るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
158件ヒット [1-100件を表示] (0.049秒)

別のキーワード

  1. date ld
  2. ld date

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Date#ld -> Integer (54307.0)

リリウス日を返します。

リリウス日を返します。

Gem::Builder#build -> String (27304.0)

スペックから Gem を作成する。

スペックから Gem を作成する。

@return 作成したファイル名を返します。

REXML::XMLDecl#xmldecl(version, encoding, standalone) -> () (27304.0)

内容を更新します。

内容を更新します。

@param version バージョン(文字列)
@param encoding エンコーディング(文字列 or nil)
@param standalone スタンドアロン文章かどうか("yes", "no", nil)

Gem::ConfigFile#bulk_threshold=(bulk_threshold) (18604.0)

一括ダウンロードの閾値を設定します。

一括ダウンロードの閾値を設定します。

@param bulk_threshold 数値を指定します。

REXML::Parent#children -> [REXML::Child] (18604.0)

子ノード列の配列を返します。

子ノード列の配列を返します。

絞り込み条件を変える

TSort#tsort_each_child(node) {|child| ...} -> () (18604.0)

TSort で拡張されるクラスで定義されていなければならないメソッドです。

TSort で拡張されるクラスで定義されていなければならないメソッドです。

tsort_each_child is used to iterate for child nodes of node.

@param node ノードを指定します。

@raise NotImplementedError TSort で拡張されるクラスで定義されていない場合発生します。

CGI::HtmlExtension#file_field(attributes) -> String (18304.0)

タイプが file である input 要素を生成します。

タイプが file である input 要素を生成します。

@param attributes 属性をハッシュで指定します。

例:
file_field({ "NAME" => "name", "SIZE" => 40 })
# <INPUT TYPE="file" NAME="name" SIZE="40">

CGI::HtmlExtension#file_field(name = "", size = 20, maxlength = nil) -> String (18304.0)

タイプが file である input 要素を生成します。

タイプが file である input 要素を生成します。

@param name name 属性の値を指定します。

@param size size 属性の値を指定します。

@param maxlength maxlength 属性の値を指定します。

例:
file_field("name")
# <INPUT TYPE="file" NAME="name" SIZE="20">

file_field("name", 40)
# <INPUT TYPE="file" NAME="name" SIZE="40">

file_field("na...

CGI::HtmlExtension#password_field(attributes) -> String (18304.0)

タイプが password である input 要素を生成します。

タイプが password である input 要素を生成します。

@param attributes 属性をハッシュで指定します。

例:
password_field({ "NAME" => "name", "VALUE" => "value" })
# <INPUT TYPE="password" NAME="name" VALUE="value">

CGI::HtmlExtension#password_field(name = "", value = nil, size = 40, maxlength = nil) -> String (18304.0)

タイプが password である input 要素を生成します。

タイプが password である input 要素を生成します。

@param name name 属性の値を指定します。

@param value 属性の値を指定します。

@param size size 属性の値を指定します。

@param maxlength maxlength 属性の値を指定します。

例:
password_field("name")
# <INPUT TYPE="password" NAME="name" SIZE="40">

password_field("name", "value")
# <INPUT TYPE="passw...

絞り込み条件を変える

CGI::HtmlExtension#text_field(attributes) -> String (18304.0)

タイプが text である input 要素を生成します。

タイプが text である input 要素を生成します。

@param attributes 属性をハッシュで指定します。

text_field({ "NAME" => "name", "VALUE" => "value" })
# <INPUT TYPE="text" NAME="name" VALUE="value">

CGI::HtmlExtension#text_field(name = "", value = nil, size = 40, maxlength = nil) -> String (18304.0)

タイプが text である input 要素を生成します。

タイプが text である input 要素を生成します。

@param name name 属性の値を指定します。

@param value 属性の値を指定します。

@param size size 属性の値を指定します。

@param maxlength maxlength 属性の値を指定します。

例:
text_field("name")
# <INPUT TYPE="text" NAME="name" SIZE="40">

text_field("name", "value")
# <INPUT TYPE="text" NAME="name" V...

CSV#field_size_limit -> Integer (18304.0)

フィールドサイズの最大値を返します。

フィールドサイズの最大値を返します。

//emlist[例][ruby]{
require "csv"

csv = CSV.new(DATA)
csv.field_size_limit # => nil
p csv.read # => [["a", "b"], ["\n2\n2\n", ""]]

DATA.rewind
csv = CSV.new(DATA, field_size_limit: 4)
p csv.field_size_limit # => 4
csv.read # => #<CSV::MalformedCSVError: Field size exceeded on l...

CSV#unconverted_fields? -> bool (18304.0)

パースした結果が unconverted_fields というメソッドを持つ場合に真を返します。 そうでない場合は、偽を返します。

パースした結果が unconverted_fields というメソッドを持つ場合に真を返します。
そうでない場合は、偽を返します。


@see CSV.new

CSV::Row#field?(data) -> bool (18304.0)

自身に与えられた値が含まれている場合は真を返します。 そうでない場合は偽を返します。

自身に与えられた値が含まれている場合は真を返します。
そうでない場合は偽を返します。

@param data この行に含まれているかどうか調べたい値を指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "csv"

row = CSV::Row.new(["header1", "header2", "header3", "header4"], [1, 2, 3, 4])
row.field?(1) # => true
row.field?(5) # => false
//}

絞り込み条件を変える

CSV::Row#field_row? -> bool (18304.0)

フィールド行であれば真を返します。そうでなければ偽を返します。

フィールド行であれば真を返します。そうでなければ偽を返します。

//emlist[例][ruby]{
require "csv"

header_row = CSV::Row.new(["header1", "header2"], [], true)
row = CSV::Row.new(["header1", "header2"], [1, 2])
header_row.field_row? # => false
row.field_row? # => true
//}

CSV::Row#fields(*headers_and_or_indices) -> Array (18304.0)

与えられた引数に対応する値の配列を返します。

与えられた引数に対応する値の配列を返します。

要素の探索に CSV::Row.field を使用しています。

@param headers_and_or_indices ヘッダの名前かインデックスか Range
のインスタンスか第 1 要素がヘッダの名前で
第 2 要素がオフセットになっている 2 要素
の配列をいくつでも指定します。混在するこ
とがで...

File::Stat#world_readable? -> Integer | nil (18304.0)

If stat is readable by others, returns an integer representing the file permission bits of stat. Returns nil otherwise. The meaning of the bits is platform dependent; on Unix systems, see stat(2).

If stat is readable by others, returns an integer representing
the file permission bits of stat. Returns nil otherwise. The
meaning of the bits is platform dependent; on Unix systems, see
stat(2).

m = File.stat("/etc/passwd").world_readable? # => 420
sprintf("%o", m) ...

File::Stat#world_writable? -> Integer | nil (18304.0)

If stat is writable by others, returns an integer representing the file permission bits of stat. Returns nil otherwise. The meaning of the bits is platform dependent; on Unix systems, see stat(2).

If stat is writable by others, returns an integer representing
the file permission bits of stat. Returns nil otherwise. The
meaning of the bits is platform dependent; on Unix systems, see
stat(2).

m = File.stat("/tmp").world_writable? # => 511
sprintf("%o", m) ...

Gem::ConfigFile#bulk_threshold -> Integer (18304.0)

一括ダウンロードの閾値を返します。 インストールしていない Gem がこの数値を越えるとき一括ダウンロードを行います。

一括ダウンロードの閾値を返します。
インストールしていない Gem がこの数値を越えるとき一括ダウンロードを行います。

絞り込み条件を変える

Gem::Indexer#build_indices (18304.0)

インデックスを構築します。

インデックスを構築します。

Gem::Installer#build_extensions (18304.0)

拡張ライブラリをビルドします。

拡張ライブラリをビルドします。

拡張ライブラリをビルドするためのファイルタイプとして有効であるのは、
extconf.rb, configure script, Rakefile, mkmf_files です。

Gem::LocalRemoteOptions#add_bulk_threshold_option (18304.0)

オプション --bulk-threshold を追加します。

オプション --bulk-threshold を追加します。

Net::HTTPHeader#add_field(key, val) -> () (18304.0)

key ヘッダフィールドに val を追加します。

key ヘッダフィールドに val を追加します。

key に元々設定されていた値は破棄されず、それに val 追加されます。

@param key ヘッダフィール名を文字列で与えます。
@param val keyで指定したフィールドに追加する文字列を与えます。
@see Net::HTTPHeader#[] , Net::HTTPHeader#[]=,
Net::HTTPHeader#get_fields

例:
request.add_field 'X-My-Header', 'a'
p request['X-My-Header'] #=...

Net::HTTPHeader#get_fields(key) -> [String] (18304.0)

key ヘッダフィールドの値 (文字列) を配列で返します。

key ヘッダフィールドの値 (文字列) を配列で返します。

たとえばキー 'content-length' に対しては ['2048'] のような
文字列が得られます。一種類のヘッダフィールドが一つのヘッダの中
に複数存在することがありえます。
key は大文字小文字を区別しません。

@param key ヘッダフィール名を文字列で与えます。
@see Net::HTTPHeader#[] , Net::HTTPHeader#[]=,
Net::HTTPHeader#add_field

絞り込み条件を変える

Net::IMAP::ThreadMember#children -> [Net::IMAP::ThreadMember] (18304.0)

スレッドの木構造における自身の下位の部分を返します。

スレッドの木構造における自身の下位の部分を返します。

OpenSSL::X509::Name#hash_old -> Integer (18304.0)

OpenSSL 0.9.8 と互換な古い方式のハッシュ関数の ハッシュ値を返します。

OpenSSL 0.9.8 と互換な古い方式のハッシュ関数の
ハッシュ値を返します。

内部では OpenSSL の X509_NAME_hash_old を呼び出します。

OpenStruct#delete_field(name) -> object (18304.0)

nameで指定された要素を削除します。

nameで指定された要素を削除します。

その後その要素を参照したら nil が返ります。

@param name 削除する要素を文字列かシンボルで指定します。
@return 削除前の要素の値を返します。

Pathname#children(with_directory = true) -> [Pathname] (18304.0)

self 配下にあるパス名(Pathnameオブジェクト)の配列を返します。

self 配下にあるパス名(Pathnameオブジェクト)の配列を返します。

ただし、 ".", ".." は要素に含まれません。

@param with_directory 偽を指定するとファイル名のみ返します。デフォルトは真です。

@raise Errno::EXXX self が存在しないパスであったりディレクトリでなければ例外が発生します。

require 'pathname'
Pathname.new("/tmp").children # => [#<Pathname:.X11-unix>, #<Pathname:.iroha_unix>, ... ]

Pathname#each_child(with_directory = true) -> Enumerator (18304.0)

self.children(with_directory).each と同じです。

self.children(with_directory).each と同じです。

@param with_directory 偽を指定するとファイル名のみ返します。デフォルトは真です。

//emlist[例][ruby]{
require "pathname"

Pathname("/usr/local").each_child {|f| p f }
# => #<Pathname:/usr/local/bin>
# => #<Pathname:/usr/local/etc>
# => #<Pathname:/usr/local/include>
# => #<Pathname:/us...

絞り込み条件を変える

Pathname#each_child(with_directory = true) {|pathname| ...} -> [Pathname] (18304.0)

self.children(with_directory).each と同じです。

self.children(with_directory).each と同じです。

@param with_directory 偽を指定するとファイル名のみ返します。デフォルトは真です。

//emlist[例][ruby]{
require "pathname"

Pathname("/usr/local").each_child {|f| p f }
# => #<Pathname:/usr/local/bin>
# => #<Pathname:/usr/local/etc>
# => #<Pathname:/usr/local/include>
# => #<Pathname:/us...

Pathname#realdirpath(basedir = nil) -> Pathname (18304.0)

Pathname#realpath とほぼ同じで、最後のコンポーネントは実際に 存在しなくてもエラーになりません。

Pathname#realpath とほぼ同じで、最後のコンポーネントは実際に
存在しなくてもエラーになりません。

@param basedir ベースディレクトリを指定します。省略するとカレントディレクトリになります。

@see Pathname#realpath

Pathname#world_readable? -> bool (18304.0)

FileTest.world_readable?(self.to_s) と同じです。

FileTest.world_readable?(self.to_s) と同じです。


@see FileTest.#world_readable?

Pathname#world_writable? -> bool (18304.0)

FileTest.world_writable?(self.to_s) と同じです。

FileTest.world_writable?(self.to_s) と同じです。


@see FileTest.#world_writable?

Psych::Nodes::Node#children -> [Psych::Nodes::Node] (18304.0)

子ノードの集合を配列で返します。

子ノードの集合を配列で返します。

絞り込み条件を変える

RDoc::CodeObject#document_children -> bool (18304.0)

自身に含まれるメソッド、エイリアス、定数や属性をドキュメントに含めるか どうかを返します。

自身に含まれるメソッド、エイリアス、定数や属性をドキュメントに含めるか
どうかを返します。

@see RDoc::CodeObject#document_self

RDoc::CodeObject#document_children=(val) (18304.0)

自身に含まれるメソッド、エイリアス、定数や属性をドキュメントに含めるか どうかを設定します。

自身に含まれるメソッド、エイリアス、定数や属性をドキュメントに含めるか
どうかを設定します。

:nodoc:、:stopdoc: を指定した時に false が設定されます。

@param val true を指定した場合、上記をドキュメントに含めます。

@see RDoc::CodeObject#document_self=,
RDoc::CodeObject#remove_classes_and_modules

REXML::Parent#replace_child(to_replace, replacement) -> () (18304.0)

子ノード列上の to_replace を replacement に置き換えます。

子ノード列上の to_replace を replacement に置き換えます。

to_replace の parent は nil に、
replacement の parent は selfに変更されます。

@param to_replace 置き換え元のノード
@param replacement 置き換え先のノード

REXML::Parsers::PullEvent#xmldecl? -> bool (18304.0)

XML宣言なら真を返します。

XML宣言なら真を返します。

REXML::SAX2Listener#xmldecl(version, encoding, standalone) -> () (18304.0)

XML宣言に出会ったときに呼び出されるコールバックメソッドです。

XML宣言に出会ったときに呼び出されるコールバックメソッドです。

@param version 宣言されているバージョンが文字列で渡されます。
@param encoding 宣言されているエンコーディングが文字列で渡されます。
@param standalone スタンドアロン文書であるかどうかが "yes" "no" で渡されます

絞り込み条件を変える

REXML::StreamListener#xmldecl(version, encoding, standalone) -> () (18304.0)

XML宣言をパースしたときに呼び出されるコールバックメソッドです。

XML宣言をパースしたときに呼び出されるコールバックメソッドです。

version, encoding, standalone はXML宣言内で
対応する構成要素が省略されている場合には nil が渡されます。

@param version 宣言されているバージョンが文字列で渡されます。
@param encoding 宣言されているエンコーディングが文字列で渡されます。
@param standalone スタンドアロン文書であるかどうかが "yes" "no" で渡されます

=== 例
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
というXML宣言...

RSS::Maker::ChannelBase#lastBuildDate (18304.0)

@todo

@todo

RSS::Maker::ChannelBase#lastBuildDate=() (18304.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel#lastBuildDate (18304.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel#lastBuildDate= (18304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Regexp#casefold? -> bool (18304.0)

正規表現が大文字小文字の判定をしないようにコンパイルされている時、 真を返します。

正規表現が大文字小文字の判定をしないようにコンパイルされている時、
真を返します。

reg = Regexp.new("foobar", Regexp::IGNORECASE)
p reg.casefold? # => true

reg = Regexp.new("hogehoge")
p reg.casefold? # => false

Shell#world_readable? (18304.0)

@todo

@todo

Shell#world_writable? (18304.0)

@todo

@todo

Shell::CommandProcessor#world_readable? (18304.0)

@todo

@todo

Shell::CommandProcessor#world_writable? (18304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Shell::Filter#world_readable? (18304.0)

@todo

@todo

Shell::Filter#world_writable? (18304.0)

@todo

@todo

Tk::Tcllib::Plotchart::ChartMethod#world_3D_coordinates(*args) (18304.0)

@todo

@todo

Tk::Tcllib::Plotchart::ChartMethod#world_coordinates(*args) (18304.0)

@todo

@todo

Tk::Tile::TreeView#children(item) (18304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Tk::Tile::TreeView#set_children(item, *items) (18304.0)

@todo

@todo

TkEvent::Event#valid_fields(group_flag = nil) (18304.0)

@todo

@todo

TkNamespace#children (18304.0)

@todo

@todo

TkWinfo#winfo_children (18304.0)

@todo

@todo

CSV::Row#field(header_or_index, minimum_index = 0) -> object | nil (9304.0)

ヘッダの名前かインデックスで値を取得します。フィールドが見つからなかった場合は nil を返します。

ヘッダの名前かインデックスで値を取得します。フィールドが見つからなかった場合は nil を返します。

@param header_or_index ヘッダの名前かインデックスを指定します。

@param minimum_index このインデックスより後で、ヘッダの名前を探します。
重複しているヘッダがある場合に便利です。

//emlist[例][ruby]{
require "csv"

row = CSV::Row.new(["header1", "header2"], ["row1_1", "row1_2"])

row.field("h...

絞り込み条件を変える

Logger#sev_threshold -> Integer (9304.0)

レシーバにセットされているログレベルを取得します。

レシーバにセットされているログレベルを取得します。

//emlist[例][ruby]{
require 'logger'

logger = Logger.new(STDOUT)
logger.level # => 0
logger.level = Logger::Severity::ERROR
logger.level # => 3
//}

Logger#sev_threshold=(level) (9304.0)

Logger オブジェクトのログレベルを設定します。ログレベルがこれより低いメッセージは 出力されません。

Logger オブジェクトのログレベルを設定します。ログレベルがこれより低いメッセージは
出力されません。

@param level ログレベルを指定します。

//emlist[例][ruby]{
require 'logger'

logger = Logger.new(STDOUT)
logger.level # => 0
logger.level = Logger::Severity::ERROR # => 3
logger.level # => 3
//}

Proc#yield(*arg) -> () (9304.0)

手続きオブジェクトを実行してその結果を返します。

手続きオブジェクトを実行してその結果を返します。

引数の渡され方はオブジェクトの生成方法によって異なります。
詳しくは Proc#lambda? を参照してください。

「===」は when の所に手続きを渡せるようにするためのものです。

def sign(n)
case n
when lambda{|n| n > 0} then 1
when lambda{|n| n < 0} then -1
else 0
end
end

p sign(-4) #=> -1
p sign(0) #=> 0
p sign(7) #=...

REXML::Child#replace_with(child) -> self (9304.0)

親ノードの子ノード列上において、 self を child に置き換えます。

親ノードの子ノード列上において、 self を child に置き換えます。

@param child 置き換え後のノード
@see REXML::Parent#replace_child

REXML::Parent#each_child -> Enumerator (9304.0)

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

ブロックを省略した場合は、各子ノードに対し操作を
繰り返すような Enumerator オブジェクトを返します。

絞り込み条件を変える

REXML::Parent#each_child {|object| ... } -> () (9304.0)

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

各子ノードに対しブロックを呼び出します。

ブロックを省略した場合は、各子ノードに対し操作を
繰り返すような Enumerator オブジェクトを返します。

REXML::Parent#to_a -> [REXML::Child] (9304.0)

子ノード列の配列を返します。

子ノード列の配列を返します。

REXML::XMLDecl#clone -> REXML::XMLDecl (9304.0)

self を複製します。

self を複製します。

CSV::FieldInfo#header -> String | nil (9004.0)

利用可能な場合はヘッダを表す文字列を返します。

利用可能な場合はヘッダを表す文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
require 'csv'

csv = CSV.new("date1,date2\n2018-07-09,2018-07-10", headers: true)
csv.convert do |field,field_info|
p field_info.header
Date.parse(field)
end
p csv.first

# => "date1"
# => "date2"
# => #<CSV::Row "date1":#<Date: 2018-07-09 ((2458309j,...

CSV::FieldInfo#header=(val) (9004.0)

ヘッダを表す文字列をセットします。

ヘッダを表す文字列をセットします。

@param val ヘッダを表す文字列を指定します。

絞り込み条件を変える

CSV::FieldInfo#index -> Integer (9004.0)

行内で何番目のフィールドかわかるゼロベースのインデックスを返します。

行内で何番目のフィールドかわかるゼロベースのインデックスを返します。

//emlist[例][ruby]{
require 'csv'

csv = CSV.new("date1,date2\n2018-07-09,2018-07-10", headers: true)
csv.convert do |field,field_info|
p field_info.index
Date.parse(field)
end
p csv.first

# => 0
# => 1
# => #<CSV::Row "date1":#<Date: 2018-07-09 ((2458309j,0s...

CSV::FieldInfo#index=(val) (9004.0)

インデックスの値をセットします。

インデックスの値をセットします。

@param val インデックスの値を指定します。

CSV::FieldInfo#line -> Integer (9004.0)

行番号を返します。

行番号を返します。

//emlist[例][ruby]{
require 'csv'

csv = CSV.new("date1,date2,date3\n2018-07-09,2018-07-10\n2018-08-09,2018-08-10", headers: true)
csv.convert do |field,field_info|
p field_info.line
Date.parse(field)
end
p csv.to_a

# => 2
# => 2
# => 3
# => 3
# => [#<CSV::Row "date1":#<Date: 2018-07...

CSV::FieldInfo#line=(val) (9004.0)

行番号をセットします。

行番号をセットします。

@param val 行番号を指定します。

CSV::Row#values_at(*headers_and_or_indices) -> Array (9004.0)

与えられた引数に対応する値の配列を返します。

与えられた引数に対応する値の配列を返します。

要素の探索に CSV::Row.field を使用しています。

@param headers_and_or_indices ヘッダの名前かインデックスか Range
のインスタンスか第 1 要素がヘッダの名前で
第 2 要素がオフセットになっている 2 要素
の配列をいくつでも指定します。混在するこ
とがで...

絞り込み条件を変える

Gem::Builder#success -> String (9004.0)

Gem の作成に成功したときに表示するメッセージを返します。

Gem の作成に成功したときに表示するメッセージを返します。

Gem::Commands::BuildCommand#arguments -> String (9004.0)

引数の説明を表す文字列を返します。

引数の説明を表す文字列を返します。

Gem::Commands::BuildCommand#execute -> () (9004.0)

コマンドを実行します。

コマンドを実行します。

Gem::Commands::BuildCommand#load_gemspecs(filename) -> Array (9004.0)

gemspec ファイルをロードします。

gemspec ファイルをロードします。

@param filename ファイル名を指定します。

Gem::Commands::BuildCommand#usage -> String (9004.0)

使用方法を表す文字列を返します。

使用方法を表す文字列を返します。

絞り込み条件を変える

Gem::Commands::BuildCommand#yaml?(filename) -> bool (9004.0)

与えられたファイル名を持つファイルが yaml ファイルである場合に真を返します。

与えられたファイル名を持つファイルが yaml ファイルである場合に真を返します。

@param filename ファイル名を指定します。

Gem::OldFormat#file_entries -> Array (9004.0)

Gem パッケージに含まれるファイルの配列を返します。

Gem パッケージに含まれるファイルの配列を返します。

Gem::OldFormat#file_entries=(file_entries) (9004.0)

Gem パッケージに含まれるファイルの配列をセットします。

Gem パッケージに含まれるファイルの配列をセットします。

@param file_entries

Gem::OldFormat#gem_path -> String (9004.0)

Gem のパスを返します。

Gem のパスを返します。

Gem::OldFormat#gem_path=(path) (9004.0)

Gem のパスをセットします。

Gem のパスをセットします。

@param path Gem のパスをセットします。

絞り込み条件を変える

Gem::OldFormat#spec -> Gem::Specification (9004.0)

Gem の Gem::Specification を返します。

Gem の Gem::Specification を返します。

Gem::OldFormat#spec=(spec) (9004.0)

Gem の Gem::Specification をセットします。

Gem の Gem::Specification をセットします。

@param spec Gem の Gem::Specification をセットします。

Gem::RequirePathsBuilder#write_require_paths_file_if_needed(spec = @spec, gem_home = @gem_home) (9004.0)

必要であれば、'.require_paths' というファイルを Gem ごとに作成します。

必要であれば、'.require_paths' というファイルを Gem ごとに作成します。

PTY::ChildExited#status -> Process::Status (9004.0)

子プロセスの終了ステータスをProcess::Statusオブジェクトで返します。

子プロセスの終了ステータスをProcess::Statusオブジェクトで返します。

Prime::OldCompatibility#each -> object (9004.0)

Prime#each を再定義します。

Prime#each を再定義します。

全ての素数を列挙し、それぞれの素数をブロックに渡して評価します。
無限ループになるので必ず break を入れてください。

break 後に再度呼び出すと、最初からではなくインスタンス内部に保存されている中断位置から列挙を再開します。

@return ブロック付きで呼び出された場合は break の引数が返り値になります。
ブロック無しで呼び出された場合は Prime::EratosthenesGenerator のインスタンスを返します。

絞り込み条件を変える

Prime::OldCompatibility#each {|prime| ... } -> object (9004.0)

Prime#each を再定義します。

Prime#each を再定義します。

全ての素数を列挙し、それぞれの素数をブロックに渡して評価します。
無限ループになるので必ず break を入れてください。

break 後に再度呼び出すと、最初からではなくインスタンス内部に保存されている中断位置から列挙を再開します。

@return ブロック付きで呼び出された場合は break の引数が返り値になります。
ブロック無しで呼び出された場合は Prime::EratosthenesGenerator のインスタンスを返します。

Prime::OldCompatibility#next -> Integer (9004.0)

Prime#next を再定義します。

Prime#next を再定義します。

次の素数を返します。

Prime::OldCompatibility#succ -> Integer (9004.0)

Prime#next を再定義します。

Prime#next を再定義します。

次の素数を返します。

Prime::TrialDivisionGenerator#next -> Integer (9004.0)

次の(疑似)素数を返します。なお、この実装においては疑似素数は真に素数です。

次の(疑似)素数を返します。なお、この実装においては疑似素数は真に素数です。

また内部的な列挙位置を進めます。

Prime::TrialDivisionGenerator#rewind -> nil (9004.0)

列挙状態を巻き戻します。

列挙状態を巻き戻します。

絞り込み条件を変える

Prime::TrialDivisionGenerator#succ -> Integer (9004.0)

次の(疑似)素数を返します。なお、この実装においては疑似素数は真に素数です。

次の(疑似)素数を返します。なお、この実装においては疑似素数は真に素数です。

また内部的な列挙位置を進めます。

Psych::TreeBuilder#root -> Psych::Nodes::Stream (9004.0)

AST の root を返します。

AST の root を返します。

@see Psych::Nodes::Stream

REXML::Child#bytes (9004.0)

@todo

@todo

REXML::Child#document -> REXML::Document | nil (9004.0)

そのノードが属する document (REXML::Document) を返します。

そのノードが属する document (REXML::Document) を返します。

属する document が存在しない場合は nil を返します。

REXML::Child#next_sibling -> REXML::Node (9004.0)

次の隣接ノードを返します。

次の隣接ノードを返します。

REXML::Node#next_sibling_node の別名です。

@see REXML::Child#next_sibling=

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>