Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > opensslライブラリ > OpenSSL::OCSP::BasicResponseクラス > sign

instance method OpenSSL::OCSP::BasicResponse#sign

sign(signer_cert, signer_key, certs = [], flags=0) -> self[permalink][rdoc]

Response に署名します。

OCSP レスポンダ(もしくは CA)はレスポンスに署名をすることで、レスポンスの内容を保証します。

flags には以下の値の OR を渡すことができます。

certs に証明書の配列を渡すことで、この署名を検証するために必要となる別の証明書を付加することができます。

[PARAM] signer_cert:
署名者の証明書(OpenSSL::X509::Certificate オブジェクト)
[PARAM] signer_key:
証明に用いる秘密鍵(OpenSSL::PKey::PKey オブジェクト)
[PARAM] certs:
添付する証明書(OpenSSL::X509::Certificate オブジェクトの配列)
[PARAM] flags:
フラグ(整数)