Ruby 2.1.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > rubygems/securityライブラリ > Gem::Securityモジュール

module Gem::Security

クラスの継承リスト: Gem::Security

要約

特異メソッド

定義 説明
add_trusted_cert(cert, options = {}) -> nil

信頼済み証明書リストに与えられた証明書を追加します。

build_cert(name, key, options = {}) -> OpenSSL::X509::Certificate

与えられた DN と秘密鍵を使用して証明書を作成します。

build_self_signed_cert(email_addr, options = {}) -> Hash

与えられたメールアドレスを元にして自己署名証明書を作成します。

sign_cert(cert, signing_key, signing_cert, options = {}) -> OpenSSL::X509::Certificate

与えられた署名用の鍵と証明書を用いて証明書に署名します。

verify_trust_dir(path, perms)

信頼するディレクトリが存在することを確認します。

定数

定義 説明
AlmostNoSecurity -> Gem::Security::Policy

ほとんどの検証を行わないポリシーです。

HighSecurity -> Gem::Security::Policy

高レベルのセキュリティポリシーです。

LowSecurity -> Gem::Security::Policy

低レベルのセキュリティのポリシーです。

MediumSecurity -> Gem::Security::Policy

中レベルのセキュリティポリシーです。

NoSecurity -> Gem::Security::Policy

セキュリティなしのポリシーです。

OPT -> Hash

ほとんどのメソッドで使用するデフォルトのオプションを返します。

Policies -> Hash

使用可能なポリシーの一覧を返します。