るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
8件ヒット [1-8件を表示] (0.045秒)

別のキーワード

  1. matrix imaginary
  2. _builtin imaginary
  3. numeric imaginary
  4. complex imaginary
  5. imaginary matrix

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

Matrix#imaginary -> Matrix (45325.0)

行列の虚部を返します。

行列の虚部を返します。

//emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
Matrix[[Complex(1,2), Complex(0,1), 0], [1, 2, 3]]
# => 1+2i i 0
# 1 2 3
Matrix[[Complex(1,2), Complex(0,1), 0], [1, 2, 3]].imaginary
# => 2i i 0
# 0 0 0
//}

Complex#imaginary -> Numeric (45307.0)

自身の虚部を返します。

自身の虚部を返します。

//emlist[例][ruby]{
Complex(3, 2).imag # => 2
//}

@see Numeric#imag

Numeric#imaginary -> 0 (45307.0)

常に 0 を返します。

常に 0 を返します。

例:

12.imag # => 0
-12.imag # => 0
1.2.imag # => 0
-1.2.imag # => 0

Numeric のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Numeric#real、Complex#imag

Matrix#imag -> Matrix (25.0)

行列の虚部を返します。

行列の虚部を返します。

//emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
Matrix[[Complex(1,2), Complex(0,1), 0], [1, 2, 3]]
# => 1+2i i 0
# 1 2 3
Matrix[[Complex(1,2), Complex(0,1), 0], [1, 2, 3]].imaginary
# => 2i i 0
# 0 0 0
//}

Matrix#rect -> [Matrix, Matrix] (22.0)

行列を実部と虚部に分解したものを返します。

行列を実部と虚部に分解したものを返します。


//emlist[例][ruby]{
m.rect == [m.real, m.imag] # ==> true for all matrices m
//}

@see Matrix#imaginary, Matrix#real

絞り込み条件を変える

Matrix#rectangular -> [Matrix, Matrix] (22.0)

行列を実部と虚部に分解したものを返します。

行列を実部と虚部に分解したものを返します。


//emlist[例][ruby]{
m.rect == [m.real, m.imag] # ==> true for all matrices m
//}

@see Matrix#imaginary, Matrix#real

Complex#imag -> Numeric (7.0)

自身の虚部を返します。

自身の虚部を返します。

//emlist[例][ruby]{
Complex(3, 2).imag # => 2
//}

@see Numeric#imag

Numeric#imag -> 0 (7.0)

常に 0 を返します。

常に 0 を返します。

例:

12.imag # => 0
-12.imag # => 0
1.2.imag # => 0
-1.2.imag # => 0

Numeric のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Numeric#real、Complex#imag