るりまサーチ (Ruby 2.6.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
16件ヒット [1-16件を表示] (0.029秒)
トップページ > バージョン:2.6.0[x] > クエリ:Psych::SyntaxError[x]

別のキーワード

  1. psych new
  2. psych any
  3. psych anchor
  4. psych tag
  5. psych anchor=

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

Psych::SyntaxError (69001.0)

YAML の文法エラーを表すクラスです。

YAML の文法エラーを表すクラスです。

Psych::SyntaxError#offset -> Integer (63037.0)

エラーが生じた位置の offset をバイト数で 返します。

エラーが生じた位置の offset をバイト数で
返します。

offset とは、
Psych::SyntaxError#line, Psych::SyntaxError#column
で指示される位置からの相対位置です。
この位置から 0 バイトの位置でエラーが発生することが多いため、
このメソッドはしばしば 0 を返します。

Psych::SyntaxError#column -> Integer (63001.0)

エラーが生じた行内の位置を返します。

エラーが生じた行内の位置を返します。

Psych::SyntaxError#context -> String (63001.0)

エラーが生じたコンテキストを文字列で返します。

エラーが生じたコンテキストを文字列で返します。

Psych::SyntaxError#file -> String|nil (63001.0)

エラーが生じたファイルの名前を返します。

エラーが生じたファイルの名前を返します。

Psych.load_file で指定したファイルの名前や
Psych.load の第2引数で指定した名前が返されます。
パース時にファイル名を指定しなかった場合は nil が返されます。

絞り込み条件を変える

Psych::SyntaxError#line -> Integer (63001.0)

エラーが生じた行番号を返します。

エラーが生じた行番号を返します。

Psych::SyntaxError#problem -> String (63001.0)

生じたエラーの中身を文字列で返します。

生じたエラーの中身を文字列で返します。

Psych.load(yaml, filename = nil, fallback: false, symbolize_names: false) -> object (55.0)

YAML ドキュメントを Ruby のデータ構造(オブジェクト)に変換します。

YAML ドキュメントを Ruby のデータ構造(オブジェクト)に変換します。

入力に複数のドキュメントが含まれている場合は、先頭のものを変換して
返します。

filename はパース中に発生した例外のメッセージに用います。


@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@param filename Psych::SyntaxError 発生時にファイル名として表示する文字列。
@param fallback 引数 yaml に空のYAMLを指定した場合の戻り値を指定します。デフォルトは false です。
@param symbolize_...

Psych.parse(yaml, filename = nil) -> Psych::Nodes::Document (55.0)

YAML ドキュメントをパースし、YAML の AST を返します。

YAML ドキュメントをパースし、YAML の AST を返します。

入力に複数のドキュメントが含まれている場合は、先頭のものを AST に変換して
返します。

filename はパース中に発生した例外のメッセージに用います。

AST については Psych::Nodes を参照してください。

@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@param filename Psych::SyntaxError 発生時にファイル名として表示する文字列。
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたと...

Psych.load_stream(yaml, filename=nil) -> [object] (37.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。

複数の YAML ドキュメントを含むデータを
Ruby のオブジェクトに変換します。

ブロックなしの場合はオブジェクトの配列を返します。

Psych.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") # => ['foo', 'bar']

ブロックありの場合は各オブジェクト引数としてそのブロックを呼び出します。
list = []
Psych.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") do |ruby|
list << ruby
end
list # => ['foo', 'bar']...

絞り込み条件を変える

Psych.load_stream(yaml, filename=nil) {|obj| ... } -> () (37.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。

複数の YAML ドキュメントを含むデータを
Ruby のオブジェクトに変換します。

ブロックなしの場合はオブジェクトの配列を返します。

Psych.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") # => ['foo', 'bar']

ブロックありの場合は各オブジェクト引数としてそのブロックを呼び出します。
list = []
Psych.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") do |ruby|
list << ruby
end
list # => ['foo', 'bar']...

Psych.load_documents(yaml) -> [object] (19.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。 このメソッドは deprecated です。Psych.load_stream を代わりに 使ってください。

複数の YAML ドキュメントを含むデータを
Ruby のオブジェクトに変換します。
このメソッドは deprecated です。Psych.load_stream を代わりに
使ってください。

@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたときに発生します

Psych.load_documents(yaml) {|obj| ... } -> () (19.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。 このメソッドは deprecated です。Psych.load_stream を代わりに 使ってください。

複数の YAML ドキュメントを含むデータを
Ruby のオブジェクトに変換します。
このメソッドは deprecated です。Psych.load_stream を代わりに
使ってください。

@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたときに発生します

Psych.load_file(filename) -> object (19.0)

filename で指定したファイルを YAML ドキュメントとして Ruby のオブジェクトに変換します。

filename で指定したファイルを YAML ドキュメントとして
Ruby のオブジェクトに変換します。

@param filename ファイル名
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたときに発生します

Psych.parse_file(filename) -> Psych::Nodes::Document (19.0)

filename で指定したファイルをパースして YAML の AST を返します。

filename で指定したファイルをパースして YAML の AST を返します。

@param filename パースするファイルの名前
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたときに発生します

絞り込み条件を変える

Psych.safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil, symbolize_names: false) -> object (19.0)

安全に YAML YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

安全に YAML YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

デフォルトでは以下のクラスのオブジェクトしか変換しません。

* TrueClass
* FalseClass
* NilClass
* Numeric
* String
* Array
* Hash

再帰的なデータ構造はデフォルトでは許可されていません。
任意のクラスを許可するには whitelist_classes を指定すると、
そのクラスが追加されます。例えば Date クラスを許可するには
以下のように書いてください:

Psych.safe_load(ya...