 フラグを設定します。

cofactor -> OpenSSL::BN

余因子を返します。

curve_name -> String | nil

曲線の名前を文字列で返します。

degree -> Integer

群の定義の元となっている体の要素を表現するのに必要なビット数を返します。

generator -> OpenSSL::PKey::EC::Point

群の生成元を返します。

order -> OpenSSL::BN

生成元の位数を返します。

point_conversion_form -> Symbol

点のエンコーディング方式を返します。

point_conversion_form=(sym)

点のエンコーディング方式を設定します。

seed -> String | nil

seed を返します。

seed=(s)

seed を設定します。

set_generator(generator, order, cofactor) -> self

群のパラメータを設定します。

to_der -> String

自身を DER 形式の文字列に変換します。

to_pem -> String

自身を PEM 形式の文字列に変換します。

to_text -> String

自身を人間に可読な形式の文字列に変換します。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec method_missing singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE