Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Timeクラス > to_a

instance method Time#to_a

to_a -> Array[permalink][rdoc]

時刻を10要素の配列で返します。

その要素は順序も含めて以下の通りです。

t = Time.now
p t
p t.to_a
# => 2019-12-19 16:37:30 +0900
# => [30, 37, 16, 19, 12, 2019, 4, 353, false, "JST"]

要素の順序は C 言語の tm 構造体に合わせています。ただし、 tm 構造体に zone はありません。

注意: C 言語の tm 構造体とは異なり、month は 1 月に対して 1 を返し、year は 1998 年に対して 1998 を返します。また、 yday は 1 から数えます。