るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
21件ヒット [1-21件を表示] (0.015秒)

別のキーワード

  1. _builtin abs
  2. _builtin abs2
  3. bigdecimal abs
  4. float abs

検索結果

Complex#abs -> Numeric (54382.0)

自身の絶対値を返します。

自身の絶対値を返します。

以下の計算の結果を Float オブジェクトで返します。

sqrt(self.real ** 2 + self.imag **2)

//emlist[例][ruby]{
Complex(1, 2).abs # => 2.23606797749979
Complex(3, 4).abs # => 5.0
Complex('1/2', '1/2').abs # => 0.7071067811865476
//}

@see Complex#abs2

Integer#abs -> Integer (54364.0)

self の絶対値を返します。

self の絶対値を返します。

例:

-12345.abs # => 12345
12345.abs # => 12345
-1234567890987654321.abs # => 1234567890987654321

Numeric#abs -> Numeric (54364.0)

自身の絶対値を返します。

自身の絶対値を返します。

例:

12.abs #=> 12
(-34.56).abs #=> 34.56
-34.56.abs #=> 34.56

Float#abs -> Float (54346.0)

自身の絶対値を返します。

自身の絶対値を返します。

//emlist[例][ruby]{
34.56.abs # => 34.56
-34.56.abs # => 34.56
//}

Rational#abs -> Rational (54346.0)

自身の絶対値を返します。

自身の絶対値を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational(1, 2).abs # => (1/2)
Rational(-1, 2).abs # => (1/2)
//}

絞り込み条件を変える

Complex#abs2 -> Numeric (18382.0)

自身の絶対値の 2 乗を返します。

自身の絶対値の 2 乗を返します。

以下の計算の結果を返します。

self.real ** 2 + self.imag **2

//emlist[例][ruby]{
Complex(1, 1).abs2 # => 2
Complex(1.0, 1.0).abs2 # => 2.0
Complex('1/2', '1/2').abs2 # => (1/2)
//}

@see Complex#abs

Numeric#abs2 -> Numeric (18382.0)

自身の絶対値の 2 乗を返します。

自身の絶対値の 2 乗を返します。

例:

2.abs2 # => 4
-2.abs2 # => 4
2.0.abs2 # => 4
-2.0.abs2 # => 4

Numeric のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

File.absolute_path(file_name, dir_string=nil) -> String (18307.0)

file_name を絶対パスに変換した文字列を返します。

file_name を絶対パスに変換した文字列を返します。

相対パスの場合はカレントディレクトリを基準とします。
dir_string を渡した場合はそのディレクトリを基準とします。

File.expand_path と異なり、 file_name 先頭が "~" である場合
それは展開されません。普通のディレクトリ名として処理されます。

p Dir.getwd #=> "/home/matz/work/bar"
p ENV["HOME"] #=> "/home/matz"
p File.abs...

RubyVM::InstructionSequence#absolute_path -> String | nil (18307.0)

self が表す命令シーケンスの絶対パスを返します。

self が表す命令シーケンスの絶対パスを返します。

self を文字列から作成していた場合は nil を返します。

例1:irb で実行した場合

iseq = RubyVM::InstructionSequence.compile('num = 1 + 2')
# => <RubyVM::InstructionSequence:<compiled>@<compiled>>
iseq.absolute_path
# => nil

例2: RubyVM::InstructionSequence.compile_file を使用した場合

# /tmp/method....

Thread::Backtrace::Location#absolute_path -> String (18307.0)

self が表すフレームの絶対パスを返します。

self が表すフレームの絶対パスを返します。

@see Thread::Backtrace::Location#path

絞り込み条件を変える

Complex#magnitude -> Numeric (9082.0)

自身の絶対値を返します。

自身の絶対値を返します。

以下の計算の結果を Float オブジェクトで返します。

sqrt(self.real ** 2 + self.imag **2)

//emlist[例][ruby]{
Complex(1, 2).abs # => 2.23606797749979
Complex(3, 4).abs # => 5.0
Complex('1/2', '1/2').abs # => 0.7071067811865476
//}

@see Complex#abs2

Integer#magnitude -> Integer (9064.0)

self の絶対値を返します。

self の絶対値を返します。

例:

-12345.abs # => 12345
12345.abs # => 12345
-1234567890987654321.abs # => 1234567890987654321

Numeric#magnitude -> Numeric (9064.0)

自身の絶対値を返します。

自身の絶対値を返します。

例:

12.abs #=> 12
(-34.56).abs #=> 34.56
-34.56.abs #=> 34.56

Float#magnitude -> Float (9046.0)

自身の絶対値を返します。

自身の絶対値を返します。

//emlist[例][ruby]{
34.56.abs # => 34.56
-34.56.abs # => 34.56
//}

Rational#magnitude -> Rational (9046.0)

自身の絶対値を返します。

自身の絶対値を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational(1, 2).abs # => (1/2)
Rational(-1, 2).abs # => (1/2)
//}

絞り込み条件を変える

Numeric (43.0)

数値を表す抽象クラスです。Integer や Float などの数値クラス は Numeric のサブクラスとして実装されています。

数値を表す抽象クラスです。Integer や Float などの数値クラス
は Numeric のサブクラスとして実装されています。

演算や比較を行うメソッド(+, -, *, /, <=>)は Numeric のサブクラスで定義されま
す。Numeric で定義されているメソッドは、サブクラスで提供されているメソッド
(+, -, *, /, %) を利用して定義されるものがほとんどです。
つまり Numeric で定義されているメソッドは、Numeric のサブクラスとして新たに数値クラスを定義した時に、
演算メソッド(+, -, *, /, %, <=>, coerce)だけを定義すれ...

Object#method(name) -> Method (43.0)

オブジェクトのメソッド name をオブジェクト化した Method オブジェクトを返します。

オブジェクトのメソッド name をオブジェクト化した
Method オブジェクトを返します。

@param name メソッド名をSymbol またはStringで指定します。
@raise NameError 定義されていないメソッド名を引数として与えると発生します。

me = -365.method(:abs)
p me #=> #<Method: Integer#abs>
p me.call #=> 365

@see Module#instance_method, Method, Object#__send__, Kernel.#eval, Object#singl...

Object#__send__(name, *args) -> object (25.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

オブジェクトのメソッド name を args を引数に
して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

ブロック付きで呼ばれたときはブロックもそのまま引き渡します。

send が再定義された場合に備えて別名 __send__ も
用意されており、ライブラリではこちらを使うべきです。また
__send__ は再定義すべきではありません。

send, __send__ は、メソッドの呼び出し制限
にかかわらず任意のメソッドを呼び出せます。
d:spec/def#limit も参照してください。

@param name 文字列かSymbol で指定するメソッド名です。
@param arg...

Object#__send__(name, *args) { .... } -> object (25.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

オブジェクトのメソッド name を args を引数に
して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

ブロック付きで呼ばれたときはブロックもそのまま引き渡します。

send が再定義された場合に備えて別名 __send__ も
用意されており、ライブラリではこちらを使うべきです。また
__send__ は再定義すべきではありません。

send, __send__ は、メソッドの呼び出し制限
にかかわらず任意のメソッドを呼び出せます。
d:spec/def#limit も参照してください。

@param name 文字列かSymbol で指定するメソッド名です。
@param arg...

Object#send(name, *args) -> object (25.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

オブジェクトのメソッド name を args を引数に
して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

ブロック付きで呼ばれたときはブロックもそのまま引き渡します。

send が再定義された場合に備えて別名 __send__ も
用意されており、ライブラリではこちらを使うべきです。また
__send__ は再定義すべきではありません。

send, __send__ は、メソッドの呼び出し制限
にかかわらず任意のメソッドを呼び出せます。
d:spec/def#limit も参照してください。

@param name 文字列かSymbol で指定するメソッド名です。
@param arg...

絞り込み条件を変える

Object#send(name, *args) { .... } -> object (25.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

オブジェクトのメソッド name を args を引数に
して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

ブロック付きで呼ばれたときはブロックもそのまま引き渡します。

send が再定義された場合に備えて別名 __send__ も
用意されており、ライブラリではこちらを使うべきです。また
__send__ は再定義すべきではありません。

send, __send__ は、メソッドの呼び出し制限
にかかわらず任意のメソッドを呼び出せます。
d:spec/def#limit も参照してください。

@param name 文字列かSymbol で指定するメソッド名です。
@param arg...