るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1件ヒット [1-1件を表示] (0.018秒)

別のキーワード

  1. net/imap raw_data
  2. socket sock_raw
  3. socket ipproto_raw
  4. rexml/document raw
  5. io/console raw

クラス

検索結果

Random.raw_seed(size) -> String (54328.0)

プラットフォームの提供する機能を使って、文字列を返します。

プラットフォームの提供する機能を使って、文字列を返します。

@param size 結果の文字列のサイズをバイト数で指定します。

@return 返り値はバイナリ形式で、暗号的に安全な擬似乱数だと期待できます。
@return プラットフォームの提供する機能の準備に失敗した場合は nil を返します。

2017年の時点で、Linuxのmanpage(random(7))には「今日256ビット以上の
セキュリティを約束できる暗号化プリミティブが入手可能だとは期待できません」と
書いてあります。そのため、sizeとして32より大きい値を指定することには疑問の
余地があります。

例:

...