Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > drbライブラリ > DRbモジュール

module DRb

クラスの継承リスト: DRb

要約

drb ライブラリの名前空間となるモジュール。

モジュール関数

定義 説明
config -> { Symbol => Object }

カレントサーバの設定を返します。

current_server -> DRb::DRbServer

「カレントサーバ」を返します。

front -> object

カレントサーバのフロントオブジェクトを返します。

here?(uri) -> bool

uri がカレントサーバに紐付けられたものであれば真を返します。

install_acl(acl) -> ()

サーバ起動時の :acl オプションのデフォルト値を指定します。

install_id_conv(idconv) -> ()

サーバ起動時の :id_conv オプションのデフォルト値を指定します。

primary_server -> DRb::DRbServer|nil

ローカルプロセスのプライマリサーバーを返します。

primary_server=(server)

ローカルプロセスのプライマリサーバーを変更します。

start_service(uri=nil, front=nil, config_or_acl=nil) -> ()

dRuby のサービス(サーバ)を起動します。

stop_service -> ()

ローカルプロセス内の dRuby サーバ(プライマリサーバ)を停止します。

thread -> Thread|nil

プライマリサーバが動作しているスレッドを返します。

uri -> String

カレントサーバに紐付けられた URI を返します。