Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > opensslライブラリ > OpenSSL::X509::Storeクラス

class OpenSSL::X509::Store

クラスの継承リスト: OpenSSL::X509::Store < Object < Kernel < BasicObject

要約

証明書ストアクラス。

証明書ストアとは証明書および CRL の集合です。証明書を検証する際、自身が所持している証明書から検証に必要な証明書を探し出す機能を提供しています。

特異メソッド

定義 説明
new -> OpenSSL::X509::Store

空の Store オブジェクトを生成します。

インスタンスメソッド

定義 説明
add_cert(cert) -> self

CA 証明書を信頼する証明書として証明書ストアに加えます。

add_crl(crl) -> self

信頼する CRL(証明書失効リスト) を証明書ストアに加えます。

add_file(file) -> self

ファイルに含まれる CA 証明書を信頼する証明書として証明書ストアに加えます。

add_path(path) -> self

path が指し示すディレクトリに含まれる証明書ファイルを信頼する証明書として加えます。

chain -> [OpenSSL::X509::Certificate] | nil

最後に OpenSSL::X509::Store#verify を呼び、検証したときのルート CA までの証明書のチェインを返します。

error -> Integer | nil

最後に OpenSSL::X509::Store#verify を呼び、検証したときのエラーコードを返します。

error_string -> String | nil

最後に OpenSSL::X509::Store#verify を呼び、検証したときのエラー文字列を返します。

flags=(flags)

CRL に関するフラグを設定します。

purpose=(purpose)

証明書の使用目的を設定します。

set_default_paths -> nil

システムに組込まれている証明書を読み込みます。

time=(time)

証明書の有効期限の検証に使う日時を設定します。

trust=(trust)

@todo

verify(cert, chain = nil) -> bool
verify(cert, chain = nil) {|ok, ctx| ... } -> bool

証明書を証明書ストアに存在する CA 証明書で検証します。

verify_callback -> Proc | nil

オブジェクトに設定されている検証をフィルタするコールバックを返します。

verify_callback=(proc)

検証をフィルタするコールバックを設定します。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method method_missing methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE