るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
45件ヒット [1-45件を表示] (0.007秒)
トップページ > バージョン:2.3.0[x] > クラス:Numeric[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

Numeric#%(other) -> Numeric (2.0)

self を other で割った余り r を返します。

...* other < 0 のとき other < r <= 0
* q は整数

をみたす数です。
余り r は、other と同じ符号になります。
商 q は、Numeric#div (あるいは 「/」)で求められます。
modulo はメソッド % の呼び出しとして定義されています。

@param other 自...
...身を割る数を指定します。

p 13.modulo(4) #=> 1
p (11.5).modulo(3.5) #=> 1.0
p 13.modulo(-4) #=> -3
p (-13).modulo(4) #=> 3
p (-13).modulo(-4) #=> -1
p (-11).modulo(3.5) #=> 3.0

@see Numeric#divmod, Numeric#remainder...

Numeric#+@ -> self (2.0)

単項演算子の + です。 self を返します。

単項演算子の + です。
self を返します。

Numeric#-@ -> Numeric (2.0)

単項演算子の - です。 self の符号を反転させたものを返します。

単項演算子の - です。
self の符号を反転させたものを返します。

このメソッドは、二項演算子 - で 0 - self によって定義されています。

Numeric#<=>(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (2.0)

自身が other より大きい場合に 1 を、等しい場合に 0 を、小さい場合には -1 をそれぞれ返します。 自身と other が比較できない場合には nil を返します。

...場合に 0 を、小さい場合には -1 をそれぞれ返します。
自身と other が比較できない場合には nil を返します。

Numeric
のサブクラスは、上の動作を満たすよう このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@param other...

Numeric#abs -> Numeric (2.0)

自身が 0 以上ならば self を、そうでない場合は -self を返します。

自身が 0 以上ならば self を、そうでない場合は -self を返します。

絞り込み条件を変える

Numeric#abs2 -> Numeric (2.0)

自身の絶対値の 2 乗を返します。

...自身の絶対値の 2 乗を返します。

例:

2.abs2 # => 4
-2.abs2 # => 4
2.0.abs2 # => 4
-2.0.abs2 # => 4

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。...

Numeric#angle -> 0 | Math::PI (2.0)

自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

...自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

例:

1.arg # => 0
-1.arg # => 3.141592653589793

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#arg...

Numeric#arg -> 0 | Math::PI (2.0)

自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

...自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

例:

1.arg # => 0
-1.arg # => 3.141592653589793

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#arg...

Numeric#ceil -> Integer (2.0)

自身と等しいかより大きな整数のうち最小のものを返します。

...のを返します。

1.ceil #=> 1
1.2.ceil #=> 2
(-1.2).ceil #=> -1
(-1.5).ceil #=> -1

@see Numeric#floor, Numeric#round, Numeric#truncate...

Numeric#coerce(other) -> [Numeric] (2.0)

自身と other が同じクラスになるよう、自身か other を変換し [other, self] という配列にして返します。

...列にして返します。

デフォルトでは self と other を Float に変換して [other, self] という配列にして返します。
Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。
以下は Rational の coerce のソースです...

絞り込み条件を変える

Numeric#conj -> Numeric (2.0)

自身の共役複素数(実数の場合は常に自身)を返します。

...自身の共役複素数(実数の場合は常に自身)を返します。

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#conj...

Numeric#conjugate -> Numeric (2.0)

自身の共役複素数(実数の場合は常に自身)を返します。

...自身の共役複素数(実数の場合は常に自身)を返します。

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#conj...

Numeric#denominator -> Integer (2.0)

自身を Rational に変換した時の分母を返します。

...自身を Rational に変換した時の分母を返します。

@return 分母を返します。

@see Numeric#numerator...

Numeric#div(other) -> Integer (2.0)

self を other で割った整数の商 q を返します。

...> 0 のとき: 0 <= r < other
* other < 0 のとき: other < r <= 0
* q は整数
をみたす数です。
商に対応する余りは Numeric#modulo で求められます。
div はメソッド / を呼びだし、floorを取ることで計算されます。

メソッド / の定義は...

Numeric#divmod(other) -> [Numeric] (2.0)

self を other で割った商 q と余り r を、 [q, r] という 2 要素の配列にして返します。 商 q は常に整数ですが、余り r は整数であるとは限りません。

...<= r < other
* other < 0 のとき: other < r <= 0
* q は整数
をみたす数です。
divmod が返す商は Numeric#div と同じです。
また余りは、Numeric#modulo と同じです。
このメソッドは、メソッド / と % によって定義されています。

@param o...
...ther 自身を割る数を指定します。

11.divmod(3) #=> [3, 2]
(11.5).divmod(3.5) #=> [3, 1.0]
11.divmod(-3) #=> [-4, -1]
11.divmod(3.5) #=> [3, 0.5]
(-11).divmod(3.5) #=> [-4, 3.0]

@see Numeric#div, Numeric#modulo...

絞り込み条件を変える

Numeric#eql?(other) -> bool (2.0)

自身と other のクラスが等しくかつ == メソッドで比較して等しい場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

...スが等しくかつ == メソッドで比較して等しい場合に true を返します。
そうでない場合に false を返します。

Numeric
のサブクラスは、eql? で比較して等しい数値同士が同じハッシュ値を返すように
hash メソッドを適切に定義す...

Numeric#fdiv(other) -> Float | Complex (2.0)

self を other で割った商を Float で返します。 ただし Complex が関わる場合は例外です。 その場合も成分は Float になります。

...

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@param other 自身を割る数を指定します。

1.fdiv(3) #=> 0.3333333333333333
Complex(1, 1).fdiv 1 #=> (1.0+1.0i)
1.fdiv Complex(1, 1) #=> (0.5-0.5i)

@see Numeric#qu...

Numeric#floor -> Integer (2.0)

自身と等しいかより小さな整数のうち最大のものを返します。

...を返します。

1.floor #=> 1
1.2.floor #=> 1
(-1.2).floor #=> -2
(-1.5).floor #=> -2

@see Numeric#ceil, Numeric#round, Numeric#truncate...

Numeric#i -> Complex (2.0)

Complex(0, self) を返します。

Complex(0, self) を返します。

ただし、Complex オブジェクトでは利用できません。

例:

10.i # => (0+10i)
-10.i # => (0-10i)
(0.1).i # => (0+0.1i)
Rational(1, 2).i # => (0+(1/2)*i)

Numeric#imag -> 0 (2.0)

常に 0 を返します。

...常に 0 を返します。

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Numeric#real、Complex#imag...

絞り込み条件を変える

Numeric#imaginary -> 0 (2.0)

常に 0 を返します。

...常に 0 を返します。

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Numeric#real、Complex#imag...

Numeric#integer? -> bool (2.0)

self が整数の時、真を返します。そうでない場合に false を返します。

...self が整数の時、真を返します。そうでない場合に false を返します。

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。...

Numeric#magnitude -> Numeric (2.0)

自身が 0 以上ならば self を、そうでない場合は -self を返します。

自身が 0 以上ならば self を、そうでない場合は -self を返します。

Numeric#modulo(other) -> Numeric (2.0)

self を other で割った余り r を返します。

...* other < 0 のとき other < r <= 0
* q は整数

をみたす数です。
余り r は、other と同じ符号になります。
商 q は、Numeric#div (あるいは 「/」)で求められます。
modulo はメソッド % の呼び出しとして定義されています。

@param other 自...
...身を割る数を指定します。

p 13.modulo(4) #=> 1
p (11.5).modulo(3.5) #=> 1.0
p 13.modulo(-4) #=> -3
p (-13).modulo(4) #=> 3
p (-13).modulo(-4) #=> -1
p (-11).modulo(3.5) #=> 3.0

@see Numeric#divmod, Numeric#remainder...

Numeric#negative? -> bool (2.0)

self が 0 未満の場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...self が 0 未満の場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

@see Numeric#positive?...

絞り込み条件を変える

Numeric#nonzero? -> self | nil (2.0)

自身がゼロの時 nil を返し、非ゼロの時 self を返します。

...0 の時に他の処理をさせたい場合に以
下のように記述する事もできます。

a = %w( z Bb bB bb BB a aA Aa AA A )
b = a.sort {|a,b| (a.downcase <=> b.downcase).nonzero? || a <=> b }
b #=> ["A", "a", "AA", "Aa", "aA", "BB", "Bb", "bB", "bb", "z"]

@see Numeric#zero?...

Numeric#numerator -> Integer (2.0)

自身を Rational に変換した時の分子を返します。

...自身を Rational に変換した時の分子を返します。

@return 分子を返します。

@see Numeric#denominator...

Numeric#phase -> 0 | Math::PI (2.0)

自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

...自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

例:

1.arg # => 0
-1.arg # => 3.141592653589793

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#arg...

Numeric#polar -> [Numeric, Numeric] (2.0)

自身の絶対値と偏角を配列にして返します。正の数なら [self, 0]、負の数な ら [-self, Math::PI] を返します。

...h::PI] を返します。

例:

1.0.polar # => [1.0, 0]
2.0.polar # => [2.0, 0]
-1.0.polar # => [1.0, 3.141592653589793]
-2.0.polar # => [2.0, 3.141592653589793]

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#polar...

Numeric#positive? -> bool (2.0)

self が 0 より大きい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...self が 0 より大きい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

@see Numeric#negative?...

絞り込み条件を変える

Numeric#quo(other) -> Rational | Float | Complex (2.0)

self を other で割った商を返します。 整商を得たい場合は Numeric#div を使ってください。

...self を other で割った商を返します。
整商を得たい場合は Numeric#div を使ってください。

Numeric
#fdiv が結果を Float で返すメソッドなのに対して quo はなるべく正確な数値を返すことを意図しています。
具体的には有理数の範...
...囲に収まる計算では Rational の値を返します。
Float や Complex が関わるときはそれらのクラスになります。

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。


@param other 自身を割る数を指定します...
...

1.quo(3) #=> (1/3)
1.0.quo(3) #=> 0.3333333333333333
1.quo(3.0) #=> 0.3333333333333333
1.quo(0.5) #=> 2.0

Complex(1, 1).quo(1) #=> ((1/1)+(1/1)*i)
1.quo(Complex(1, 1)) #=> ((1/2)-(1/2)*i)

@see Numeric#fdiv...

Numeric#real -> Numeric (2.0)

自身を返します。

...自身を返します。

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Numeric#imag、Complex#real...

Numeric#real? -> bool (2.0)

自身が Complex かそのサブクラスのインスタンスでない場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...Complex かそのサブクラスのインスタンスでない場合に
true を返します。そうでない場合に false を返します。

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。...

Numeric#rect -> [Numeric, Numeric] (2.0)

[self, 0] を返します。

...[self, 0] を返します。

例:

1.rect # => [1, 0]
-1.rect # => [-1, 0]
1.0.rect # => [1.0, 0]
-1.0.rect # => [-1.0, 0]

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#rect...

Numeric#rectangular -> [Numeric, Numeric] (2.0)

[self, 0] を返します。

...[self, 0] を返します。

例:

1.rect # => [1, 0]
-1.rect # => [-1, 0]
1.0.rect # => [1.0, 0]
-1.0.rect # => [-1.0, 0]

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#rect...

絞り込み条件を変える

Numeric#remainder(other) -> Numeric (2.0)

self を other で割った余り r を返します。

...

@param other 自身を割る数を指定します。

p 13.remainder(4) #=> 1
p (11.5).remainder(3.5) #=> 1.0
p 13.remainder(-4) #=> 1
p (-13).remainder(4) #=> -1
p (-13).remainder(-4) #=> -1
p (-11).remainder(3.5) #=> -0.5

@see Numeric#divmod, Numeric#modulo...

Numeric#round -> Integer (2.0)

自身ともっとも近い整数を返します。

...値 0.5, -0.5 はそれぞれ 1,-1 に切り上げされます。いわゆる四捨五入ですが、偶数丸めではありません。

1.round #=> 1
1.2.round #=> 1
(-1.2).round #=> -1
(-1.5).round #=> -2

@see Numeric#ceil, Numeric#floor, Numeric#truncate...

Numeric#step(by: step, to: limit) -> Enumerator (2.0)

self からはじめ step を足しながら limit を越える 前までブロックを繰り返します。step は負の数も指定できます。また、limit や step には Float なども 指定できます。

self からはじめ step を足しながら limit を越える
前までブロックを繰り返します。step は負の数も指定できます。また、limit や step には Float なども
指定できます。

@param limit ループの上限あるいは下限を数値で指定します。step に負の数が指定された場合は、
下限として解釈されます。

@param step 各ステップの大きさを数値で指定します。負の数を指定することもできます。

@raise ArgumentError step に 0 を指定した場合に発生します。


2.step(5){|n| p n}
...

Numeric#step(by: step, to: limit) {|n| ... } -> self (2.0)

self からはじめ step を足しながら limit を越える 前までブロックを繰り返します。step は負の数も指定できます。また、limit や step には Float なども 指定できます。

self からはじめ step を足しながら limit を越える
前までブロックを繰り返します。step は負の数も指定できます。また、limit や step には Float なども
指定できます。

@param limit ループの上限あるいは下限を数値で指定します。step に負の数が指定された場合は、
下限として解釈されます。

@param step 各ステップの大きさを数値で指定します。負の数を指定することもできます。

@raise ArgumentError step に 0 を指定した場合に発生します。


2.step(5){|n| p n}
...

Numeric#step(limit, step = 1) -> Enumerator (2.0)

self からはじめ step を足しながら limit を越える 前までブロックを繰り返します。step は負の数も指定できます。また、limit や step には Float なども 指定できます。

self からはじめ step を足しながら limit を越える
前までブロックを繰り返します。step は負の数も指定できます。また、limit や step には Float なども
指定できます。

@param limit ループの上限あるいは下限を数値で指定します。step に負の数が指定された場合は、
下限として解釈されます。

@param step 各ステップの大きさを数値で指定します。負の数を指定することもできます。

@raise ArgumentError step に 0 を指定した場合に発生します。


2.step(5){|n| p n}
...

絞り込み条件を変える

Numeric#step(limit, step = 1) {|n| ... } -> self (2.0)

self からはじめ step を足しながら limit を越える 前までブロックを繰り返します。step は負の数も指定できます。また、limit や step には Float なども 指定できます。

self からはじめ step を足しながら limit を越える
前までブロックを繰り返します。step は負の数も指定できます。また、limit や step には Float なども
指定できます。

@param limit ループの上限あるいは下限を数値で指定します。step に負の数が指定された場合は、
下限として解釈されます。

@param step 各ステップの大きさを数値で指定します。負の数を指定することもできます。

@raise ArgumentError step に 0 を指定した場合に発生します。


2.step(5){|n| p n}
...

Numeric#to_c -> Complex (2.0)

自身を複素数 (Complex) に変換します。Complex(self, 0) を返します。

...す。Complex(self, 0) を返します。

例:

1.to_c # => (1+0i)
-1.to_c # => (-1+0i)
1.0.to_c # => (1.0+0i)
Rational(1, 2).to_c # => ((1/2)+0i)

Numeric
のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。...

Numeric#to_int -> Integer (2.0)

self.to_i と同じです。

self.to_i と同じです。

Numeric#truncate -> Integer (2.0)

0 から 自身までの整数で、自身にもっとも近い整数を返します。

...す。

1.truncate #=> 1
1.2.truncate #=> 1
(-1.2).truncate #=> -1
(-1.5).truncate #=> -1

@see Numeric#ceil, Numeric#floor, Numeric#round...

Numeric#zero? -> bool (2.0)

自身がゼロの時、trueを返します。そうでない場合は false を返します。

...合は false を返します。

p 10.zero? #=> false
p 0.zero? #=> true
p 0.0.zero? #=> true

@see Numeric#nonzero?...

絞り込み条件を変える