るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
91件ヒット [1-91件を表示] (0.050秒)

別のキーワード

  1. psych mark
  2. multi-tk mark_trusted
  3. multitkip mark_trusted
  4. tcltklib _mark_at_exit
  5. mark line

モジュール

キーワード

検索結果

Psych::Parser#mark -> Psych::Parser::Mark (54658.0)

パーサが現在読み込んでいる入力上の位置を Psych::Parser::Mark オブジェクト で返します。

パーサが現在読み込んでいる入力上の位置を Psych::Parser::Mark オブジェクト
で返します。

TkEntry#mark(pos) (54307.0)

@todo

@todo

TkTextImage#mark (54307.0)

@todo

@todo

TkTextWindow#mark (54307.0)

@todo

@todo

TkText#mark_set(mark, index) (18616.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkText#set_mark(mark, index) (18616.0)

@todo

@todo

TkText#mark_gravity(mark, direction = nil) (18610.0)

@todo

@todo

TkText#mark_unset(*marks) (18610.0)

@todo

@todo

TkText#unset_mark(*marks) (18610.0)

@todo

@todo

Gem::ConfigFile#benchmark=(benchmark) (18604.0)

ベンチマークを実行するかどうか設定します。

ベンチマークを実行するかどうか設定します。

@param benchmark 真を指定するとベンチマークを実行するようになります。

絞り込み条件を変える

TkText#mark_next(index) (18310.0)

@todo

@todo

TkText#mark_previous(index) (18310.0)

@todo

@todo

TkText#next_mark(index) (18310.0)

@todo

@todo

TkText#previous_mark(index) (18310.0)

@todo

@todo

Gem::Specification#mark_version -> String (18307.0)

RubyGems のバージョンを内部にセットします。

RubyGems のバージョンを内部にセットします。

絞り込み条件を変える

MultiTkIp#mark_trusted(slave = '') (18307.0)

@todo

@todo

Tk::Tcllib::Tablelist#scan_mark(x, y) (18307.0)

@todo

@todo

TkCanvas#scan_mark(x, y) (18307.0)

@todo

@todo

TkPanedWindow#sash_mark(index, x, y) (18307.0)

@todo

@todo

TkText#dump_mark(*index) { ... } (18307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkText#mark_names (18307.0)

@todo

@todo

TkTextWin#scan_mark(x, y) (18307.0)

@todo

@todo

Gem::ConfigFile#benchmark -> bool (18304.0)

真の場合はベンチマークを実行します。 そうでない場合は、ベンチマークを実行しません。

真の場合はベンチマークを実行します。
そうでない場合は、ベンチマークを実行しません。

RDoc::Options#markup -> String (18304.0)

コマンドライン引数の --markup オプションで指定したフォーマットを返しま す。

コマンドライン引数の --markup オプションで指定したフォーマットを返しま
す。

指定されていない場合は 'rdoc' を返します。

RDoc::Options#markup=(val) (18304.0)

コマンドライン引数の --markup オプションと同様の指定を行います。

コマンドライン引数の --markup オプションと同様の指定を行います。

@param val フォーマットを文字列で指定します。

絞り込み条件を変える

RDoc::Text#markup(text) -> String (18304.0)

引数を整形します。

引数を整形します。

include したクラスに self#formatter メソッドが必要です。

@param text 文字列を指定します。

RDoc::Markdown#parse(markdown) -> RDoc::Markup::Document (9604.0)

引数 markdown で指定したドキュメントを解析して RDoc::Markup::Document オブジェクトを返します。

引数 markdown で指定したドキュメントを解析して
RDoc::Markup::Document オブジェクトを返します。

@param markdown 解析の対象になるドキュメントを文字列で指定します。

Benchmark::Report#item(label = "", *fmt) { ... } -> Benchmark::Tms (9304.0)

ラベルと与えられたブロックの実行時間を標準出力に出力します。

ラベルと与えられたブロックの実行時間を標準出力に出力します。

出力のフォーマットは Benchmark::Tms#format が行います。

@param label ラベル
@param fmt 結果に出力したいオブジェクト

@see Benchmark::Tms#format

Benchmark::Report#list -> [Benchmark::Tms] (9304.0)

Benchmark::Report#item 実行時に作成された Benchmark::Tms オ ブジェクトの一覧を返します。

Benchmark::Report#item 実行時に作成された Benchmark::Tms オ
ブジェクトの一覧を返します。

@see Benchmark::Report#item

Benchmark::Report#report(label = "", *fmt) { ... } -> Benchmark::Tms (9304.0)

ラベルと与えられたブロックの実行時間を標準出力に出力します。

ラベルと与えられたブロックの実行時間を標準出力に出力します。

出力のフォーマットは Benchmark::Tms#format が行います。

@param label ラベル
@param fmt 結果に出力したいオブジェクト

@see Benchmark::Tms#format

絞り込み条件を変える

Benchmark::Tms#*(x) -> Benchmark::Tms (9304.0)

self と x の乗算を計算します。

self と x の乗算を計算します。

@param x Benchmark::Tms のオブジェクトか Float に暗黙の変換ができるオブジェクトです。

@return 計算結果は新しい Benchmark::Tms オブジェクトです。

@see Benchmark::Tms#memberwise

Benchmark::Tms#+(x) -> Benchmark::Tms (9304.0)

self と x の加算を計算します。

self と x の加算を計算します。

@param x Benchmark::Tms のオブジェクトか Float に暗黙の変換ができるオブジェクトです。

@return 計算結果は新しい Benchmark::Tms オブジェクトです。

@see Benchmark::Tms#memberwise

Benchmark::Tms#-(x) -> Benchmark::Tms (9304.0)

self と x の減算を計算します。

self と x の減算を計算します。

@param x Benchmark::Tms のオブジェクトか Float に暗黙の変換ができるオブジェクトです。

@return 計算結果は新しい Benchmark::Tms オブジェクトです。

@see Benchmark::Tms#memberwise

Benchmark::Tms#/(x) -> Benchmark::Tms (9304.0)

self と x の除算を計算します。

self と x の除算を計算します。

@param x Benchmark::Tms のオブジェクトか Float に暗黙の変換ができるオブジェクトです。

@return 計算結果は新しい Benchmark::Tms オブジェクトです。

@see Benchmark::Tms#memberwise

Benchmark::Tms#add { ... } -> Benchmark::Tms (9304.0)

与えられたブロックの実行時間を self に加算して 新しい Benchmark::Tms オブジェクトを生成して返します。

与えられたブロックの実行時間を self に加算して
新しい Benchmark::Tms オブジェクトを生成して返します。

@see Benchmark.#measure

絞り込み条件を変える

Benchmark::Tms#memberwise(op, x) -> Benchmark::Tms (9304.0)

Benchmark::Tms の四則演算を実行するために内部で使用されるメソッドです。

Benchmark::Tms の四則演算を実行するために内部で使用されるメソッドです。

@param op 演算子をシンボルで与えます。
@param x Benchmark::Tms のオブジェクトか Float に暗黙の変換ができるオブジェクトです。

@return 計算結果は新しい Benchmark::Tms オブジェクトです。

Benchmark::Job#item(label = "") { ... } -> self (9004.0)

与えられたラベルとブロックをジョブリストに登録します。

与えられたラベルとブロックをジョブリストに登録します。

@param label ラベル

Benchmark::Job#list -> [String, Proc] (9004.0)

登録されているジョブのリストを返します。

登録されているジョブのリストを返します。

それぞれの要素は、ラベルとブロックからなる二要素の配列です。

Benchmark::Job#report(label = "") { ... } -> self (9004.0)

与えられたラベルとブロックをジョブリストに登録します。

与えられたラベルとブロックをジョブリストに登録します。

@param label ラベル

Benchmark::Job#width -> Integer (9004.0)

Benchmark::Job#list のサイズ。

Benchmark::Job#list のサイズ。

絞り込み条件を変える

Benchmark::Tms#add! { ... } -> self (9004.0)

与えられたブロックの実行時間を self に加算して返します。

与えられたブロックの実行時間を self に加算して返します。

このメソッドは self を破壊的に変更します。

@see Benchmark.#measure

Benchmark::Tms#cstime -> Float (9004.0)

子プロセスの System CPU time

子プロセスの System CPU time

Benchmark::Tms#cutime -> Float (9004.0)

子プロセスの User CPU time

子プロセスの User CPU time

Benchmark::Tms#format(fmtstr = nil, *args) -> String (9004.0)

self を指定されたフォーマットで整形して返します。

self を指定されたフォーマットで整形して返します。

このメソッドは Kernel.#format のようにオブジェクトを整形しますが、
以下の拡張を使用することができます。

: %u
user CPU time で置き換えられます。Benchmark::Tms#utime
: %y
system CPU time で置き換えられます(Mnemonic: y of "s*y*stem")。Benchmark::Tms#stime
: %U
子プロセスの user CPU time で置き換えられます。Benchmark::Tms#cutime
: %Y
子プロセスの s...

Benchmark::Tms#label -> String (9004.0)

ラベル。

ラベル。

絞り込み条件を変える

Benchmark::Tms#real -> Float (9004.0)

実経過時間。

実経過時間。

Benchmark::Tms#stime -> Float (9004.0)

System CPU time

System CPU time

Benchmark::Tms#to_a -> Array (9004.0)

6 要素の配列を返します。

6 要素の配列を返します。

要素は以下の順番で配列に格納されています。
* ラベル
* user CPU time
* system CPU time,
* 子プロセスの user CPU time
* 子プロセスの system CPU time,
* 実経過時間

Benchmark::Tms#to_s -> String (9004.0)

引数を省略して Benchmark::Tms#format を呼び出すのと同じです。

引数を省略して Benchmark::Tms#format を呼び出すのと同じです。

Benchmark::Tms#total -> Float (9004.0)

合計時間。(utime + stime + cutime + cstime)

合計時間。(utime + stime + cutime + cstime)

絞り込み条件を変える

Benchmark::Tms#utime -> Float (9004.0)

User CPU time

User CPU time

Psych::Parser::Mark#column -> Integer (9004.0)

行の先頭からの文字数。

行の先頭からの文字数。

Psych::Parser::Mark#index -> Integer (9004.0)

先頭からの文字数。

先頭からの文字数。

Psych::Parser::Mark#line -> Integer (9004.0)

先頭からの行数。

先頭からの行数。

RDoc::Markdown#break_on_newline -> bool (9004.0)

改行を保持した状態で出力するかどうかを返します。

改行を保持した状態で出力するかどうかを返します。

デフォルトでは false を返します。

絞り込み条件を変える

RDoc::Markdown#break_on_newline=(val) (9004.0)

改行を保持した状態で出力するかどうかを設定します。

改行を保持した状態で出力するかどうかを設定します。

RDoc::Markdown#css -> bool (9004.0)

CSS を記述した場合に出力に含めるかどうかを返します。

CSS を記述した場合に出力に含めるかどうかを返します。

デフォルトでは false を返します。

RDoc::Markdown#css=(val) (9004.0)

CSS を記述した場合に出力に含めるかどうかを設定します。

CSS を記述した場合に出力に含めるかどうかを設定します。

RDoc::Markdown#definition_lists -> bool (9004.0)

定義リストを解釈するかどうかを返します。

定義リストを解釈するかどうかを返します。

デフォルトでは true を返します。

RDoc::Markdown#definition_lists=(val) (9004.0)

定義リストを解釈するかどうかを設定します。

定義リストを解釈するかどうかを設定します。

絞り込み条件を変える

RDoc::Markdown#extension(name, enable) -> () (9004.0)

引数 name で指定した拡張の有効/無効を設定します。

引数 name で指定した拡張の有効/無効を設定します。

@param name 拡張の名前を Symbol で指定します。

@param enable 有効にする場合は true を、無効にする場合は false を指定し
ます。

RDoc::Markdown#extension?(name) (9004.0)

引数 name で指定した拡張が有効かどうかを返します。

引数 name で指定した拡張が有効かどうかを返します。

@param name 拡張の名前を Symbol で指定します。

RDoc::Markdown#github -> bool (9004.0)

Github Flavored Markdown 拡張の一部を有効にして出力を行うかどうかを返し ます。

Github Flavored Markdown 拡張の一部を有効にして出力を行うかどうかを返し
ます。

デフォルトでは true を返します。

RDoc::Markdown#github=(val) (9004.0)

Github Flavored Markdown 拡張の一部を有効にして出力を行うかどうかを設定 します。

Github Flavored Markdown 拡張の一部を有効にして出力を行うかどうかを設定
します。

RDoc::Markdown#html -> bool (9004.0)

HTML を記述した場合にそのまま出力するかどうかを返します。

HTML を記述した場合にそのまま出力するかどうかを返します。

デフォルトでは true を返します。

絞り込み条件を変える

RDoc::Markdown#html=(val) (9004.0)

HTML を記述した場合にそのまま出力するかどうかを設定します。

HTML を記述した場合にそのまま出力するかどうかを設定します。

RDoc::Markdown#notes -> bool (9004.0)

脚注の出力を有効にするかどうかを返します。

脚注の出力を有効にするかどうかを返します。

デフォルトでは true を返します。

RDoc::Markdown#notes=(val) (9004.0)

脚注の出力を有効にするかどうかを設定します。

脚注の出力を有効にするかどうかを設定します。

RDoc::Markup#add_html(tag, name) -> () (9004.0)

tag で指定したタグをフォーマットの対象にします。

tag で指定したタグをフォーマットの対象にします。

@param tag 追加するタグ名を文字列で指定します。大文字、小文字のど
ちらを指定しても同一のものとして扱われます。

@param name SM::ToHtml などのフォーマッタに識別させる時の名前を
Symbol で指定します。

例:

require 'rdoc/markup/simple_markup'
require 'rdoc/markup/simple_markup/to_html'
m = SM::SimpleMarkup.new
m.add_ht...

RDoc::Markup#add_special(pattern, name) -> () (9004.0)

pattern で指定した正規表現にマッチする文字列をフォーマットの対象にしま す。

pattern で指定した正規表現にマッチする文字列をフォーマットの対象にしま
す。

例えば WikiWord のような、SM::SimpleMarkup#add_word_pair、
SM::SimpleMarkup#add_html でフォーマットできないものに対して使用
します。

@param pattern 正規表現を指定します。

@param name SM::ToHtml などのフォーマッタに識別させる時の名前を
Symbol で指定します。

例:

require 'rdoc/markup/simple_markup'
require '...

絞り込み条件を変える

RDoc::Markup#add_word_pair(start, stop, name) -> () (9004.0)

start と stop ではさまれる文字列(例. *bold*)をフォーマットの対象にしま す。

start と stop ではさまれる文字列(例. *bold*)をフォーマットの対象にしま
す。

@param start 開始となる文字列を指定します。

@param stop 終了となる文字列を指定します。start と同じ文字列にする事も
可能です。

@param name SM::ToHtml などのフォーマッタに識別させる時の名前を
Symbol で指定します。

@raise RuntimeError start に "<" で始まる文字列を指定した場合に発生します。

例:

require 'rdoc/markup/...

RDoc::Markup#attribute_manager -> RDoc::AttributeManager (9004.0)

自身の RDoc::AttributeManager オブジェクトを返します。

自身の RDoc::AttributeManager オブジェクトを返します。

RDoc::Markup#content -> String (9004.0)

変換する文字列を返します。

変換する文字列を返します。

rdoc ライブラリのデバッグ用途に使用します。
SM::SimpleMarkup#convert の後に実行します。

変換のために加工したオブジェクトを改行で連結したものを返すため、変換前
の文字列と結果が異なる事があります。

@see SM::SimpleMarkup#convert

RDoc::Markup#convert(str, formatter) -> object | "" (9004.0)

str で指定された文字列を formatter に変換させます。

str で指定された文字列を formatter に変換させます。

@param str 変換する文字列を指定します。

@param formatter SM::ToHtml、SM::ToLaTeX などのインスタンス
を指定します。

変換結果は formatter によって文字列や配列を返します。

RDoc::Markup#get_line_types -> [Symbol] (9004.0)

変換する文字列の各行のタイプを Symbol の配列で返します。

変換する文字列の各行のタイプを Symbol の配列で返します。

rdoc ライブラリのデバッグ用途に使用します。
SM::SimpleMarkup#convert の後に実行します。

@see SM::SimpleMarkup#convert

絞り込み条件を変える

RDoc::Markup::Formatter#add_tag(name, start, stop) -> () (9004.0)

name で登録された規則で取得された文字列を start と stop で囲むように指 定します。

name で登録された規則で取得された文字列を start と stop で囲むように指
定します。

@param name RDoc::Markup::ToHtml などのフォーマッタに識別させる時
の名前を Symbol で指定します。

@param start 開始の記号を文字列で指定します。

@param stop 終了の記号を文字列で指定します。

例:

require 'rdoc/markup/to_html'

# :STRIKE のフォーマットを <strike> 〜 </strike> に指定。
h = RDoc::Markup:...

RDoc::Markup::Formatter#convert(content) -> () (9004.0)

content で指定された文字列を変換します。

content で指定された文字列を変換します。

@param content 変換する文字列を指定します。

RDoc::Parser::Markdown#scan -> RDoc::TopLevel (9004.0)

Markdown 形式で記述されたファイルを解析します。

Markdown 形式で記述されたファイルを解析します。

@return RDoc::TopLevel オブジェクトを返します。

TkTextMark#destroy (9004.0)

@todo

@todo

TkTextMark#exist? (9004.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkTextMark#gravity (9004.0)

@todo

@todo

TkTextMark#gravity=(direction) (9004.0)

@todo

@todo

TkTextMark#id (9004.0)

@todo

@todo

TkTextMark#next(index = nil) (9004.0)

@todo

@todo

TkTextMark#pos (9004.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkTextMark#pos=(where) (9004.0)

@todo

@todo

TkTextMark#previous(index = nil) (9004.0)

@todo

@todo

TkTextMark#set(where) (9004.0)

@todo

@todo

TkTextMark#unset (9004.0)

@todo

@todo

GC#garbage_collect(full_mark: true, immediate_sweep: true) -> nil (325.0)

ガーベージコレクトを開始します。

ガーベージコレクトを開始します。

GC.start や ObjectSpace.#garbage_collect と同じ働きをします。
GC.disable により GC が禁止されている場合でもガベージコレクトを開始します。

nil を返します。

@param full_mark マイナー GC を動作させる場合は false を、そうでない場
合は true を指定します。

@param immediate_sweep sweep を遅らせる(Lazy Sweep を行う)場合は false
を、そう...

絞り込み条件を変える

RDoc::Text#parse(text) -> RDoc::Markup::Document | Array (304.0)

引数から RDoc::Text#normalize_comment でスペースや改行文字などを削 除した後に解析を行います。

引数から RDoc::Text#normalize_comment でスペースや改行文字などを削
除した後に解析を行います。

@param text 文字列を指定します。

@see RDoc::Text#normalize_comment