るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
35件ヒット [1-35件を表示] (0.009秒)

クラス

キーワード

検索結果

IO#pathconf(name) -> Integer | nil (10.0)

fpathconf(3) で取得したファイルの設定変数の値を返します。

...い状態の場合は nil
を返します。(fpathconf(3) が -1 を返し、errno が設定されていない
場合)

@param name Etc モジュールの PC_ で始まる定数のいずれかを指定します。

require 'etc'
IO.pipe {|r, w|
p w.pathconf(Etc::PC_PIPE_BUF) # => 4096
}...

Struct::Group#gid -> Integer (10.0)

グループ ID を返します。

グループ ID を返します。

Struct::Group#gid=(gid) (10.0)

グループ ID を設定します。

グループ ID を設定します。

Struct::Group#mem -> [String] (10.0)

このグループに所属するメンバーのログイン名を配列で返します。

このグループに所属するメンバーのログイン名を配列で返します。

Struct::Group#mem=(mem) (10.0)

このグループに所属するメンバーのログイン名を設定します。

このグループに所属するメンバーのログイン名を設定します。

絞り込み条件を変える

Struct::Group#name -> String (10.0)

グループ名を設定します。

グループ名を設定します。

Struct::Group#name=(name) (10.0)

グループ名を返します。

グループ名を返します。

Struct::Group#passwd -> String (10.0)

暗号化されたパスワードを返します。

暗号化されたパスワードを返します。

このグループのパスワードへのアクセスが無効である場合は 'x' を返します。
このグループの一員になるのにパスワードが不要である場合は、空文字列を返します。

Struct::Group#passwd=(passwd) (10.0)

このグループのパスワードを設定します。

このグループのパスワードを設定します。

Struct::Passwd#age -> Integer (10.0)

エージ(整数)を返します。このメンバはシステム依存です。

エージ(整数)を返します。このメンバはシステム依存です。

絞り込み条件を変える

Struct::Passwd#age=(age) (10.0)

エージ(整数)を設定します。このメンバはシステム依存です。

エージ(整数)を設定します。このメンバはシステム依存です。

Struct::Passwd#change -> Integer (10.0)

パスワード変更時間(整数)を返します。このメンバはシステム依存です。

パスワード変更時間(整数)を返します。このメンバはシステム依存です。

Struct::Passwd#change=(change) (10.0)

パスワード変更時間(整数)を設定します。このメンバはシステム依存です。

パスワード変更時間(整数)を設定します。このメンバはシステム依存です。

Struct::Passwd#comment -> String (10.0)

コメント(文字列)を返します。このメンバはシステム依存です。

コメント(文字列)を返します。このメンバはシステム依存です。

Struct::Passwd#comment=(comment) (10.0)

コメント(文字列)を設定します。このメンバはシステム依存です。

コメント(文字列)を設定します。このメンバはシステム依存です。

絞り込み条件を変える

Struct::Passwd#dir -> String (10.0)

このユーザのホームディレクトリを表すパスを返します。

このユーザのホームディレクトリを表すパスを返します。

Struct::Passwd#dir=(dir) (10.0)

このユーザのホームディレクトリを表すパスを設定します。

このユーザのホームディレクトリを表すパスを設定します。

Struct::Passwd#expire -> Integer (10.0)

アカウント有効期限(整数)を返します。このメンバはシステム依存です。

アカウント有効期限(整数)を返します。このメンバはシステム依存です。

Struct::Passwd#expire=(expire) (10.0)

アカウント有効期限(整数)を設定します。このメンバはシステム依存です。

アカウント有効期限(整数)を設定します。このメンバはシステム依存です。

Struct::Passwd#gecos -> String (10.0)

このユーザのフルネーム等の詳細情報を返します。

このユーザのフルネーム等の詳細情報を返します。

様々な構造化された情報を返す Unix システムも存在しますが、それはシステム依存です。

絞り込み条件を変える

Struct::Passwd#gecos=() (10.0)

このユーザのフルネーム等の詳細情報を設定します。

このユーザのフルネーム等の詳細情報を設定します。

Struct::Passwd#gid -> Integer (10.0)

このユーザの gid を返します。

このユーザの gid を返します。

Struct::Passwd#gid=(gid) (10.0)

このユーザの gid を設定します。

このユーザの gid を設定します。

Struct::Passwd#name -> String (10.0)

このユーザのログイン名を返します。

このユーザのログイン名を返します。

Struct::Passwd#name=(name) (10.0)

このユーザのログイン名を設定します。

このユーザのログイン名を設定します。

絞り込み条件を変える

Struct::Passwd#passwd -> String (10.0)

このユーザの暗号化されたパスワードを返します。

このユーザの暗号化されたパスワードを返します。

シャドウパスワードが使用されている場合は、 'x' を返します。
このユーザがログインできない場合は '*' を返します。

Struct::Passwd#passwd=(passwd) (10.0)

このユーザの暗号化されたパスワードを設定します。

このユーザの暗号化されたパスワードを設定します。

Struct::Passwd#quota -> Integer (10.0)

クォータ(整数)を返します。このメンバはシステム依存です。

クォータ(整数)を返します。このメンバはシステム依存です。

Struct::Passwd#quota=(quota) (10.0)

クォータ(整数)を設定します。このメンバはシステム依存です。

クォータ(整数)を設定します。このメンバはシステム依存です。

Struct::Passwd#shell -> String (10.0)

このユーザのログインシェルを返します。

このユーザのログインシェルを返します。

絞り込み条件を変える

Struct::Passwd#shell=(shell) (10.0)

このユーザのログインシェルを設定します。

このユーザのログインシェルを設定します。

Struct::Passwd#uclass -> String (10.0)

ユーザアクセスクラス(文字列)を返します。このメンバはシステム依存です。

ユーザアクセスクラス(文字列)を返します。このメンバはシステム依存です。

Struct::Passwd#uclass=(class) (10.0)

ユーザアクセスクラス(文字列)を設定します。このメンバはシステム依存です。

ユーザアクセスクラス(文字列)を設定します。このメンバはシステム依存です。

Struct::Passwd#uid -> Integer (10.0)

このユーザの uid を返します。

このユーザの uid を返します。

Struct::Passwd#uid=(uid) (10.0)

このユーザの uid を設定します。

このユーザの uid を設定します。

絞り込み条件を変える