るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
8件ヒット [1-8件を表示] (0.007秒)
トップページ > バージョン:2.4.0[x] > クラス:Struct::Tms[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

Struct::Tms#cstime -> Float (2.0)

終了した子プロセスのシステム CPU 時間の合計(秒)を返します。

終了した子プロセスのシステム CPU 時間の合計(秒)を返します。

Windows 上では常に 0 を返します。

Struct::Tms#cstime=(n) (2.0)

終了した子プロセスのシステム CPU 時間の合計(秒)をセットします。

終了した子プロセスのシステム CPU 時間の合計(秒)をセットします。

Struct::Tms#cutime -> Float (2.0)

終了した子プロセスのユーザー CPU 時間の合計(秒)を返します。

終了した子プロセスのユーザー CPU 時間の合計(秒)を返します。

Windows 上では常に 0 を返します。

Struct::Tms#cutime=(n) (2.0)

終了した子プロセスのユーザー CPU 時間の合計(秒)をセットします。

終了した子プロセスのユーザー CPU 時間の合計(秒)をセットします。

Struct::Tms#stime -> Float (2.0)

システム CPU 時間を返します。

システム CPU 時間を返します。

絞り込み条件を変える

Struct::Tms#stime=(n) (2.0)

システム CPU 時間をセットします。

システム CPU 時間をセットします。

Struct::Tms#utime -> Float (2.0)

ユーザー CPU 時間を返します。

ユーザー CPU 時間を返します。

Struct::Tms#utime=(n) (2.0)

ユーザー CPU 時間をセットします。

ユーザー CPU 時間をセットします。