るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
248件ヒット [1-100件を表示] (0.057秒)

別のキーワード

  1. rss date
  2. rss date=
  3. date rfc3339
  4. date iso8601
  5. date jisx0301

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 > >>

Date#to_date -> Date (69658.0)

対応する Date オブジェクトを返します。

対応する Date オブジェクトを返します。

Date#to_datetime -> DateTime (69604.0)

対応する DateTime オブジェクトを返します。

対応する DateTime オブジェクトを返します。

Date#httpdate -> String (69304.0)

2616 (1123) で定められた書式の文字列を返します。

2616 (1123) で定められた書式の文字列を返します。

RSS::ImageFaviconModel::ImageFavicon#date (54310.0)

@todo

@todo

RSS::ImageItemModel::ImageItem#date (54310.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

RSS::Maker::ChannelBase#date (54310.0)

@todo

@todo

RSS::Maker::ItemsBase::ItemBase#date (54310.0)

@todo

@todo

RSS::RDF::Channel#date (54310.0)

@todo

@todo

RSS::RDF::Channel::ImageFavicon#date (54310.0)

@todo

@todo

RSS::RDF::Image#date (54310.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

RSS::RDF::Item#date (54310.0)

@todo

@todo

RSS::RDF::Textinput#date (54310.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel#date (54310.0)

@todo

@todo

RSS::Rss::Channel::Item#date (54310.0)

@todo

@todo

RSS::TaxonomyTopicModel::TaxonomyTopic#date (54310.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Gem::Specification#date -> Time (54307.0)

日付を返します。

日付を返します。

Net::IMAP::Envelope#date -> String | nil (54307.0)

日付の文字列を返します。

日付の文字列を返します。

エンベロープに存在しないときは nil を返します。

Date#new_start(start = Date::ITALY) -> Date (51676.0)

self を複製して、その改暦日を設定しなおします。 引数を省略した場合は、Date::ITALY (1582年10月15日) になります。

self を複製して、その改暦日を設定しなおします。
引数を省略した場合は、Date::ITALY (1582年10月15日) になります。

Date.new も参照してください。

@param start グレゴリオ暦をつかい始めた日をあらわすユリウス日

Date#<<(n) -> Date (51631.0)

self より n ヶ月前の日付オブジェクトを返します。 n は数値でなければなりません。

self より n ヶ月前の日付オブジェクトを返します。
n は数値でなければなりません。

require 'date'
Date.new(2001,2,3) << 1 #=> #<Date: 2001-01-03 ...>
Date.new(2001,2,3) << -2 #=> #<Date: 2001-04-03 ...>

対応する月に同じ日が存在しない時は、代わりにその月の末日が使われます。

require 'date'
Date.new(2001,3,28) << 1 #=> #<Date: 2001-02-28 ...>
Date.n...

Date#>>(n) -> Date (51631.0)

self から n ヶ月後の日付オブジェクトを返します。 n は数値でなければなりません。

self から n ヶ月後の日付オブジェクトを返します。
n は数値でなければなりません。

require 'date'
Date.new(2001,2,3) >> 1 #=> #<Date: 2001-03-03 ...>
Date.new(2001,2,3) >> -2 #=> #<Date: 2000-12-03 ...>


対応する月に同じ日が存在しない時は、代わりにその月の末日が使われます。

require 'date'
Date.new(2001,1,28) >> 1 #=> #<Date: 2001-02-28 ...>
Date....

絞り込み条件を変える

Date#next_year(n = 1) -> Date (51451.0)

n 年後を返します。

n 年後を返します。

self >> (n * 12) に相当します。

require 'date'
Date.new(2001,2,3).next_year #=> #<Date: 2002-02-03 ...>
Date.new(2008,2,29).next_year #=> #<Date: 2009-02-28 ...>
Date.new(2008,2,29).next_year(4) #=> #<Date: 2012-02-29 ...>

Date#>> も参照してください。

@param n 年数

Date#prev_year(n = 1) -> Date (51451.0)

n 年前を返します。

n 年前を返します。

self << (n * 12) に相当します。

require 'date'
Date.new(2001,2,3).prev_year #=> #<Date: 2000-02-03 ...>
Date.new(2008,2,29).prev_year #=> #<Date: 2007-02-28 ...>
Date.new(2008,2,29).prev_year(4) #=> #<Date: 2004-02-29 ...>

Date#<< も参照してください。

@param n 年数

Date#downto(min) {|date| ...} -> self (51391.0)

このメソッドは、step(min, -1){|date| ...} と等価です。

このメソッドは、step(min, -1){|date| ...} と等価です。

@param min 日付オブジェクト

@see Date#step, Date#upto

Date#england -> Date (51391.0)

このメソッドは、new_start(Date::ENGLAND) と等価です。

このメソッドは、new_start(Date::ENGLAND) と等価です。

Date#new_start、および Date::ENGLAND を参照してください。

Date#gregorian -> Date (51391.0)

このメソッドは、new_start(Date::GREGORIAN) と等価です。

このメソッドは、new_start(Date::GREGORIAN) と等価です。

Date#new_start、および Date::GREGORIAN を参照してください。

絞り込み条件を変える

Date#italy -> Date (51391.0)

このメソッドは、new_start(Date::ITALY) と等価です。

このメソッドは、new_start(Date::ITALY) と等価です。

Date#new_start、および Date::ITALY を参照してください。

Date#julian -> Date (51391.0)

このメソッドは、new_start(Date::JULIAN) と等価です。

このメソッドは、new_start(Date::JULIAN) と等価です。

Date#new_start、および Date::JULIAN を参照してください。

Date#upto(max) {|date| ...} -> self (51391.0)

このメソッドは、step(max, 1){|date| ...} と等価です。

このメソッドは、step(max, 1){|date| ...} と等価です。

@param max 日付オブジェクト

@see Date#step, Date#downto

Date#step(limit, step = 1) {|date| ...} -> self (51343.0)

ブロックの評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。 limit は日付オブジェクトでなければなりません、 また step は非零でなければなりません。

ブロックの評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。
limit は日付オブジェクトでなければなりません、
また step は非零でなければなりません。

@param limit 日付オブジェクト
@param step 歩幅

@see Date#downto, Date#upto

Date#next_day(n = 1) -> Date (51325.0)

n 日後を返します。

n 日後を返します。

Date#succ も参照してください。

@param n 日数

絞り込み条件を変える

Date#next_month(n = 1) -> Date (51325.0)

n ヶ月後を返します。

n ヶ月後を返します。

Date#>> も参照してください。

@param n 月数

Date#prev_month(n = 1) -> Date (51325.0)

n ヶ月前を返します。

n ヶ月前を返します。

Date#<< も参照してください。

@param n 月数

Date#next -> Date (51310.0)

翌日の日付オブジェクトを返します。

翌日の日付オブジェクトを返します。

Date#succ -> Date (51310.0)

翌日の日付オブジェクトを返します。

翌日の日付オブジェクトを返します。

Date#+(n) -> Date (51307.0)

self から n 日後の日付オブジェクトを返します。 n は数値でなければなりません。

self から n 日後の日付オブジェクトを返します。
n は数値でなければなりません。

@param n 日数
@raise TypeError n が数値でない場合に発生します。

絞り込み条件を変える

Date#-(x) -> Rational | Date (51307.0)

x が日付オブジェクトなら、ふたつの差を返します。 あるいは x が数値ならば、self より x 日前の日付を返します。

x が日付オブジェクトなら、ふたつの差を返します。
あるいは
x が数値ならば、self より x 日前の日付を返します。

@param x 日数、あるいは日付オブジェクト
@raise TypeError x が数値でも日付オブジェクトでもない場合に発生します。

Date#prev_day(n = 1) -> Date (51307.0)

n 日前を返します。

n 日前を返します。

@param n 日数

Date#downto(min) -> Enumerator (51091.0)

このメソッドは、step(min, -1){|date| ...} と等価です。

このメソッドは、step(min, -1){|date| ...} と等価です。

@param min 日付オブジェクト

@see Date#step, Date#upto

Date#upto(max) -> Enumerator (51091.0)

このメソッドは、step(max, 1){|date| ...} と等価です。

このメソッドは、step(max, 1){|date| ...} と等価です。

@param max 日付オブジェクト

@see Date#step, Date#downto

Date#ajd -> Rational (51052.0)

このメソッドは Date#jd と似ていますが、天文学的なユリウス日を返します。 時刻を含みます。

このメソッドは Date#jd と似ていますが、天文学的なユリウス日を返します。
時刻を含みます。

絞り込み条件を変える

Date#amjd -> Rational (51052.0)

このメソッドは Date#mjd と似ていますが、天文学的な修正ユリウス日を返します。 時刻を含みます。

このメソッドは Date#mjd と似ていますが、天文学的な修正ユリウス日を返します。
時刻を含みます。

Date#xmlschema -> String (51052.0)

XML Scheme (date) による書式の文字列を返します。

XML Scheme (date) による書式の文字列を返します。

Date#step(limit, step = 1) -> Enumerator (51043.0)

ブロックの評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。 limit は日付オブジェクトでなければなりません、 また step は非零でなければなりません。

ブロックの評価を繰り返します。ブロックは日付オブジェクトをとります。
limit は日付オブジェクトでなければなりません、
また step は非零でなければなりません。

@param limit 日付オブジェクト
@param step 歩幅

@see Date#downto, Date#upto

Date#jd -> Integer (51022.0)

ユリウス日を返します。 時刻を含みません。

ユリウス日を返します。
時刻を含みません。

Date#ajd も参照してください。

Date#mjd -> Integer (51022.0)

修正ユリウス日を返します。 時刻の情報を含みません。

修正ユリウス日を返します。
時刻の情報を含みません。

Date#amjd も参照してください。

絞り込み条件を変える

Date#start -> Integer (51022.0)

改暦日をあらわすユリウス日を返します。

改暦日をあらわすユリウス日を返します。

Date.new も参照してください。

Date#strftime(format = &#39;%F&#39;) -> String (51022.0)

与えられた雛型で日付を書式づけます。

与えられた雛型で日付を書式づけます。

つぎの変換仕様をあつかいます:

%A, %a, %B, %b, %C, %c, %D, %d, %e, %F, %G, %g, %H, %h, %I, %j, %k, %L, %l,
%M, %m, %N, %n, %P, %p, %Q, %R, %r, %S, %s, %T, %t, %U, %u, %V, %v, %W, %w, %X,
%x, %Y, %y, %Z, %z, %:z, %::z, %:::z, %%, %+

GNU 版にあるような幅指定などもできます。

strftime(3)、および Date.strptime も参照してくだ...

Date#<=>(other) -> Integer (51004.0)

ふたつを比較し、-1、零、あるいは 1 を返します。 other は日付オブジェクトか、 天文学的なユリウス日をあらわす数値でなければなりません。

ふたつを比較し、-1、零、あるいは 1 を返します。
other は日付オブジェクトか、
天文学的なユリウス日をあらわす数値でなければなりません。

@param other 日付オブジェクト

Date#===(other) -> bool (51004.0)

同じ日なら真を返します。

同じ日なら真を返します。

@param other 日付オブジェクト

Date#asctime -> String (51004.0)

asctime(3) 書式の文字列を返します (ただし、末尾の "\n\0" は除く)。

asctime(3) 書式の文字列を返します (ただし、末尾の "\n\0" は除く)。

絞り込み条件を変える

Date#ctime -> String (51004.0)

asctime(3) 書式の文字列を返します (ただし、末尾の "\n\0" は除く)。

asctime(3) 書式の文字列を返します (ただし、末尾の "\n\0" は除く)。

Date#cwday -> Integer (51004.0)

暦週の日 (曜日) を返します (1-7、月曜は1)。

暦週の日 (曜日) を返します (1-7、月曜は1)。

Date#cweek -> Integer (51004.0)

暦週を返します (1-53)。

暦週を返します (1-53)。

Date#cwyear -> Integer (51004.0)

暦週における年を返します。

暦週における年を返します。

Date#day -> Integer (51004.0)

月の日を返します (1-31)。

月の日を返します (1-31)。

絞り込み条件を変える

Date#friday? -> bool (51004.0)

金曜日なら真を返します。

金曜日なら真を返します。

Date#gregorian? -> bool (51004.0)

グレゴリオ暦なら真を返します。

グレゴリオ暦なら真を返します。

Date#iso8601 -> String (51004.0)

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

Date#jisx0301 -> String (51004.0)

X 0301 書式の文字列を返します。 ただし、明治以前については 8601 書式になります。 なお、明治6年以前についても太陰太陽暦を使用することはありません。

X 0301 書式の文字列を返します。
ただし、明治以前については 8601 書式になります。
なお、明治6年以前についても太陰太陽暦を使用することはありません。

Date#julian? -> bool (51004.0)

ユリウス暦なら真を返します。

ユリウス暦なら真を返します。

絞り込み条件を変える

Date#ld -> Integer (51004.0)

リリウス日を返します。

リリウス日を返します。

Date#leap? -> bool (51004.0)

閏年なら真を返します。

閏年なら真を返します。

Date#mday -> Integer (51004.0)

月の日を返します (1-31)。

月の日を返します (1-31)。

Date#mon -> Integer (51004.0)

月を返します (1-12)。

月を返します (1-12)。

Date#monday? -> bool (51004.0)

月曜日なら真を返します。

月曜日なら真を返します。

絞り込み条件を変える

Date#month -> Integer (51004.0)

月を返します (1-12)。

月を返します (1-12)。

Date#rfc2822 -> String (51004.0)

2822 で定められた書式の文字列を返します。

2822 で定められた書式の文字列を返します。

Date#rfc3339 -> String (51004.0)

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

Date#rfc822 -> String (51004.0)

2822 で定められた書式の文字列を返します。

2822 で定められた書式の文字列を返します。

Date#saturday? -> bool (51004.0)

土曜日なら真を返します。

土曜日なら真を返します。

絞り込み条件を変える

Date#sunday? -> bool (51004.0)

日曜日なら真を返します。

日曜日なら真を返します。

Date#thursday? -> bool (51004.0)

木曜日なら真を返します。

木曜日なら真を返します。

Date#to_s -> String (51004.0)

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

8601 書式の文字列を返します (拡大表記はつかいません)。

Date#to_time -> Time (51004.0)

対応する Time オブジェクトを返します。

対応する Time オブジェクトを返します。

Date#tuesday? -> bool (51004.0)

火曜日なら真を返します。

火曜日なら真を返します。

絞り込み条件を変える

Date#wday -> Integer (51004.0)

曜日を返します (0-6、日曜日は零)。

曜日を返します (0-6、日曜日は零)。

Date#wednesday? -> bool (51004.0)

水曜日なら真を返します。

水曜日なら真を返します。

Date#yday -> Integer (51004.0)

年の日を返します (1-366)。

年の日を返します (1-366)。

Date#year -> Integer (51004.0)

年を返します。

年を返します。

Time#to_date -> Date (42658.0)

対応する Date オブジェクトを返します。

対応する Date オブジェクトを返します。

絞り込み条件を変える

Time#to_datetime -> DateTime (42604.0)

対応する DateTime オブジェクトを返します。

対応する DateTime オブジェクトを返します。

DateTime#new_offset(offset = 0) -> DateTime (33304.0)

self を複製して、その時差を設定しなおします。 引数を省略した場合は、零 (協定世界時) になります。

self を複製して、その時差を設定しなおします。
引数を省略した場合は、零 (協定世界時) になります。

DateTime.new も参照してください。

@param offset 時差

DateTime#iso8601(n = 0) -> String (33022.0)

8601 書式の文字列を返します (XML Schema の dateTime 相当)。 省略可能な引数により、印字する秒の小数点以下の桁数を与えることができます。

8601 書式の文字列を返します (XML Schema の dateTime 相当)。
省略可能な引数により、印字する秒の小数点以下の桁数を与えることができます。

strftime('%FT%T%:z') と等価です。

@param n 小数点以下の桁数

例:

require 'date'
DateTime.parse('2001-02-03T04:05:06.123456789+07:00').iso8601(9)
#=> "2001-02-03T04:05:06.123456789+07:00"

DateTime#jisx0301(n = 0) -> String (33022.0)

X 0301 書式の文字列を返します。 省略可能な引数により、印字する秒の小数点以下の桁数を与えることができます。

X 0301 書式の文字列を返します。
省略可能な引数により、印字する秒の小数点以下の桁数を与えることができます。

@param n 小数点以下の桁数

例:

require 'date'
DateTime.parse('2001-02-03T04:05:06.123456789+07:00').jisx0301(9)
#=> "H13.02.03T04:05:06.123456789+07:00"

DateTime#rfc3339(n = 0) -> String (33022.0)

8601 書式の文字列を返します (XML Schema の dateTime 相当)。 省略可能な引数により、印字する秒の小数点以下の桁数を与えることができます。

8601 書式の文字列を返します (XML Schema の dateTime 相当)。
省略可能な引数により、印字する秒の小数点以下の桁数を与えることができます。

strftime('%FT%T%:z') と等価です。

@param n 小数点以下の桁数

例:

require 'date'
DateTime.parse('2001-02-03T04:05:06.123456789+07:00').iso8601(9)
#=> "2001-02-03T04:05:06.123456789+07:00"

絞り込み条件を変える

DateTime#xmlschema(n = 0) -> String (33022.0)

8601 書式の文字列を返します (XML Schema の dateTime 相当)。 省略可能な引数により、印字する秒の小数点以下の桁数を与えることができます。

8601 書式の文字列を返します (XML Schema の dateTime 相当)。
省略可能な引数により、印字する秒の小数点以下の桁数を与えることができます。

strftime('%FT%T%:z') と等価です。

@param n 小数点以下の桁数

例:

require 'date'
DateTime.parse('2001-02-03T04:05:06.123456789+07:00').iso8601(9)
#=> "2001-02-03T04:05:06.123456789+07:00"

DateTime#hour -> Integer (33004.0)

時間を返します (0-23)。

時間を返します (0-23)。

DateTime#min -> Integer (33004.0)

分を返します (0-59)。

分を返します (0-59)。

DateTime#minute -> Integer (33004.0)

分を返します (0-59)。

分を返します (0-59)。

DateTime#offset -> Rational (33004.0)

時差を返します。

時差を返します。

絞り込み条件を変える

DateTime#sec -> Integer (33004.0)

秒を返します (0-59)。

秒を返します (0-59)。

DateTime#sec_fraction -> Rational (33004.0)

秒の小数点以下の部分を表す分数を返します。

秒の小数点以下の部分を表す分数を返します。

DateTime#second -> Integer (33004.0)

秒を返します (0-59)。

秒を返します (0-59)。

DateTime#second_fraction -> Rational (33004.0)

秒の小数点以下の部分を表す分数を返します。

秒の小数点以下の部分を表す分数を返します。

DateTime#zone -> String (33004.0)

タイムゾーンを返します。

タイムゾーンを返します。

これは、正確には時差をあらわす文字列です。

絞り込み条件を変える

XMLRPC::DateTime#to_date (27499.0)

Return a Date object of the date which self represents. The Date object do ((*not*)) contain the time component (only date).

Return a Date object of the date which self represents.
The Date object do ((*not*)) contain the time component (only date).

Gem::Commands::UpdateCommand#do_rubygems_update(version) (27304.0)

RubyGems 自体を更新します。

RubyGems 自体を更新します。

Gem::Commands::UpdateCommand#which_to_update(highest_installed_gems, gem_names) -> Array (27304.0)

更新が必要な Gem のリストを返します。

更新が必要な Gem のリストを返します。

Gem::InstallUpdateOptions#add_install_update_options (27304.0)

インストールとアップデートに関するオプションを追加します。

インストールとアップデートに関するオプションを追加します。

Gem::InstallUpdateOptions#install_update_defaults_str -> String (27304.0)

Gem コマンドの install サブコマンドに渡されるデフォルトのオプションを返します。

Gem コマンドの install サブコマンドに渡されるデフォルトのオプションを返します。

デフォルトのオプションは以下の通りです。
--rdoc --no-force --no-test --wrappers

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 > >>