Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > rubygems/config_fileライブラリ > Gem::ConfigFileクラス

class Gem::ConfigFile

クラスの継承リスト: Gem::ConfigFile < Object < Kernel < BasicObject

要約

設定ファイルに書かれている gem コマンドのオプションをオブジェクトに保存するためのクラスです。

このクラスのインスタンスはハッシュのように振る舞います。

インスタンスメソッド

定義 説明
self[key] -> object

引数で与えられたキーに対応する設定情報を返します。

self[key] = value

引数で与えられたキーに対応する設定情報を自身に保存します。

args -> Array

設定ファイルオブジェクトに与えられたコマンドライン引数のリストを返します。

backtrace -> bool

エラー発生時にバックトレースを出力するかどうかを返します。

backtrace=(backtrace)

エラー発生時にバックトレースを出力するかどうか設定します。

benchmark -> bool

真の場合はベンチマークを実行します。そうでない場合は、ベンチマークを実行しません。

benchmark=(benchmark)

ベンチマークを実行するかどうか設定します。

bulk_threshold -> Integer

一括ダウンロードの閾値を返します。インストールしていない Gem がこの数値を越えるとき一括ダウンロードを行います。

bulk_threshold=(bulk_threshold)

一括ダウンロードの閾値を設定します。

config_file_name -> String

設定ファイルの名前を返します。

each {|key, value| ... } -> Hash

設定ファイルの各項目のキーと値をブロック引数として与えられたブロックを評価します。

handle_arguments(arg_list)

コマンドに渡された引数を処理します。

hash -> Hash

設定ファイルの各項目のキーと値を要素として持つハッシュです。

load_file(file_name) -> object

与えられたファイル名のファイルが存在すれば YAML ファイルとしてロードします。

path -> String

Gem を探索するパスを返します。

path=(path)

Gem を探索するパスをセットします。

really_verbose -> bool

このメソッドの返り値が真の場合は verbose モードよりも多くの情報を表示します。

update_sources -> bool

真の場合は Gem::SourceInfoCache を毎回更新します。そうでない場合は、キャッシュがあればキャッシュの情報を使用します。

update_sources=(update_sources)

Gem::SourceInfoCache を毎回更新するかどうか設定します。

verbose -> bool | Symbol

ログの出力レベルを返します。

verbose=(verbose_level)

ログの出力レベルをセットします。

write

自身を読み込んだ設定ファイルを書き換えます。

定数

定義 説明
DEFAULT_BACKTRACE -> false

バックトレースが表示されるかどうかのデフォルト値です。

DEFAULT_BENCHMARK -> false

ベンチマークを実行するかどうかのデフォルト値です。

DEFAULT_BULK_THRESHOLD -> 1000

一括ダウンロードをするかどうかのデフォルト値です。

DEFAULT_UPDATE_SOURCES -> true

毎回 Gem::SourceInfoCache を更新するかどうかのデフォルト値です。

DEFAULT_VERBOSITY -> true

ログレベルのデフォルト値です。

OPERATING_SYSTEM_DEFAULTS -> {}

Ruby をパッケージングしている人がデフォルトの設定値をセットするために使用します。

PLATFORM_DEFAULTS -> {}

Ruby の実装者がデフォルトの設定値をセットするために使用します。

SYSTEM_WIDE_CONFIG_FILE -> String

システム全体の設定ファイルのパスです。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec method_missing singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .new .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE