るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
5件ヒット [1-5件を表示] (0.014秒)

別のキーワード

  1. time nsec
  2. time tv_nsec
  3. _builtin nsec
  4. _builtin tv_nsec
  5. nsec time

クラス

キーワード

検索結果

Time#nsec -> Integer (54367.0)

時刻のナノ秒の部分を整数で返します。

時刻のナノ秒の部分を整数で返します。

t = Time.now #=> 2007-11-17 15:18:03 +0900
"%10.9f" % t.to_f #=> "1195280283.536151409"
t.nsec #=> 536151406

IEEE 754 浮動小数点数で表現できる精度が違うため、Time#to_fの最小
の桁とnsecの最小の桁は異なります。nsecで表される値の方が正確です。

Time#tv_nsec -> Integer (18367.0)

時刻のナノ秒の部分を整数で返します。

時刻のナノ秒の部分を整数で返します。

t = Time.now #=> 2007-11-17 15:18:03 +0900
"%10.9f" % t.to_f #=> "1195280283.536151409"
t.nsec #=> 536151406

IEEE 754 浮動小数点数で表現できる精度が違うため、Time#to_fの最小
の桁とnsecの最小の桁は異なります。nsecで表される値の方が正確です。

Time#<=>(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (43.0)

self と other の時刻を比較します。self の方が大きい場合は 1 を、等しい場合は 0 を、 小さい場合は -1 を返します。比較できない場合は、nil を返します。

self と other の時刻を比較します。self の方が大きい場合は 1 を、等しい場合は 0 を、
小さい場合は -1 を返します。比較できない場合は、nil を返します。

@param other 自身と比較したい時刻を Time オブジェクトで指定します。

例:
t = Time.now # => 2017-11-10 04:42:19 +0900
t2 = t + 2592000 # => 2017-12-10 04:42:19 +0900
t <=> t2 # => -1
t2 <=> t # => ...

Time.at(time, usec) -> Time (25.0)

time + (usec/1000000) の時刻を表す Time オブジェクトを返します。 浮動小数点の精度では不十分な場合に使用します。

time + (usec/1000000) の時刻を表す Time オブジェクトを返します。
浮動小数点の精度では不十分な場合に使用します。

生成された Time オブジェクトのタイムゾーンは地方時となります。

@param time 起算時からの経過秒数を表わす値をInteger、 Float、 Rational、または他のNumericで指定します。

@param usec マイクロ秒をInteger、 Float、 Rational、または他のNumericで指定します。

例:
Time.at(946684800, 123456.789).nsec # => 123456...

Time.at(time) -> Time (10.0)

time で指定した時刻の Time オブジェクトを返します。

time で指定した時刻の Time オブジェクトを返します。

引数が数値の場合、生成された Time オブジェクトのタイムゾーンは地方時となります。

@param time Time オブジェクト、もしくは起算時からの経過秒数を表わす数値で指定します。

例:
Time.at(0) # => 1970-01-01 09:00:00 +0900
Time.at(Time.at(0)) # => 1970-01-01 09:00:00 +0900
Time.at(Time.at(0).getutc) # => 1970-01-01 ...

絞り込み条件を変える