るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
3件ヒット [1-3件を表示] (0.013秒)

別のキーワード

  1. io/wait wait_writable
  2. tcltklib get_no_event_wait
  3. tcltklib set_no_event_wait
  4. conditionvariable wait
  5. io wait_writable

モジュール

キーワード

検索結果

Process.#wait2 -> [Integer, Process::Status] (45376.0)

子プロセスのうちのひとつが終了するまで待ち、終了した子プロセスの pid を返します。 wait2 は子プロセスの pid と終了ステータスを表す Process::Status オブジェクトの配列を返します。

子プロセスのうちのひとつが終了するまで待ち、終了した子プロセスの pid を返します。
wait2 は子プロセスの pid と終了ステータスを表す Process::Status オブジェクトの配列を返します。

$? に終了した子プロセスの Process::Status オブジェクトがセットされます。


@raise Errno::ECHILD 子プロセスが一つもなければ発生します。

pid = fork{ sleep 1 }
Process.wait2 #=> [2756, #<Process::Status: pid=2756,exited(0)>]

@see wait(2...

Process.#wait -> Integer (76.0)

子プロセスのうちのひとつが終了するまで待ち、終了した子プロセスの pid を返します。 wait2 は子プロセスの pid と終了ステータスを表す Process::Status オブジェクトの配列を返します。

子プロセスのうちのひとつが終了するまで待ち、終了した子プロセスの pid を返します。
wait2 は子プロセスの pid と終了ステータスを表す Process::Status オブジェクトの配列を返します。

$? に終了した子プロセスの Process::Status オブジェクトがセットされます。


@raise Errno::ECHILD 子プロセスが一つもなければ発生します。

pid = fork{ sleep 1 }
Process.wait2 #=> [2756, #<Process::Status: pid=2756,exited(0)>]

@see wait(2...

Process::Status (55.0)

プロセスの終了ステータスを表すクラスです。 メソッド Process.#wait2 などの返り値として使われます。

プロセスの終了ステータスを表すクラスです。
メソッド Process.#wait2 などの返り値として使われます。

=== 使用例

wait を使用した例

fork { exit }
Process.wait
case
when $?.signaled?
p "child #{$?.pid} was killed by signal #{$?.termsig}"
if $?.coredump? # システムがこのステータスをサポートしてなければ常にfalse
p "child #{$?.pid} dumped core."
end
...