るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
76件ヒット [1-76件を表示] (0.051秒)

別のキーワード

  1. socket bind
  2. addrinfo bind
  3. udpsocket bind
  4. resolv-replace bind

検索結果

TkBindCore#bind(context, *args) (63307.0)

@todo

@todo

UDPSocket#bind(host, port) -> 0 (54409.0)

ソケットを host の port に bind(2) します。

ソケットを host の port に bind(2) します。

bind したポートから Socket#recv でデータを受け取ることができます。

@param host bind するホスト名文字列
@param port bind するポート番号

UDPSocket#bind(host, port) -> Integer (54391.0)

UDPSocket#bindのパラメータ host の名前解決に resolv ライブラリを使います。

UDPSocket#bindのパラメータ host の名前解決に resolv
ライブラリを使います。

@param host bindするホスト名を文字列で指定します。
@param port bindするポートを指定します。
@raise SocketError 名前解決に失敗した場合に発生します。

UnboundMethod#bind(obj) -> Method (54379.0)

self を obj にバインドした Method オブジェクトを生成して返します。

self を obj にバインドした Method オブジェクトを生成して返します。


@param obj 自身をバインドしたいオブジェクトを指定します。ただしバインドできるのは、
生成元のクラスかそのサブクラスのインスタンスのみです。

@raise TypeError objがbindできないオブジェクトである場合に発生します

# クラスのインスタンスメソッドの UnboundMethod の場合
class Foo
def foo
"foo"
end
end

# Unbound...

Socket#bind(my_sockaddr) -> 0 (54355.0)

ソケットを my_sockaddr に結合します。bind(2) と同じ働きをします。

ソケットを my_sockaddr に結合します。bind(2)
と同じ働きをします。

@param my_sockaddr ソケットアドレス構造体を pack した文字列lib:socket#pack_stringもしくはAddrinfoオブジェクトを指定します。
@return 0 を返します。

絞り込み条件を変える

Addrinfo#bind -> Socket (54328.0)

自身のアドレスにバインドされたソケットを作成します。

自身のアドレスにバインドされたソケットを作成します。

ブロックが渡されたときにはそのブロックに生成された Socket
オブジェクトが渡されます。ブロックの返り値がメソッドの返り値となります。
ブロックを省略した場合は、生成された Socket
オブジェクトが返されます。

require 'socket'

Addrinfo.udp("0.0.0.0", 9981).bind {|s|
s.local_address.connect {|s| s.send "hello", 0 }
p s.recv(10) #=> "hello"
}

Addrinfo#bind {|sock| ... } -> object (54328.0)

自身のアドレスにバインドされたソケットを作成します。

自身のアドレスにバインドされたソケットを作成します。

ブロックが渡されたときにはそのブロックに生成された Socket
オブジェクトが渡されます。ブロックの返り値がメソッドの返り値となります。
ブロックを省略した場合は、生成された Socket
オブジェクトが返されます。

require 'socket'

Addrinfo.udp("0.0.0.0", 9981).bind {|s|
s.local_address.connect {|s| s.send "hello", 0 }
p s.recv(10) #=> "hello"
}

Fiddle::Importer#bind(signature, *opts) { ... } -> Fiddle::Function (54325.0)

Ruby のブロックを C の関数で wrap し、その関数をモジュールに インポートします。

Ruby のブロックを C の関数で wrap し、その関数をモジュールに
インポートします。

これでインポートされた関数はモジュール関数として定義されます。
また、Fiddle::Importer#[] で Fiddle::Function オブジェクトとして
取り出すことができます。

signature で関数の名前とシネグチャを指定します。例えば
"int compare(void*, void*)" のように指定します。

opts には :stdcall もしくは :cdecl を渡すことができ、
呼出規約を明示することができます。

@return インポートした関数を表す ...

TkcTagAccess#bind(seq, *args) (54325.0)

@todo

@todo

def bind(seq, cmd=Proc.new, *args)

@c.itembind(@id, seq, cmd, *args)
self

end

Exception2MessageMapper#bind(cl) -> () (54307.0)

@todo

@todo

@param cl xxx

絞り込み条件を変える

TkComm#bind(tag_or_class, context, *args) (54307.0)

@todo

@todo

TkTextTag#bind(seq, *args) (54307.0)

@todo

@todo

TkBindCore#bind_append(context, *args) (27307.0)

@todo

@todo

TkBindCore#bind_remove(context) (27307.0)

@todo

@todo

TkBindCore#bindinfo(context = nil) (27304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Proc#binding -> Binding (18604.0)

Proc オブジェクトが保持するコンテキストを Binding オブジェクトで返します。

Proc オブジェクトが保持するコンテキストを
Binding オブジェクトで返します。

例:
def fred(param)
proc {}
end

sample_proc = fred(99)
eval("param", sample_proc.binding) # => 99

TracePoint#binding -> Binding (18604.0)

発生したイベントによって生成された Binding オブジェクトを返します。

発生したイベントによって生成された Binding オブジェクトを返します。

TkCanvas#itembind(tag, context, *args) (18340.0)

@todo

@todo

def itembind(tag, context, cmd = Proc.new, *args)

_bind([path, "bind", tagid(tag)], context, cmd, *args)
self

end

TkCanvas#itembind_append(tag, context, *args) (18340.0)

@todo

@todo

def itembind_append(tag, context, cmd = Proc.new, *args)

_bind_append([path, "bind", tagid(tag)], context, cmd, *args)
self

end

TkcTagAccess#bind_append(seq, *args) (18325.0)

@todo

@todo

def bind_append(seq, cmd=Proc.new, *args)

@c.itembind_append(@id, seq, cmd, *args)
self

end

絞り込み条件を変える

Method#unbind -> UnboundMethod (18322.0)

self のレシーバとの関連を取り除いた UnboundMethod オブ ジェクトを生成して返します。

self のレシーバとの関連を取り除いた UnboundMethod オブ
ジェクトを生成して返します。

例:
class Foo
def foo
"foo"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
unbound_method = m.unbind # => #<UnboundMethod: Foo#foo>
unbound_method.bind(Foo.new) # => #<Method: Foo#foo>

TkComm#bind_all(context, *args) (18307.0)

@todo

@todo

TkComm#bind_append(tag_or_class, context, *args) (18307.0)

@todo

@todo

TkComm#bind_append_all(context, *args) (18307.0)

@todo

@todo

TkComm#bind_remove(tag_or_class, context) (18307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkComm#bind_remove_all(context) (18307.0)

@todo

@todo

TkEvent#install_bind(cmd, *args) (18307.0)

@todo

@todo

TkEvent#install_bind_for_event_class(klass, cmd, *args) (18307.0)

@todo

@todo

TkText#tag_bind(tag, seq, *args) (18307.0)

@todo

@todo

TkText#tag_bind_append(tag, seq, *args) (18307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkText#tag_bind_remove(tag, seq) (18307.0)

@todo

@todo

TkTextTag#bind_append(seq, *args) (18307.0)

@todo

@todo

TkTextTag#bind_remove(seq) (18307.0)

@todo

@todo

TkWindow#bind_class (18307.0)

@todo

@todo

TkcTagAccess#bind_remove(seq) (18307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Gem::Specification#add_bindir(executables) -> Array | nil (18304.0)

実行コマンドの格納場所を返します。

実行コマンドの格納場所を返します。

@param executables 実行コマンド名を格納した配列を指定します。

Gem::Specification#bindir -> String (18304.0)

実行ファイルを格納するディレクトリを返します。

実行ファイルを格納するディレクトリを返します。

Gem::Specification#bindir=(dir) (18304.0)

実行ファイルを格納するディレクトリをセットします。

実行ファイルを格納するディレクトリをセットします。

@param dir 実行ファイルを格納するディレクトリを指定します。デフォルトは "bin" です。

TkCanvas#itembind_remove(tag, context) (18304.0)

@todo

@todo

TkCanvas#itembindinfo(tag, context = nil) (18304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkComm#bindinfo(tag_or_class, context = nil) (18304.0)

@todo

@todo

TkComm#bindinfo_all(context = nil) (18304.0)

@todo

@todo

TkText#tag_bindinfo(tag, context = nil) (18304.0)

@todo

@todo

TkTextTag#bindinfo(context = nil) (18304.0)

@todo

@todo

TkWindow#bindtags(taglist = nil) (18304.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkWindow#bindtags=(taglist) (18304.0)

@todo

@todo

TkWindow#bindtags_shift (18304.0)

@todo

@todo

TkWindow#bindtags_unshift(tag) (18304.0)

@todo

@todo

TkcTagAccess#bindinfo(seq = nil) (18304.0)

@todo

@todo

Binding#local_variable_set(symbol, obj) (9094.0)

引数 symbol で指定した名前のローカル変数に引数 obj を設定します。

引数 symbol で指定した名前のローカル変数に引数 obj を設定します。

@param symbol ローカル変数名を Symbol オブジェクトで指定します。

@param obj 引数 symbol で指定したローカル変数に設定するオブジェクトを指定します。

def foo
a = 1
bind = binding
bind.local_variable_set(:a, 2) # set existing local variable `a'
bind.local_variable_set(:b, 3) # create...

絞り込み条件を変える

Binding#eval(expr, fname = __FILE__, lineno = 1) -> object (9004.0)

自身をコンテキストとし文字列 expr を Ruby プログラムとして評価しその結果を返します。 組み込み関数 Kernel.#eval を使って eval(expr, self, fname, lineno) とするのと同じです。

自身をコンテキストとし文字列 expr を
Ruby プログラムとして評価しその結果を返します。
組み込み関数 Kernel.#eval を使って
eval(expr, self, fname, lineno) とするのと同じです。

@param expr 評価したい式を文字列で与えます。

@param fname ファイル名を文字列で与えます。式 expr が fname というファイル名にあるかのように実行されます。

@param lineno 行番号を整数で与えます。式 expr の先頭行の行番号が lineno であるかのように実行されます。

def get_bindin...

Binding#local_variable_defined?(symbol) -> bool (9004.0)

引数 symbol で指定した名前のローカル変数が定義されている場合に true を、 そうでない場合に false を返します。

引数 symbol で指定した名前のローカル変数が定義されている場合に true を、
そうでない場合に false を返します。

@param symbol ローカル変数名を Symbol オブジェクトで指定します。

def foo
a = 1
binding.local_variable_defined?(:a) # => true
binding.local_variable_defined?(:b) # => false
end

このメソッドは以下のコードの短縮形です。

binding.eval("defined?(...

Binding#local_variable_get(symbol) -> object (9004.0)

引数 symbol で指定した名前のローカル変数に設定された値を返します。

引数 symbol で指定した名前のローカル変数に設定された値を返します。

@param symbol ローカル変数名を Symbol オブジェクトで指定します。

@raise NameError 引数 symbol で指定したローカル変数が未定義の場合に発生します。

def foo
a = 1
binding.local_variable_get(:a) # => 1
binding.local_variable_get(:b) # => NameError
end

このメソッドは以下のコードの短縮形です。

bindin...

Binding#local_variables -> [Symbol] (9004.0)

ローカル変数の一覧を Symbol の配列で返します。

ローカル変数の一覧を Symbol の配列で返します。

def foo
a = 1
2.times do |n|
binding.local_variables #=> [:a, :n]
end
end

このメソッドは以下のコードと同様の動作をします。

binding.eval("local_variables")

Binding#receiver -> object (9004.0)

保持するコンテキスト内での self を返します。

保持するコンテキスト内での self を返します。

このメソッドは以下のコードと同様の動作をします。

binding.eval("self")

絞り込み条件を変える

TkBindTag#inspect (9004.0)

@todo

@todo

TkBindTag#name (9004.0)

@todo

@todo

TkBindTag#to_eval (9004.0)

@todo

@todo

IRB::Frame#trace_func(event, file, line, id, binding) -> Binding (604.0)

ライブラリ内部で使用します。

ライブラリ内部で使用します。

Kernel#xmp(exps, bind = nil) -> XMP (325.0)

引数 exps で指定されたRuby のソースコードとその実行結果を、標準出力に行 ごとに交互に表示します。

引数 exps で指定されたRuby のソースコードとその実行結果を、標準出力に行
ごとに交互に表示します。

@param exps 評価するRuby のソースコードを文字列で指定します。

@param bind Binding オブジェクトを指定します。省略した場合は、最
後に実行した XMP#puts、Kernel#xmp の
Binding を使用します。まだ何も実行していない場合は
Object::TOPLEVEL_BINDING を使用します。

絞り込み条件を変える

ERB#result(b=TOPLEVEL_BINDING) -> String (304.0)

ERB を b の binding で実行し、結果の文字列を返します。

ERB を b の binding で実行し、結果の文字列を返します。

@param b eRubyスクリプトが実行されるときのbinding

ERB#run(b=TOPLEVEL_BINDING) -> nil (304.0)

ERB を b の binding で実行し、結果を標準出力へ印字します。

ERB を b の binding で実行し、結果を標準出力へ印字します。

@param b eRubyスクリプトが実行されるときのbinding

Gem::Installer#generate_bin_script(filename, bindir) (304.0)

Gem に入っているアプリケーションを実行するためのスクリプトを作成します。

Gem に入っているアプリケーションを実行するためのスクリプトを作成します。

@param filename ファイル名を指定します。

@param bindir 実行ファイルを配置するディレクトリを指定します。

Gem::Installer#generate_bin_symlink(filename, bindir) (304.0)

Gem に入っているアプリケーションを実行するためのシンボリックリンクを作成します。

Gem に入っているアプリケーションを実行するためのシンボリックリンクを作成します。

現在インストールされている Gem よりも新しい Gem をインストールするときは、
シンボリックリンクを更新します。

@param filename ファイル名を指定します。

@param bindir 実行ファイルを配置するディレクトリを指定します。

Gem::Installer#generate_windows_script(filename, bindir) (304.0)

コマンドの実行を容易にするために Windows 向けのバッチファイルを作成します。

コマンドの実行を容易にするために Windows 向けのバッチファイルを作成します。

@param bindir 実行ファイルを配置するディレクトリを指定します。

@param filename ファイル名を指定します。

絞り込み条件を変える

IRB::Frame#bottom(n = 0) -> Binding (304.0)

下から n 番目のコンテキストを取り出します。

下から n 番目のコンテキストを取り出します。

@param n 取り出すコンテキストを Integer で指定します。n は 0 が最
下位になります。

IRB::Frame#top(n = 0) -> Binding (304.0)

上から n 番目のコンテキストを取り出します。

上から n 番目のコンテキストを取り出します。

@param n 取り出すコンテキストを Integer で指定します。n は 0 が最
上位になります。

Tracer#trace_func(event, file, line, id, binding, klass, *) -> object | nil (304.0)

@todo

@todo

Socket::AncillaryData#timestamp -> Time (40.0)

タイムスタンプ制御メッセージに含まれる時刻を Time オブジェクト で返します。

タイムスタンプ制御メッセージに含まれる時刻を Time オブジェクト
で返します。

"タイムスタンプ制御メッセージ" は以下のいずれかです。
* SOL_SOCKET/SCM_TIMESTAMP (micro second) GNU/Linux, FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, Solaris, MacOS X
* SOL_SOCKET/SCM_TIMESTAMPNS (nano second) GNU/Linux
* SOL_SOCKET/SCM_BINTIME (2**(-64) second) FreeBSD

require 'socket...

UDPSocket#recvfrom_nonblock(maxlen, flags=0) -> [String, Array] (40.0)

ソケットをノンブロッキングモードに設定した後、 recvfrom(2) でソケットからデータを受け取ります。

ソケットをノンブロッキングモードに設定した後、
recvfrom(2) でソケットからデータを受け取ります。

maxlen で受け取るデータの最大バイト数を指定します。

flags はフラグで、Socket::MSG_* の bitwise OR を渡します。
詳しくは recvfrom(2) を参照してください。

返り値はデータの文字列と送り元のアドレス情報の
2要素の配列となります。

recvfrom(2) がエラーになった場合、
Errno::EAGAIN, Errno::EINTR を含め例外 Errno::EXXX が発生します。
Errno::EWOULDBLOCK、Err...

絞り込み条件を変える

IPSocket#recvfrom(maxlen, flags = 0) -> Array (22.0)

recv と同様にソケットからデータを受け取りますが、 戻り値は文字列と相手ソケットのアドレス (形式は IPSocket#addr 参照) のペアです。引数につ いては BasicSocket#recv と同様です。

recv と同様にソケットからデータを受け取りますが、
戻り値は文字列と相手ソケットのアドレス (形式は
IPSocket#addr 参照) のペアです。引数につ
いては BasicSocket#recv と同様です。

@param maxlen 受け取る文字列の最大の長さを指定します。

@param flags recv(2) を参照してください。

@raise IOError

@raise Errno::EXXX recvfrom(2) がエラーになった場合などに発生します。

例:

require 'socket'

s1 = UDPSocket.new
s1.b...

Kernel#httpd -> () (22.0)

WEBrick HTTP server を起動します。

WEBrick HTTP server を起動します。

ruby -run -e httpd -- [OPTION] DocumentRoot

--bind-address=ADDR バインドアドレスを指定します
--port=NUM ポート番号を指定します
--max-clients=MAX 同時接続数の最大値
--temp-dir=DIR 一時ディレクトリを指定します
--do-not-reverse-lookup 逆引きを無効にします
--reques...

Module#instance_method(name) -> UnboundMethod (22.0)

self のインスタンスメソッド name をオブジェクト化した UnboundMethod を返します。

self のインスタンスメソッド name をオブジェクト化した UnboundMethod を返します。

@param name メソッド名を Symbol または String で指定します。

@raise NameError self に存在しないメソッドを指定した場合に発生します。

@see Module#public_instance_method, Object#method

例:
class Interpreter
def do_a() print "there, "; end
def do_d() print "Hello "; end
...

Socket#accept -> Array (22.0)

新しい接続を受け付けて、新しい接続に対するソケットとアドレスの ペアを返します。accept(2) を参照。

新しい接続を受け付けて、新しい接続に対するソケットとアドレスの
ペアを返します。accept(2) を参照。

たとえば IPv4 の TCP サーバソケットを生成し、accept でクライアントからの接続を受け付けるには以下のようにします。

例:

require 'socket'

serv = Socket.new(Socket::AF_INET, Socket::SOCK_STREAM, 0)
sockaddr = Socket.sockaddr_in(8080, "0.0.0.0")
serv.bind(sockaddr)
serv.listen(5)
s...

Socket#recvfrom(maxlen, flags=0) -> [String, Addrinfo] (22.0)

ソケットからデータを受け取ります。

ソケットからデータを受け取ります。

Socket#recv と同様ですが、返り値として
データ文字列と相手ソケットのアドレスのペアが返されます。

flags には Socket::MSG_* という定数の bitwise OR を渡します。
詳しくは recvfrom(2) を参照してください。

@param maxlen ソケットから受けとるデータの最大値
@param flags フラグ
@raise Errno::EXXX recvfrom(2) がエラーを報告した場合に発生します。詳しくは
Errno と man を見てください。
例:

require 's...

絞り込み条件を変える

UDPSocket#connect(host, port) -> 0 (22.0)

ソケットを host の port に connect(2) します。

ソケットを host の port に connect(2) します。

これによって UDPSocket#send で送り先のアドレスを指定せずに
データを送ることができます(connect しなくとも送り先のアドレスを明示すれば
データを送ることができます)。

require 'socket'

u1 = UDPSocket.new
u1.bind("127.0.0.1", 4913)
u2 = UDPSocket.new
u2.connect("127.0.0.1", 4913)
u2.send "uuuu", 0
p u1.recvfrom(10) #=...