Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > gdbmライブラリ > GDBMクラス

class GDBM

クラスの継承リスト: GDBM < Enumerable < Object < Kernel < BasicObject

要約

GDBM ファイルをアクセスするクラス。

キー、データともに文字列でなければならないという制限と、データがファイルに保存されるという点を除いては Hash クラスと全く同様に扱うことができます。

特異メソッド

定義 説明
new(dbname, mode = 0666, flags = 0) -> GDBM

dbname で指定したデータベースをモードを mode に設定してオープンします。

open(dbname, mode = 0666, flags = 0) -> GDBM
open(dbname, mode = 0666, flags = 0) {|db| ... } -> object

dbname で指定したデータベースをモードを mode に設定してオープンします。

インスタンスメソッド

定義 説明
self[key] -> String

key をキーとする値を返します。

self[key] = value

key をキーとして、value を格納します。

cachesize=(size)

内部のキャッシュのサイズを指定します。

clear -> self

DBM ファイルを空にします。

close -> nil

DBM ファイルをクローズします。

closed? -> bool

DBM ファイルが既に閉じられている場合は、真を返します。そうでない場合は、偽を返します。

delete(key) -> object | nil
delete(key) {|key| ... } -> object

与えられた key に対応する項目を削除します。

delete_if { |key, value| ... } -> self
reject! { |key, value| ... } -> self

ブロックを評価した値が真であれば該当する項目を削除します。

each {|key, value| ... } -> self
each_pair {|key, value| ... } -> self

各要素に対するイテレータです。

each_key {|key| ... } -> self

全ての key に対して繰り返すイテレータです。

each_value {|value| ... } -> self

全ての value に対して繰り返すイテレータです。

empty? -> bool

データベースが空の時、真を返します。

fastmode=(bool)

オープンしている GDBM オブジェクトのモードを変更します。

fetch(key, ifnone = nil) {|key| ... } -> object

データベースから対応するキーを探してその要素の値を返します。

has_key?(key) -> bool
key?(key) -> bool
include?(key) -> bool
member?(key) -> bool

key がデータベース中に存在する時、真を返します。

has_value?(value) -> bool
value?(value) -> bool

value を値とする要素がデータベース中に存在する時、真を返します。

index(val) -> String

このメソッドは deprecated です。GDBM#key を使用してください。

invert -> Hash

値からキーへのハッシュを返します。

key(value) -> String | nil

与えられた値に対応するキーを返します。

keys -> [String]

データベース中に存在するキー全てを含む配列を返します。

length -> Integer
size -> Integer

データベース中の要素の数を返します。

reject {|key, value| ... } -> Hash

ブロックを評価した値が真であれば該当する要素を削除します。

reorganize -> self

DB ファイルの再編成を行います。

replace(other) -> self

self の内容を other の内容で置き換えます。

select {|key, value| ... } -> [[String]]

ブロックを評価して真になった要素のみを配列に格納して返します。

shift -> [String]

データベース中の要素を一つ取り出し、データベースから削除します。

store(key, val) -> [String]

key に対して val を格納します。

sync -> self

要素の変更をファイルに反映します。

syncmode=(bool)

オープンしている GDBM オブジェクトのモードを変更します。

to_a -> [[String]]

self の各要素を格納した配列を返します。

to_hash -> Hash

self の各要素を格納したハッシュを返します。

update(other) -> self

self と other の内容をマージします。

values -> [String]

データベース中に存在する値全てを含む配列を返します。

values_at(*keys) -> [String]

keys に対応する値を配列に格納して返します。

定数

定義 説明
FAST -> Integer

GDBM.open の第3引数に指定します。

NEWDB -> Integer

GDBM.open の第3引数に指定します。

NOLOCK -> Integer

GDBM.open の第3引数に指定します。

READER -> Integer

GDBM.open の第3引数に指定します。

SYNC -> Integer

GDBM.open の第3引数に指定します。

VERSION -> String

libgdbm のバージョン情報の文字列です。

WRCREAT -> Integer

GDBM.open の第3引数に指定します。

WRITER -> Integer

GDBM.open の第3引数に指定します。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec method_missing singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined all? any? chunk chunk_while collect collect_concat count cycle detect drop drop_while each_cons each_entry each_slice each_with_index each_with_object entries find_all find_index first grep grep_v group_by inject lazy max max_by min min_by minmax minmax_by none? one? partition reverse_each slice_after slice_before slice_when sort sort_by take take_while to_h to_set zip !~ <=> == === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_ary to_int to_io to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE